日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カスタムの保護ドメイン

寄稿者 netapp-mwallis akseldavis このページの PDF をダウンロード

カスタムの保護ドメインレイアウトを定義できます。このレイアウトでは、各ノードが 1 つだけのカスタム保護ドメインに関連付けられます。デフォルトでは、各ノードは同じデフォルトのカスタム保護ドメインに割り当てられます。

カスタムの保護ドメインが割り当てられていない場合:

  • クラスタ処理には影響はありません。

  • カスタムレベルは、トレラントでも耐障害性でもありません。

複数のカスタム保護ドメインが割り当てられている場合、各サブシステムは重複を別々のカスタム保護ドメインに割り当てます。これができない場合は、重複したデータが別のノードに割り当てられます。各サブシステム(ビン、スライス、プロトコルエンドポイントプロバイダ、アンサンブルなど)は、それぞれ独立して機能します。

カスタム保護ドメインを使用すると、ノードがシャーシを共有しないことが前提になります。

次の Element API メソッドは、これらの新しい保護ドメインを公開します。

  • GetProtectionDomainLayout - 各ノードのシャーシとカスタム保護ドメインを表示します。

  • SetProtectionDomainLayout - 各ノードにカスタム保護ドメインを割り当てることができます。

カスタム保護ドメインの使用の詳細については、ネットアップサポートにお問い合わせください。

詳細については、こちらをご覧ください