日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

H610S ノードを交換してください

寄稿者 netapp-amitha netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

ファン、 CPU 、または Dual Inline Memory Module ( DIMM )に障害が発生した場合や、過熱やブートプロセスの問題を解決する場合には、シャーシの交換が必要になることがあります。シャーシ前面の黄色の LED の点滅は、シャーシの交換が必要な可能性があることを示しています。続行する前にネットアップサポートにお問い合わせください。

注記 を参照してください "こちらの技術情報アーティクル" H610S ノードの設置要件の詳細については、を参照してください。新規およびスペアの H610S ストレージノードには、既存の Element ソフトウェアバージョンのストレージクラスタに基づいて追加のインストール要件がある場合があります。詳細については、ネットアップサポートにお問い合わせください。
ヒント H610S は、 1 ラックユニット( 1U )シャーシで、「ノード」と「シャーシ」は同じ意味で使用されます。

ドライブの追加と取り外しを行う際のベストプラクティス

クラスタにドライブを追加する際は、次のベストプラクティスに従う必要があります。

  • スライスドライブを追加する前に、ブロックドライブをすべて追加し、ブロックの同期が完了していることを確認します。

  • Element ソフトウェア 10.x 以降の場合は、すべてのブロックドライブを一度に追加します。一度に 3 つ以上のノードでこの処理を行わないようにしてください。

  • Element ソフトウェア 9.x 以前では、 3 本のドライブを一度に追加して完全に同期したあとに、次の 3 つのグループを追加してください。

  • スライスドライブを取り外し、ブロックドライブを取り外す前にスライスの同期が完了したことを確認します。

  • 一度に 1 つのノードからすべてのブロックドライブを削除します。ブロックの同期がすべて完了してから次のノードに進んでください。

必要なもの
  • ネットアップサポートに問い合わせます。交換用製品を注文する場合は、ネットアップサポートでケースをオープンする必要があります。

  • 交換用ノードを入手します。

  • 静電放電( ESD )リストバンドを装着するか、静電気防止処置を行っておきます。

  • Return to Factory Image ( RTFI )プロセスを実行する必要がある場合は、 USB キーを取得します。ネットアップサポートは、 RTFI プロセスを実行する必要があるかどうかの判断に役立ちます。

  • キーボードとモニタを用意します。

  • 障害ノードをクラスタから正しく削除しておきます。

  • DIMM で障害が発生した場合は、クラスタからノードを取り外す前にドライブを取り外しておきます。

VMware vSphere Web Client のアラームでは、ホストで障害が発生するとアラートが通知されます。VMware vSphere Web Client で障害が発生したホストのシリアル番号を、ノード背面のステッカーに記載されているシリアル番号と一致させる必要があります。

手順
  1. 障害が発生したシャーシの前面でサービスタグを確認します。

    に、 H610S シャーシの前面にあるサービスタグを示します。
  2. 交換用シャーシを発注したときに、サービスタグのシリアル番号がネットアップサポートケース番号と一致していることを確認します。

  3. キーボードとモニタを障害が発生したシャーシの背面に接続します。

  4. ネットアップサポートで障害ノードのシリアル番号を確認します。

  5. シャーシの電源を切ります。

  6. 前面のドライブと背面のケーブルに位置を示すラベルを付け、交換後も同じ場所に戻すことができます。

    シャーシ内のドライブの配置については、次の図を参照してください。

    は、 H610S シャーシの前面とドライブのラベルを示しています。
  7. ケーブルを取り外します。

  8. 取り付け耳の蝶ネジを外して、シャーシを取り外します。障害が発生したシャーシは、梱包してネットアップに返送してください。

  9. 交換用シャーシを設置

  10. ドライブを障害が発生したシャーシから慎重に取り外し、交換用シャーシに挿入します。

    注記 ドライブを取り外す前に、ドライブが取り付けられていたスロットにドライブを挿入する必要があります。
  11. 障害が発生したシャーシから電源装置を取り外し、交換用シャーシに挿入します。

  12. 電源装置ケーブルとネットワークケーブルを元のポートに差し込みます。

  13. 交換用ノードの 10GbE ポートに、 Small Form-Factor Pluggable ( SFP )トランシーバが差し込まれている場合があります。10GbE ポートにケーブルを接続する前に、これらを取り外す必要があります。

    注記 スイッチがケーブルを認識しない場合は、スイッチベンダーのマニュアルを参照してください。
  14. 前面の電源ボタンを押して、シャーシの電源をオンにします。ノードがブートするまでに約 5 分 30 秒かかります。

  15. 設定手順を実行します。

    • H610S ノードが NetApp HCI 環境に含まれている場合は、 NetApp Hybrid Cloud Control を使用してストレージリソースを設定してください。を参照してください "NetApp HCI ストレージリソースを展開します"

    • H610S ノードが SolidFire オールフラッシュストレージ環境に含まれている場合は、 NetApp Element のソフトウェアユーザインターフェイス( UI )を使用してノードを設定します。ネットアップサポートにお問い合わせください。