日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

もう一方のホストで作成されたバックアップからのリストアとリカバリ

他の SAP HANA ホストで作成されたバックアップからのリストア処理は、両方の SnapCenter 構成オプションで有効なシナリオです。

次の図に、このセクションで説明するリストアとリカバリのシナリオの概要を示します。

T1 のホスト 1 にバックアップが作成されました。ホスト 2 へのフェイルオーバーが実行されました。現在の時点では、ホスト 2 がプライマリホストになります。

  1. 障害が発生したため、 T1 のホスト 1 で作成されたバックアップにリストアする必要があります。

  2. プライマリホスト(ホスト 1 )がシャットダウンされます。

  3. ホスト 1 のバックアップデータ T1 は、ホスト 2 に復元されます。

  4. フォワードリカバリは、ホスト 1 およびホスト 2 のログを使用して実行されます。

  5. ホスト 1 が開始され、ホスト 1 のシステムレプリケーションの再同期が自動的に開始されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の図は、 SAP HANA のバックアップカタログを示しており、リストア処理とリカバリ処理に使用した、ホスト 1 で作成されたバックアップを強調表示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

リストア処理には次の手順が含まれます。

  1. ホスト 1 で作成したバックアップからクローンを作成します。

  2. クローンボリュームをホスト 2 にマウントします。

  3. クローンボリュームのデータを元の場所にコピーします。

SnapCenter で、バックアップが選択され、クローニング処理が開始されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

クローンサーバおよび NFS エクスポートの IP アドレスを指定する必要があります。

注記 SnapCenter のシングルリソース構成では、 SAP HANA プラグインはデータベースホストにインストールされません。SnapCenter のクローニングワークフローを実行するには、 HANA プラグインがインストールされたすべてのホストをクローンサーバとして使用できます。

+ 別々のリソースを使用する SnapCenter 構成では、 HANA データベースホストがクローンサーバとして選択され、マウントスクリプトを使用してクローンがターゲットホストにマウントされます。

エラー:グラフィックイメージがありません

クローンボリュームのマウントに必要なジャンクションパスを特定するには、次の図に示すように、クローニングジョブのジョブログを確認します。

エラー:グラフィックイメージがありません

これで、クローンボリュームをマウントできるようになります。

stlrx300s8-5:/mnt/tmp # mount 192.168.173.101:/Scc373da37-00ff-4694-b1e1-8153dbd46caf /mnt/tmp

クローンボリュームには、 HANA データベースのデータが含まれています。

stlrx300s8-5:/mnt/tmp/# ls –al
drwxr-x--x 2 ssradm sapsys 4096 Jun 27 11:12 hdb00001
drwx------ 2 ssradm sapsys 4096 Jun 21 09:38 hdb00002.00003
drwx------ 2 ssradm sapsys 4096 Jun 27 11:12 hdb00003.00003
-rw-r--r-- 1 ssradm sapsys   22 Jun 27 11:12 nameserver.lck

データが元の場所にコピーされます。

stlrx300s8-5:/mnt/tmp # cp -Rp hdb00001 /hana/data/SSR/mnt00001/
stlrx300s8-5:/mnt/tmp # cp -Rp hdb00002.00003/ /hana/data/SSR/mnt00001/
stlrx300s8-5:/mnt/tmp # cp -Rp hdb00003.00003/ /hana/data/SSR/mnt00001/

SAP HANA Studio を使用したリカバリが、の説明に従って実行されます "有効なバックアップの SnapCenter リストアのみを実行してください"