日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

高度な設定と調整

このセクションでは、 SnapCenter の設定を特定のニーズに合わせるためにお客様が使用できる設定および調整オプションについて説明します。すべての設定がすべてのお客様のシナリオに適用されるわけではありません。

HANA データベースとのセキュアな通信を有効にします

HANA データベースにセキュアな通信が設定されている場合、 SnapCenter によって実行される「 hdbsql 」コマンドでは、追加のコマンドラインオプションを使用する必要があります。これは、必要なオプションを指定して「 hdbsql 」を呼び出すラッパースクリプトを使用して実現できます。

注記 SSL 通信を設定するには、さまざまなオプションがあります。次の例では、コマンドラインオプションを使用して最も単純なクライアント設定について説明します。この場合、サーバ証明書の検証は行われません。サーバー側またはクライアント側で証明書の検証が必要な場合は、 hdbsql コマンドラインオプションを変更する必要があります。また、『 SAP HANA Security Guide 』の説明に従って、 PSE 環境を設定する必要があります。

hana.properties` ファイルで「 hdbsql 」実行可能ファイルを設定する代わりに、ラッパースクリプトが追加されます。

SnapCenter Windows サーバ上の中央 HANA プラグインホストの場合、「 C : \Program Files\NetApp\SnapManager \Snapcenter Plug-in Creator\etc\hana.properties` 」に次のコンテンツを追加する必要があります。

HANA_HDBSQL_CMD=C:\\Program Files\\sap\\hdbclient\\hdbsql-ssl.cmd

ラッパースクリプト「 hdbsql-ssl.cmd 」は、必要なコマンドラインオプションを指定して「 hdbsql.exe 」を呼び出します。

@echo off
"C:\Program Files\sap\hdbclient\hdbsql.exe" -e -ssltrustcert %*
注記 -e-ssltrustcert’hdbsql コマンドライン・オプションは 'SSL が有効になっていない HANA システムでも機能しますそのため、すべての HANA システムで SSL が有効または無効になっているわけではなく、このオプションを中央の HANA プラグインホストでも使用できます。

HANA プラグインが個々の HANA データベースホストに導入されている場合は、それに応じて各 Linux ホストで設定を行う必要があります。

HANA_HDBSQL_CMD = /usr/sap/SM1/HDB12/exe/hdbsqls

ラッパースクリプト「 hdbsqls 」は、必要なコマンドラインオプションを指定して「 hdbsql 」を呼び出します。

#/bin/bash
/usr/sap/SM1/HDB12/exe/hdbsql -e -ssltrustcert $*

HANA プラグインホストで自動検出を無効にします

HANA プラグインホストで自動検出を無効にするには、次の手順を実行します。

  1. SnapCenter サーバで、 PowerShell を開きます。「 Open-SmConnectコネクション 」コマンドを実行して SnapCenter サーバに接続し、最初のログインウィンドウでユーザ名とパスワードを指定します。

  2. 自動検出をディセーブルにするには、「 Set-SmConfigSettings 」コマンドを実行します。

    HANA ホストの「 HANA -2' 」の場合、このコマンドは次のようになります。

    PS C:\Users\administrator.SAPCC> Set-SmConfigSettings -Agent -Hostname hana-2 -configSettings @{"DISABLE_AUTO_DISCOVERY"="true"}
    Name                           Value
    ----                           -----
    DISABLE_AUTO_DISCOVERY         true
    PS C:\Users\administrator.SAPCC>
  3. 「 Get-SmConfigSettings 」コマンドを実行して、設定を確認します。

    PS C:\Users\administrator.SAPCC> Get-SmConfigSettings -Agent -Hostname hana-2 -key all
    Key: CUSTOMPLUGINS_OPERATION_TIMEOUT_IN_MSEC            Value: 3600000      Details: Plug-in API operation Timeout
    Key: CUSTOMPLUGINS_HOSTAGENT_TO_SERVER_TIMEOUT_IN_SEC   Value: 1800         Details: Web Service API Timeout
    Key: CUSTOMPLUGINS_ALLOWED_CMDS                         Value: *;           Details: Allowed Host OS Commands
    Key: DISABLE_AUTO_DISCOVERY                             Value: true          Details:
    Key: PORT                                               Value: 8145          Details: Port for server communication
    PS C:\Users\administrator.SAPCC>

    構成はホスト上のエージェント構成ファイルに書き込まれ、 SnapCenter によるプラグインのアップグレード後も引き続き使用できます。

    hana-2:/opt/NetApp/snapcenter/scc/etc # cat /opt/NetApp/snapcenter/scc/etc/agent.properties | grep DISCOVERY
    DISABLE_AUTO_DISCOVERY = true
    hana-2:/opt/NetApp/snapcenter/scc/etc #

ログバックアップの自動削除を非アクティブ化します

ログバックアップの不要ファイルの削除はデフォルトで有効になっており、 HANA プラグインのホストレベルで無効にすることができます。これらの設定を変更するには、 2 つのオプションがあります。

hana.property ファイルを編集します

hana.property` 構成ファイルのパラメータ log_cleanup_disable=Y' を指定すると ' この SAP HANA プラグイン・ホストを通信ホストとして使用して ' すべてのリソースのログ・バックアップ・ハウスキーピングが無効になります

  • Windows 上の Hdbsql 通信ホストの場合、「 hana.property` 」ファイルは C:\Program Files\NetApp\SnapCenter \Snapcenter Plug-in Creator\etc にあります。

  • Linux 上の Hdbsql 通信ホストの場合、「 hana.property` 」ファイルは「 /opt/NetApp/snapcenter /sscc /etc 」にあります。

PowerShell コマンドを使用します

2 つ目のオプションでは、 SnapCenter PowerShell コマンドを使用します。

  1. SnapCenter サーバで、 PowerShell を開きます。「 Open-SmConnection 」コマンドを使用して SnapCenter サーバに接続し、最初のログインウィンドウでユーザ名とパスワードを指定します。

  2. 「 Set-SmConfigSettings-Plugin-hostname <pluginhostname>-PluginCode HANA -configSettings@{"log_cleanup_disable"="Y"}" 」コマンドを使用すると、 IP またはホスト名で指定した SAP HANA プラグインホスト「 <plughostname> 」に変更が設定されます(次の図を参照)。

エラー:グラフィックイメージがありません

仮想環境で SAP HANA プラグインを実行する際の警告を無効にします

SnapCenter は、 SAP HANA プラグインが仮想環境にインストールされているかどうかを検出します。これは、パブリッククラウドプロバイダでの VMware 環境や SnapCenter 環境の場合があります。この場合、次の図に示すように、ハイパーバイザーの設定に関する警告が SnapCenter に表示されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

この警告をグローバルに抑制することができます。この場合、 SnapCenter は仮想環境を認識しないため、警告は表示されません。

この警告を抑制するように SnapCenter を設定するには、次の設定を適用する必要があります。

  1. [ 設定 ] タブで、 [ グローバル設定 ] を選択します。

  2. ハイパーバイザー設定で、すべてのホストに対して VM に iSCSI Direct Attached Disks または NFS を選択し、設定を更新します。

エラー:グラフィックイメージがありません

オフサイトのバックアップストレージとのバックアップ同期のスケジュール頻度を変更します

を参照してください "「セカンダリ・ストレージでのバックアップの保持管理」" オフサイトのバックアップストレージへのデータバックアップの保持管理は ONTAP で行います。SnapCenter は、週次のデフォルトスケジュールを設定してクリーンアップジョブを実行することにより、オフサイトのバックアップストレージで ONTAP がバックアップを削除したかどうかを定期的にチェックします。

SnapCenter のクリーンアップジョブでは、オフサイトのバックアップストレージで削除したバックアップが見つかった場合に、 SnapCenter リポジトリおよび SAP HANA のバックアップカタログからバックアップが削除されます。

クリーンアップジョブは、不要な SAP HANA ログバックアップの削除も実行します。

スケジュールされたこのクリーンアップが完了するまでの間、 SAP HANA と SnapCenter では、オフサイトのバックアップストレージからすでに削除されたバックアップが引き続き表示されることがあります。

注記 その結果、オフサイトのバックアップストレージ上の対応するストレージベースの Snapshot バックアップがすでに削除されている場合でも、ログバックアップが新たに保持されることがあります。

次のセクションでは、この一時的な不一致を回避する 2 つの方法について説明します。

リソースレベルの手動更新

リソースのトポロジビューでは、次のスクリーンショットに示すように、セカンダリバックアップを選択する際に、 SnapCenter によってオフサイトのバックアップストレージにバックアップが表示されます。SnapCenter は、更新アイコンを使用してクリーンアップ処理を実行し、このリソースのバックアップを同期します。

エラー:グラフィックイメージがありません

SnapCenter クリーンアップジョブの頻度を変更します

SnapCenter は、 Windows タスクのスケジュールメカニズムを使用して、すべてのリソースに対してデフォルトでクリーンアップジョブ「 SnapCenter _ RemoveSecondaryBackup 」を毎週実行します。これは、 SnapCenter PowerShell コマンドレットを使用して変更できます。

  1. SnapCenter サーバで PowerShell コマンドウィンドウを起動します。

  2. SnapCenter サーバへの接続を開き、ログインウィンドウに SnapCenter 管理者のクレデンシャルを入力します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. スケジュールを週単位から日単位に変更するには、「 Set-SmSchedule 」コマンドレットを使用します。

    PS C:\Users\scadmin> Set-SmSchedule -ScheduleInformation @{"ScheduleType"="Daily";"StartTime"="03:45 AM";"DaysInterval"=
    "1"} -TaskName SnapCenter_RemoveSecondaryBackup
    TaskName              : SnapCenter_RemoveSecondaryBackup
    Hosts                 : {}
    StartTime             : 11/25/2019 3:45:00 AM
    DaysoftheMonth        :
    MonthsofTheYear       :
    DaysInterval          : 1
    DaysOfTheWeek         :
    AllowDefaults         : False
    ReplaceJobIfExist     : False
    UserName              :
    Password              :
    SchedulerType         : Daily
    RepeatTask_Every_Hour :
    IntervalDuration      :
    EndTime               :
    LocalScheduler        : False
    AppType               : False
    AuthMode              :
    SchedulerSQLInstance  : SMCoreContracts.SmObject
    MonthlyFrequency      :
    Hour                  : 0
    Minute                : 0
    NodeName              :
    ScheduleID            : 0
    RepeatTask_Every_Mins :
    CronExpression        :
    CronOffsetInMinutes   :
    StrStartTime          :
    StrEndTime            :
    PS C:\Users\scadmin> Check the configuration using the Windows Task Scheduler.
  4. Windows タスクスケジューラでジョブのプロパティを確認できます。

    エラー:グラフィックイメージがありません