日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAP HANA によるクロスリージョンレプリケーションの設定オプション

寄稿者

次の図は、 ANF クロスリージョンレプリケーションを使用した SAP HANA システムのボリュームレプリケーション関係を示しています。ANF クロスリージョンレプリケーションでは、 HANA データと HANA 共有ボリュームがレプリケートされている必要があります。HANA データボリュームのみがレプリケートされている場合、通常の RPO 値は 1 日の範囲になります。RPO の値を低くする必要がある場合は、 HANA のログバックアップもフォワードリカバリのためにレプリケートする必要があります。

注記 このドキュメントで使用されている「ログバックアップ」という用語には、ログバックアップと HANA バックアップカタログバックアップが含まれています。フォワードリカバリ処理を実行するには、 HANA のバックアップカタログが必要です。
注記 以下の概要とラボ環境は、 HANA データベースを対象としています。SAP 転送ディレクトリなどのその他の共有ファイルは、 HANA 共有ボリュームと同じように保護およびレプリケートされます。

ログバックアップを使用して HANA のセーブポイントリカバリまたはフォワードリカバリを有効にするには、アプリケーションと整合性のあるデータ Snapshot バックアップを、 HANA データボリュームのプライマリサイトに作成する必要があります。これは、 ANF バックアップツール AzAcSnap を使用した場合などに実行できます(も参照) "Azure NetApp Files | Microsoft Docs 用の Azure Application Consistent Snapshot ツールとは何ですか")。プライマリサイトで作成された Snapshot バックアップが、 DR サイトにレプリケートされます。

災害時のフェイルオーバーの場合は、レプリケーション関係を解除し、ボリュームを DR 本番用サーバにマウントして、 HANA データベースを最後の HANA セーブポイントにリカバリするか、レプリケートされたログバックアップを使用してフォワードリカバリでリカバリする必要があります。の章 "ディザスタリカバリフェイルオーバー"では、必要な手順について説明します。

次の図は、複数リージョンレプリケーション用の HANA 構成オプションを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

現在のバージョンのクロスリージョンレプリケーションでは、固定のスケジュールのみを選択でき、実際のレプリケーション更新時間はユーザが定義することはできません。スケジュールは、毎日、毎時、および 10 分ごとに設定できます。これらのスケジュールオプションを使用すると、 RPO の要件に応じて、毎時または 10 分ごとの異なるスケジュールでのデータボリュームのレプリケーションとログバックアップのレプリケーションの 2 種類の設定が有効になります。達成可能な最小の RPO は約 20 分です。次の表に、設定オプションと、結果として得られる RPO と RTO の値を示します。

データボリュームのレプリケーション データとログのバックアップ・ボリューム・リストア データとログのバックアップ・ボリューム・リストア

CRR スケジュールのデータ・ボリューム

毎日

毎日

毎日

CRR のスケジュールログバックアップボリューム

該当なし

毎時

10 分

最大 RPO

+24 時間 + Snapshot スケジュール( 6 時間など) +

1 時間

2 x 10 分

最大 RTO

主に HANA の起動時間によって定義されます

+ HANA の起動時間 + リカバリ時間 +

+ HANA の起動時間 + リカバリ時間 +

フォワードリカバリ

該当なし

+ 過去 24 時間のログ + Snapshot スケジュール( 6 時間など) +

+ 過去 24 時間のログ + Snapshot スケジュール( 6 時間など) +