日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp HCI に Rancher を導入します

寄稿者 amgrissino netapp-mwallis netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI 環境で Rancher を使用するには、最初に NetApp HCI に Rancher を導入します。

ヒント 導入を開始する前に、データストアの空きスペースとその他を確認してください "NetApp HCI の Rancher の要件"
注記 Rancher サポートは、ネットアップサポートエッジ契約には含まれていません。オプションについては、ネットアップの営業担当者または代理店にお問い合わせください。ネットアップから Rancher サポートを購入された場合は、手順が記載された E メールをお送りします。

NetApp HCI に Rancher を導入するとどうなりますか。

の導入では、以下の手順を実行します。各手順についてさらに説明します。

  • NetApp Hybrid Cloud Control を使用して導入を開始します。

  • Rancher 展開は、 3 台の仮想マシンを含む管理クラスタを作成します。

    各仮想マシンには、コントロールプレーンとワーカーの両方の Kubernetes ロールがすべて割り当てられます。つまり、 rancher UI は各ノードで使用できます。

  • Rancher コントロールプレーン(または rancher Server )もインストールされます。簡単に導入できるように、 Rancher の NetApp HCI ノードテンプレートを使用します。Rancher コントロールプレーンは、 NetApp HCI インフラの構築に使用した NetApp Deployment Engine の構成と自動的に連携します。

  • 導入後、ネットアップから E メールが届きます。この E メールには、 NetApp HCI のランチマ展開に関するネットアップサポートに登録するオプションが記載されています。

  • 導入後、開発チームと運用チームは任意の Rancher 環境と同様に、ユーザクラスタを導入できます。

NetApp HCI に Rancher を展開する手順

NetApp Hybrid Cloud Control にアクセスします

導入を開始するには、 NetApp Hybrid Cloud Control にアクセスしてください。

  1. Web ブラウザを開き、管理ノードの IP アドレスにアクセスします。例:

    https://<ManagementNodeIP>[]

  2. NetApp HCI ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

    NetApp Hybrid Cloud Control のインターフェイスが表示されます。

NetApp HCI に Rancher を導入します

  1. Hybrid Cloud Control のナビゲーションバーの左下にある * ランチャ * アイコンをクリックします。

    NetApp Hybrid Cloud Control のダッシュボードとランチャのアイコン

    ポップアップウィンドウに、 Rancher の使用を開始することを示すメッセージが表示されます。

    Rancher はじめにの画像
  2. [* ランチの展開 * ] をクリックします。

    Rancher UI が表示されます。

    Rancher 展開ページ

    vCenter のクレデンシャルは、 NetApp Deployment Engine のインストールに基づいて収集されます。

  3. vCenter リソース情報を入力します。次に、一部のフィールドについて説明します。

    • * データセンター * :データセンターを選択します。データセンターを選択すると、他のフィールドはすべて事前に入力されますが、変更することはできます。

    • * データストア * : NetApp HCI ストレージノード上のデータストアを選択します。このデータストアは耐障害性が高く、すべての VMware ホストからアクセスできる必要があります。ホストの 1 つにしかアクセスできないローカルデータストアは選択しないでください。

    • * 管理ネットワーク * :管理ステーションおよびユーザクラスタをホストする仮想マシンネットワークからアクセスできる必要があります。

  4. 導入設定 * 情報を入力:

    • *DNS サーバ *: オプション。ロードバランシングを使用する場合は、内部 DNS サーバの情報を入力します。

    • Rancher Server FQDN: ノード障害時にランチサーバが使用可能な状態を維持するために、 DNS サーバが rancher サーバクラスタのノードに割り当てられた IP アドレスのいずれかに解決できる完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。"https" プレフィックスを含むこの FQDN は、ランチツールの実装にアクセスする際に使用するランチツール URL になります。

      ドメイン名を指定しない場合は、代わりにワイルドカード DNS が使用され、展開の完了後に提示された URL のいずれかを使用してランチサーバにアクセスできます。

  5. 詳細設定 * 情報を入力:

    • * 静的 IP アドレスの割り当て * :静的 IP アドレスを有効にする場合は、 3 つの IPv4 アドレスの開始 IP アドレスを順に指定し、各管理クラスタ仮想マシンに 1 つずつ指定します。NetApp HCI の Rancher は、 3 台の管理クラスタ仮想マシンを導入します。

    • * プロキシサーバーの設定 * :

  6. Rancher エンドユーザライセンス契約のチェックボックスを確認して選択します。

  7. チェックボックスを確認して選択し、 Rancher ソフトウェアに関する情報を確認します。

  8. [Deploy (配備) ] をクリックします。

    導入の進捗状況はバーに表示されます。

    ヒント Rancher の導入には約 15 分かかる場合があります。

    展開が完了すると、 rancher は完了に関するメッセージを表示し、 rancher URL を提供します。

    Rancher 展開の完了と URL
  9. 展開の最後に表示される Rancher URL を記録します。この URL を使用して、 Rancher UI にアクセスします。

vCenter Server を使用して導入を確認します

vSphere Client には、 3 台の仮想マシンを含むランチ元管理クラスタが表示されます。

重要 導入が完了したら、 Rancher サーバ仮想マシンクラスタの設定を変更したり、仮想マシンを削除したりしないでください。NetApp HCI の Rancher は、展開された RKE 管理クラスタの設定に依存して、正常に機能します。