日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イニシエータを作成および管理する

寄稿者 netapp-dbagwell amgrissino このページの PDF をダウンロード

を使用できます "イニシエータ" ボリュームへのアカウントベースのアクセスではなく、 CHAP ベースのアクセスの場合。イニシエータを作成および削除したり、管理やボリュームアクセスを簡単にするためにわかりやすいエイリアスを指定したりできます。ボリュームアクセスグループに追加されたイニシエータは、グループ内のすべてのボリュームにアクセスできるようになります。

必要なもの
  • クラスタ管理者のクレデンシャルが必要です。

  • 管理サービスをバージョン 2.17 以上にアップグレードしておきます。NetApp Hybrid Cloud Control のイニシエータ管理は、それよりも前のバージョンのサービスバンドルでは使用できません。

イニシエータを作成します

iSCSI イニシエータまたは Fibre Channel イニシエータを作成し、オプションでエイリアスを割り当てることができます。

イニシエータ IQN の有効な形式は、「 iqn.yyyy-mm 」です。 y と m は数字で、続けて任意の文字列を指定します。使用できる文字は、数字、小文字のアルファベット、ピリオド( ` )、コロン( ` )、またはダッシュ(「 - 」)だけです。形式の例を次に示します。

iqn.2010-01.com.solidfire:c2r9.fc0.2100000e1e09bb8b

Fibre Channel イニシエータ WWPN の有効な形式は、「 :AA:BB:CC:dd:11:22:33:44' または「 AabBCCdd11223344 」です。形式の例を次に示します。

5f:47:ac:c0:5c:74:d4:02
手順
  1. Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードの左側のナビゲーションメニューで、ストレージクラスタの名前を展開します。

  3. [* Volumes (ボリューム) ] を選択します

  4. イニシエータ * タブを選択します。

  5. イニシエータの作成 * ボタンを選択します。

    オプション 手順

    1 つ以上のイニシエータを作成します

    1. IQN または WWPN * フィールドにイニシエータの IQN または WWPN を入力します。

    2. [* エイリアス ] フィールドにイニシエータのフレンドリ名を入力します。

    3. (オプション) Add Initiator * を選択して新しいイニシエータフィールドを開くか、代わりに bulk create オプションを使用します。

    4. イニシエータの作成 * を選択します。

    イニシエータを一括作成します

    1. 「 * Bulk Add IQs/WWPN * 」を選択します。

    2. IQN または WWPN のリストをテキストボックスに入力します。各 IQN または WWPN は、カンマまたはスペースで区切って指定するか、または独自の行に入力する必要があります。

    3. [ * IQN / WWPN の追加 * ] を選択します。

    4. (オプション)各イニシエータに一意のエイリアスを追加します。

    5. インストール環境にすでに存在する可能性のあるイニシエータをリストから削除します。

    6. イニシエータの作成 * を選択します。

ボリュームアクセスグループにイニシエータを追加します

ボリュームアクセスグループにイニシエータを追加できます。イニシエータをボリュームアクセスグループに追加すると、そのイニシエータはそのボリュームアクセスグループ内のすべてのボリュームにアクセスできるようになります。

手順
  1. Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードの左側のナビゲーションメニューで、ストレージクラスタの名前を展開します。

  3. [* Volumes (ボリューム) ] を選択します

  4. イニシエータ * タブを選択します。

  5. 追加するイニシエータを 1 つ以上選択します。

  6. [ * アクション ] > [ アクセスグループに追加 * ] を選択します。

  7. アクセスグループを選択します。

  8. [ イニシエータの追加 ] を選択して変更を確認します。

イニシエータエイリアスを変更します

既存のイニシエータのエイリアスを変更するか、既存のエイリアスがない場合はエイリアスを追加できます。

手順
  1. Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードの左側のナビゲーションメニューで、ストレージクラスタの名前を展開します。

  3. [* Volumes (ボリューム) ] を選択します

  4. イニシエータ * タブを選択します。

  5. [*Actions] 列で、イニシエータのオプション・メニューを展開します。

  6. 「 * 編集 * 」を選択します。

  7. エイリアスに必要な変更を加えるか、新しいエイリアスを追加します。

  8. [ 保存( Save ) ] を選択します。

イニシエータを削除する

1 つ以上のイニシエータを削除できます。イニシエータを削除すると、関連付けられているすべてのボリュームアクセスグループから削除されます。イニシエータを使用した接続は、接続をリセットするまでは有効なままです。

手順
  1. Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードの左側のナビゲーションメニューで、ストレージクラスタの名前を展開します。

  3. [* Volumes (ボリューム) ] を選択します

  4. イニシエータ * タブを選択します。

  5. 1 つ以上のイニシエータを削除します。

    1. 削除するイニシエータを 1 つ以上選択します。

    2. [ * アクション > 削除( * Actions > Delete * ) ] を選択

    3. 削除操作を確定し、 * はい * を選択します。

詳細については、こちらをご覧ください