日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パフォーマンスに関する考慮事項

寄稿者

高パフォーマンス階層のサイズを設定します

サイジングを検討する場合は、パフォーマンス階層で次のタスクを実行できる必要があります。

  • ホットデータのサポート

  • 階層化スキャンによってデータがクラウド階層に移動されるまでコールドデータのサポート

  • ホットになりパフォーマンス階層に書き戻されるクラウド階層データのサポート

  • 接続されたクラウド階層に関連付けられた WAFL メタデータをサポートしています

ほとんどの環境では、 FabricPool アグリゲートのパフォーマンスと容量の比率は 1 : 10 で、非常に控えめであるため、ストレージを大幅に節約できます。たとえば、 200TB をクラウド階層に階層化する場合、パフォーマンス階層アグリゲートは少なくとも 20TB にする必要があります。

注記 パフォーマンス階層の容量が 70% を超える場合、クラウド階層からパフォーマンス階層への書き込みは無効になります。この場合、ブロックはクラウド階層から直接読み取られます。

クラウド階層のサイズを設定する

サイジングを検討する場合、クラウド階層として機能するオブジェクトストアは次のタスクを実行できる必要があります。

  • 既存のコールドデータの読み取りをサポートします

  • 新しいコールドデータの書き込みをサポートします

  • オブジェクトの削除とデフラグをサポートしています