日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テスト結果

テストでは、 FC / NVMe のパフォーマンスを IOPS とレイテンシの観点から測定する fio ワークロードを実行しました。

次のグラフは、ブロックサイズ 8KB を使用して 100% ランダムリードワークロードを実行した場合の結果を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

このテストでは、サーバ側のレイテンシを 0.35 ミリ秒未満に抑えながら、 120 万 IOPS を超えるパフォーマンスが得られたことがわかりました。

次のグラフは、ブロックサイズ 8KB を使用して 100% のランダムライトワークロードを実行した場合の結果を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

テストでは、システムの IOPS は 300k に近く、サーバ側でのレイテンシは 1 ミリ秒未満に抑えられていることがわかりました。

8KB のブロックサイズでランダムリードの 80% と書き込みの 20% を処理したところ、以下の結果が得られました。

エラー:グラフィックイメージがありません

テストでは、 100 万 IOPS を超えるシステムを達成し、サーバ側のレイテンシを 1 ミリ秒未満に抑えていることがわかりました。

ブロックサイズ 64KB 、シーケンシャルリード 100% の場合、以下の結果が得られました。

エラー:グラフィックイメージがありません

テストでは、サーバ側のレイテンシを 1 ミリ秒未満に抑えながら約 25 万 IOPS を達成したことがわかりました。

ブロックサイズ 64KB とシーケンシャルライト 100% の場合、結果は次のようになりました。

エラー:グラフィックイメージがありません

テストでは、サーバ側のレイテンシを 1 ミリ秒未満に抑えながら約 120k IOPS を達成したことがわかりました。