日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Deployment Engine にアクセスするには、 IP アドレスを手動で割り当ててください

寄稿者 netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

すべての NetApp HCI ノードの Bond1G インターフェイスと Bond10G インターフェイスに静的 IPv4 アドレスを手動で割り当て、 NetApp Deployment Engine にアクセスして NetApp HCI を導入することができます。ネットワークに特別な要件がないかぎり、この方法は使用しないでください。

必要なもの
  • 自分またはネットワーク管理者が、『セットアップガイド』ドキュメントのタスクを完了している。

  • NetApp HCI ノードに物理的にアクセスできるようにしておきます。

  • すべての NetApp HCI ノードの電源をオンにしておきます。

  • NetApp HCI ネットワークで DHCP が有効になっておらず、 NetApp HCI ノードが DHCP サーバから IP アドレスを取得していません。注: NetApp Deployment Engine を使用してシステムを導入する前に手動で割り当てる IP アドレスはすべて一時的な IP アドレスであり、再利用することはできません。IP アドレスを手動で割り当てる場合は、最終的な導入時に割り当て可能な、未使用かつ永続的な IP アドレスのセットをもう 1 つ確保しておく必要があります。

この構成では、導入時にコンピューティングノードとストレージノードが静的 IPv4 アドレスを使用して他のノードを検出して通信を確立します。この構成は推奨されません。

手順
  1. いずれかの NetApp HCI ストレージノードの背面に KVM を接続します(このノードが制御用ストレージノードになります)。

  2. ユーザインターフェイスで Bond1G および Bond10G の IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを設定します。必要に応じて、各ネットワークの VLAN ID を設定することもできます。

  3. 残りのストレージノードとコンピューティングノードについて手順 2 を繰り返します。

  4. NetApp HCI 管理ネットワークにアクセスできるコンピュータで Web ブラウザを開きます。

  5. 制御用ストレージノードに割り当てた Bond1G の IP アドレスにアクセスします。例:

    http://<Bond1G IP address>

    NetApp Deployment Engine のユーザインターフェイスが表示されます。

詳細については、こちらをご覧ください