日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージファームウェアバンドル 2.27 リリースノート

寄稿者 netapp-mwallis netapp-dbagwell netapp-amitha amgrissino このページの PDF をダウンロード

Element 12.0 以降および管理サービスバージョン 2.14 以降では、 NetApp Hybrid Cloud Control の UI と REST API を使用して、ストレージノードでファームウェアのみのアップグレードを実行できます。この手順では、 Element ソフトウェアはアップグレードされず、 Element のメジャーリリース以外のバージョンのストレージファームウェアもアップグレードできます。

重要 Element ソフトウェアバージョン 12.0 を実行している H610S ストレージノードについては、ストレージファームウェアバンドル 2.27 にアップグレードする前に「 D パッチ」「 St-909 」を適用する必要があります。アップグレード前に、ネットアップサポートに問い合わせて D パッチを入手します。

新機能

ストレージファームウェアバンドルバージョン 2.27 には、セキュリティ脆弱性の修正など、さまざまなバグ修正と新機能が含まれています。の手順に従って、ストレージファームウェアをアップグレードできます "ストレージファームウェアをアップグレードします"

ファームウェアコンポーネントが更新されました

このファームウェアパッケージには、次のファームウェアバージョンが含まれています。これらのファームウェアバージョンは、太字で更新されています。

コンポーネント Dell R630 H410S H610S

BIOS

該当なし

NA2.1

3B03

BMC の場合

該当なし

* 6.8400 *

* 3.84.07 *

NIC / Mellanox

-

14.21.1000

14.22.1002

RMS200

aeb8cc

7d8422bc

-

RMS300

7d8422bc

7d8422bc

-

NVDIMM 、スマート

-

-

3.1

bpm 、 SMART

-

-

2.16

NVDIMM 、 Micron Gen1

-

-

26.2c

NVDIMM 、 Micron Gen2

-

-

25.3c

PGEM 、 Micron 社

-

-

1.40

PM863 、 SED

GXT5404Q

GXT5404Q

-

PM863 、 NSED

GXT5103Q

GXT5103Q

-

PM883 、 SED

HXT7104Q

HXT7104Q

-

Hawk-4 、 SED

8ENP7101

8ENP7101

-

Hawk-4 、 NSED

8ENP6101

8ENP6101

-

PM963 、 SED

-

-

CXV8202Q

PM963 、 NSED

-

-

CXV8501Q

PM983 、 SED

-

-

* EDA5302Q *

PM983 、 NSED

-

-

* EDA5600Q *

CD5 、 SED

-

-

0108.

CD5 、 NSED

-

-

0108.

CD5 、 FIPS

-

-

0108.

BMC の新機能

このリリースで追加された BMC の新機能と変更点を次に示します。

  • ( H610S )を使用すると、 initrd サポートにより、ブート時に初期 RAM ディスクをロードできるようになりました

  • ( H610S ) X.509 証明書に関する SSL ヘルプメッセージを更新しました

  • ( H610S )セキュリティを解決するために TLS 1.0 および 1.1 のサポートが無効になりました 脆弱性

  • ( H610S 、 H410S )で、 Redfish API を使用してリモートメディアをマウントできるようになりました

  • ( H610S ) HTML5 Web ブラウザの BMC 管理のサポートが追加されました

  • ( H610S )リモートデータセンターの監視と管理に役立つリモート syslog のサポートが追加されました

解決済みの問題

このリリースで解決された問題は次のとおりです。

問題 説明

該当なし

デバッグユーザの sysadmin は、 BMC をリセットしたあとで SSH を使用してログインできます。

該当なし

コンソールを使用して BMC の IP アドレスに ping を実行しても、 BMC は応答しません。

該当なし

AC 電源再投入時のストレステスト中に、 SOLSSH 設定ファイルのアクセス許可が失われます。

CSESF-116

AC 電源再投入時のストレステスト中に、 BMC ログに CPU 温度警告 "PROCHOT" が記録されます。

CSESF-121

サービスアカウントの作成と更新の API に予想よりも時間がかかります。

CSD-3321/CSESF-129

H610S BMC がハングし、「 BMC Self Test Failed 」というエラーでアクセスできなくなることがあります。

CSESF-197

BMC Web UI インベントリ API から正しいメモリシリアル番号の形式が返されません。

セキュリティの脆弱性を解決

このリリースで解決されたセキュリティの脆弱性は次のとおりです。

H410S BMC 6.84.00

  • CVE-2016-16649

  • CVE-2016-16650

  • CVE-2016-6260

H610S BMC 3.84.07

  • CVE-2018-1552

  • CVE-2017-1547 、 CVE-2018-1563

  • CVE-2019-5482

  • CVE-2018-15903

  • CVE-2018-20843

  • CVE-2019-14821 、 CVE-2019-15916 、 CVE-2018-16413

  • CVE-2017-10638 、 CVE-2019-10639

  • CVE-2017-11478 、 CVE-2017-11479 、 CVE-2018-11477

  • CVE-2019-12819

  • 2019 年から 14835 、 2019 年から 14814 、 2019 年から 14816 、 2019 年から 16746 のいずれかです

  • CVE-20119-19062

  • CVE-20119-19922 、 CVE-2018-20054

  • 2019 年から 19447 年、 2019 年から 19767 年、 2019 年から 10220 年の間に

既知の問題

このリリースで確認されている既知の問題はありません。

詳細については、こちらをご覧ください