日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco UCS ブレードサーバとスイッチの構成

寄稿者

FlexPod for MEDITECH ソフトウェアは、あらゆるレベルのフォールトトレランスに対応して設計されています。システムに単一点障害がない。最適なパフォーマンスを得るために、ホットスペアブレードサーバの使用をお勧めします。

本ドキュメントでは、 MEDITECH ソフトウェア向け FlexPod 環境の基本構成に関する概要を説明します。このセクションでは、 FlexPod 構成の Cisco UCS コンピューティングプラットフォーム要素を準備するための手順の概要と例をいくつか示します。このガイダンスを開始するには、の手順に従って、 FlexPod 構成がラックに設置され、電源が投入され、ケーブルが接続されている必要があります "VMware vSphere 6.5 Update 1 、 NetApp AFF A シリーズ、および Cisco UCS Manager 3.2 を使用した、ファイバチャネルストレージを備えた FlexPod データセンター"CVD :

Cisco Nexus スイッチの設定

耐障害性に優れた Cisco Nexus 9300 シリーズイーサネットスイッチペアが解決策用に導入されます。これらのスイッチは、の説明に従ってケーブル接続する必要があります "ケーブル配線図" セクション。Cisco Nexus 構成により、 MEDITECH アプリケーションに合わせてイーサネットトラフィックフローが最適化されます。

  1. 初期セットアップとライセンスの設定が完了したら、次のコマンドを実行して両方のスイッチにグローバル設定パラメータを設定します。

    spanning-tree port type network default
    spanning-tree port type edge bpduguard default
    spanning-tree port type edge bpdufilter default
    port-channel load-balance src-dst l4port
    ntp server <global-ntp-server-ip> use-vrf management
    ntp master 3
    ip route 0.0.0.0/0 <ib-mgmt-vlan-gateway>
    copy run start
  2. グローバルコンフィギュレーションモードを使用して、各スイッチに解決策用の VLAN を作成します。

    vlan <ib-mgmt-vlan-id>
    name IB-MGMT-VLAN
    vlan <native-vlan-id>
    name Native-VLAN
    vlan <vmotion-vlan-id>
    name vMotion-VLAN
    vlan <vm-traffic-vlan-id>
    name VM-Traffic-VLAN
    vlan <infra-nfs-vlan-id>
    name Infra-NFS-VLAN
    exit
    copy run start
  3. トラブルシューティング用のネットワークタイムプロトコル( NTP )配信インターフェイス、ポートチャネル、ポートチャネルパラメータ、およびポートの説明をに作成します "VMware vSphere 6.5 Update 1 、 NetApp AFF A シリーズ、および Cisco UCS Manager 3.2 を使用した、ファイバチャネルストレージを備えた FlexPod データセンター"CVD :

Cisco MDS 9132T 構成

Cisco MDS 9100 シリーズ FC スイッチは、 NetApp AFF A200 または AFF A300 コントローラと Cisco UCS コンピューティングファブリック間で冗長な 32Gb FC 接続を提供します。の説明に従ってケーブルを接続します "ケーブル配線図" セクション。

  1. 各 MDS スイッチのコンソールで次のコマンドを実行して、解決策に必要な機能を有効にします。

    configure terminal
    feature npiv
    feature fport-channel-trunk
  2. の FlexPod Cisco MDS スイッチの設定セクションに従って、個々のポート、ポートチャネル、および説明を設定します "FlexPod データセンターと FC の Cisco Validated Design の 2 つの機能があります"

  3. 解決策に必要な仮想 SAN ( VSAN )を作成するには、グローバルコンフィギュレーションモードで次の手順を実行します。

    1. ファブリック A MDS スイッチに対して、次のコマンドを実行します。

      vsan database
      vsan <vsan-a-id>
      vsan <vsan-a-id> name Fabric-A
      exit
      zone smart-zoning enable vsan <vsan-a-id>
      vsan database
      vsan <vsan-a-id> interface fc1/1
      vsan <vsan-a-id> interface fc1/2
      vsan <vsan-a-id> interface port-channel110
      vsan <vsan-a-id> interface port-channel112

      このコマンドの最後の 2 行のポートチャネル番号は、リファレンスドキュメントを使用して個々のポート、ポートチャネル、および説明をプロビジョニングしたときに作成されました。

    2. ファブリック B MDS スイッチに対して、次のコマンドを実行します。

      vsan database
      vsan <vsan-b-id>
      vsan <vsan-b-id> name Fabric-B
      exit
      zone smart-zoning enable vsan <vsan-b-id>
      vsan database
      vsan <vsan-b-id> interface fc1/1
      vsan <vsan-b-id> interface fc1/2
      vsan <vsan-b-id> interface port-channel111
      vsan <vsan-b-id> interface port-channel113

      このコマンドの最後の 2 行のポートチャネル番号は、リファレンスドキュメントを使用して個々のポート、ポートチャネル、および説明をプロビジョニングしたときに作成されました。

  4. 各 FC スイッチについて、リファレンスドキュメントの詳細を使用して、各デバイスをわかりやすい方法で識別するデバイスエイリアス名を作成します。

  5. 最後に、各 MDS スイッチについて手順 4 で作成したデバイスエイリアス名を使用して、 FC ゾーンを作成します。

    1. ファブリック A MDS スイッチに対して、次のコマンドを実行します。

      configure terminal
      zone name VM-Host-Infra-01-A vsan <vsan-a-id>
      member device-alias VM-Host-Infra-01-A init
      member device-alias Infra-SVM-fcp_lif01a target
      member device-alias Infra-SVM-fcp_lif02a target
      exit
      zone name VM-Host-Infra-02-A vsan <vsan-a-id>
      member device-alias VM-Host-Infra-02-A init
      member device-alias Infra-SVM-fcp_lif01a target
      member device-alias Infra-SVM-fcp_lif02a target
      exit
      zoneset name Fabric-A vsan <vsan-a-id>
      member VM-Host-Infra-01-A
      member VM-Host-Infra-02-A
      exit
      zoneset activate name Fabric-A vsan <vsan-a-id>
      exit
      show zoneset active vsan <vsan-a-id>
    2. ファブリック B MDS スイッチに対して、次のコマンドを実行します。

      configure terminal
      zone name VM-Host-Infra-01-B vsan <vsan-b-id>
      member device-alias VM-Host-Infra-01-B init
      member device-alias Infra-SVM-fcp_lif01b target
      member device-alias Infra-SVM-fcp_lif02b target
      exit
      zone name VM-Host-Infra-02-B vsan <vsan-b-id>
      member device-alias VM-Host-Infra-02-B init
      member device-alias Infra-SVM-fcp_lif01b target
      member device-alias Infra-SVM-fcp_lif02b target
      exit
      zoneset name Fabric-B vsan <vsan-b-id>
      member VM-Host-Infra-01-B
      member VM-Host-Infra-02-B
      exit
      zoneset activate name Fabric-B vsan <vsan-b-id>
      exit
      show zoneset active vsan <vsan-b-id>

Cisco UCS の設定に関するガイダンス

Cisco UCS を使用することで、 MEDITECH のお客様は、ネットワーク、ストレージ、コンピューティングの専門知識を活用して、お客様固有のニーズに合わせて環境をカスタマイズできるポリシーとテンプレートを作成できます。作成されたポリシーとテンプレートをサービスプロファイルに統合することで、シスコのブレードサーバとラックサーバの一貫した、繰り返し可能で信頼性の高い、迅速な導入を実現できます。

Cisco UCS には、ドメインと呼ばれる Cisco UCS システムを管理するための 3 つの方法があります。

  • Cisco UCS Manager HTML5 GUI

  • Cisco UCS CLI

  • マルチドメイン環境向けの Cisco UCS Central

次の図に、 Cisco UCS Manager の SAN ノードのサンプルスクリーンショットを示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

大規模な導入では、独立した Cisco UCS ドメインを構築して、 MEDITECH の主要な機能コンポーネントレベルでのフォールトトレランスを強化できます。

2 つ以上のデータセンターを備えた耐障害性の高い設計では、 Cisco UCS Central は、企業全体のホスト間で一貫性を保つために、グローバルポリシーとグローバルサービスプロファイルを設定するうえで重要な役割を果たします。

Cisco UCS コンピューティングプラットフォームをセットアップするには、次の手順を実行します。これらの手順は、 Cisco UCS B200 M5 ブレードサーバを Cisco UCS 5108 AC ブレードシャーシに設置したあとに実行します。また、に記載されているケーブル接続要件についても競合する必要があります "ケーブル配線図" セクション。

  1. Cisco UCS Manager ファームウェアをバージョン 3.2(2f) 以降にアップグレードします。

  2. ドメインのレポート、 Cisco Call Home 機能、および NTP 設定を行います。

  3. 各ファブリックインターコネクトにサーバポートとアップリンクポートを設定します。

  4. シャーシ検出ポリシーを編集します。

  5. アウトオブバンド管理、 Universal Unique Identifier ( UUID )、 MAC アドレス、サーバ、 Worldwide Node Name ( WWNN ;ワールドワイドノード名)、および Worldwide Port Name ( WWPN ;ワールドワイドポート名)用のアドレスプールを作成します。

  6. イーサネットおよび FC アップリンクポートチャネルおよび VSAN を作成します。

  7. SAN 接続、ネットワーク制御、サーバプールの認定、電源制御、サーバ BIOS 、 デフォルトのメンテナンスに使用できます。

  8. vNIC および vHBA テンプレートを作成します。

  9. vMedia ブートポリシーと FC ブートポリシーを作成します。

  10. MEDITECH プラットフォームの各要素のサービスプロファイルテンプレートとサービスプロファイルを作成します。

  11. サービスプロファイルを適切なブレードサーバに関連付けます。

FlexPod の Cisco UCS サービスプロファイルの各主要要素を設定する詳細な手順については、を参照してください "VMware vSphere 6.5 Update 1 、 NetApp AFF A シリーズ、および Cisco UCS Manager 3.2 を使用した、ファイバチャネルストレージを備えた FlexPod データセンター"CVD ドキュメント