日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

トラブルシューティング用にログを収集する

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI または SolidFire オールフラッシュストレージの設置で問題が発生した場合、ネットアップサポートに送信するログを収集して診断を支援できます。NetApp Hybrid Cloud Control または REST API を使用して、 NetApp HCI または Element システムのログを収集できます。

必要なもの
  • ストレージクラスタで NetApp Element ソフトウェア 11.3 以降を実行していることを確認します。

  • バージョン 11.3 以降を実行する管理ノードを導入しておきます。

次のいずれかのオプションを選択します。

NetApp Hybrid Cloud Control を使用してログを収集します

ログ収集領域には、 NetApp Hybrid Cloud Control のダッシュボードからアクセスできます。

手順
  1. Web ブラウザを開き、管理ノードの IP アドレスにアクセスします。例:

    https://[management node IP address]
  2. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  3. ダッシュボードの右上にあるメニューをクリックします。

  4. [Collect Logs] を選択します。

    [Collect Logs] ページが表示されます。以前にログを収集したことがある場合は、既存のログパッケージをダウンロードするか、新しいログ収集を開始できます。

  5. Date Range ドロップダウンメニューで日付範囲を選択し、ログに含める日付を指定します。

    カスタムの開始日を指定する場合は、日付範囲を開始する日付を選択できます。ログは、その日付から現時点まで収集されます。

  6. [ * ログ収集 * ] セクションで、ログ・パッケージに含めるログ・ファイルのタイプを選択します。

    ストレージとコンピューティングのログの場合は、ストレージノードまたはコンピューティングノードのリストを展開し、ログを収集するノード(またはリスト内のすべてのノード)を個別に選択できます。

  7. ログ収集を開始するには、 * ログ収集 * をクリックします。

    ログ収集がバックグラウンドで実行され、ページに進捗状況が表示されます。

    注記 収集したログによっては、進捗状況バーが数分間一定のパーセンテージで表示されるか、または非常に遅い時点で進行している可能性があります。
  8. [ ログのダウンロード ] をクリックして、ログパッケージをダウンロードします。

    ログパッケージは、圧縮された unix.tgz ファイル形式です。

REST API を使用してログを収集する

REST API を使用して NetApp HCI ログまたは Element ログを収集できます。

手順
  1. ストレージクラスタ ID を確認します。

    1. 管理ノードで管理ノード REST API UI を開きます。

      https://[management node IP]/logs/1/
    2. 「 * Authorize * 」(認証)をクリックして、次の手順を実行

      1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

      2. 値がまだ入力されていない場合は、クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

      3. セッションを開始するには、 * Authorize * をクリックします。

  2. NetApp HCI または Element からログを収集します。

    1. [POST/BUNDLE]( POST / バンドル ) をクリック

    2. [* 試してみてください * ] をクリックします。

    3. 収集する必要があるログのタイプおよび期間に応じて、「 * Request body * 」フィールドで次のパラメータの値を変更します。

      パラメータ を入力します 説明

      「変更されたシンセ」

      日付文字列

      この日時以降に変更されたログのみを含めます。たとえば、「 20-07-14T20 : 19 : 00.000Z 」という値は、 2020 年 7 月 14 日 20 : 19 UTC の開始日を定義します。

      「 computeLogs 」を参照してください

      ブール値

      コンピューティング・ノード・ログを含めるには ' このパラメータを TRUE に設定します

      「 computeIds 」

      UUID の配列

      「 computeLogs 」が「 true 」に設定されている場合、このパラメータにコンピューティングノードの管理ノードアセット ID を入力して、ログ収集を特定のコンピューティングノードに制限します。使用可能なすべてのノード ID を表示するには 'get https://[management node ip]/logs/1/bundle/options エンドポイントを使用します

      「ムノドノグス」

      ブール値

      管理ノードのログを含めるには、このパラメータを「 true 」に設定します。

      「 torageCrashDumps 」を参照してください

      ブール値

      ストレージ・ノード・クラッシュ・デバッグ・ログを含めるには、このパラメータを「 true 」に設定します。

      'torageLogs'

      ブール値

      ストレージ・ノード・ログを含めるには、このパラメータを「 true 」に設定します。

      「 torageNodeIds 」

      UUID の配列

      「 torageLogs 」が「 true 」に設定されている場合は、ログ収集を特定のストレージノードに制限するために、このパラメータにストレージクラスタのノード ID を入力します。使用可能なすべてのノード ID を表示するには 'get https://[management node ip]/logs/1/bundle/options エンドポイントを使用します

    4. [*Execute] をクリックして ' ログ収集を開始します次のような応答が返されます。

      {
        "_links": {
          "self": "https://10.1.1.5/logs/1/bundle"
        },
        "taskId": "4157881b-z889-45ce-adb4-92b1843c53ee",
        "taskLink": "https://10.1.1.5/logs/1/bundle"
      }
  3. ログ収集タスクのステータスを確認します。

    1. [Get/Bundle] をクリックします。

    2. [* 試してみてください * ] をクリックします。

    3. 収集タスクのステータスを返すには、 [*Execute] をクリックします。

    4. 応答の本文の一番下までスクロールします。

      コレクションの進行状況を示す「 percentComplete 」属性が表示されます。コレクションが完了すると、「 Download Link 」属性には、ログパッケージのファイル名を含む完全なダウンロードリンクが含まれます。

    5. 「 downloadLink 」属性の末尾にファイル名をコピーします。

  4. 収集したログパッケージをダウンロードします。

    1. [get/bundle/{filename}] をクリックします。

    2. [* 試してみてください * ] をクリックします。

    3. 先ほどコピーしたファイル名を 'filename' パラメータテキストフィールドに貼り付けます

    4. [* Execute] をクリックします。

      実行後、応答の本文領域にダウンロードリンクが表示されます。

    5. [ ファイルのダウンロード ] をクリックし、結果のファイルをコンピューターに保存します。

      ログパッケージは、圧縮された unix.tgz ファイル形式です。

詳細については、こちらをご覧ください