日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Apache Airflow の導入

寄稿者 kevin-hoke mboglesby このページの PDF をダウンロード

Kubernetes の上で Apache の通気を確保することを推奨します。このセクションでは、 Kubernetes クラスタ内に通気を導入するために完了しておく必要のあるタスクについて説明します。

注記 Kubernetes 以外のプラットフォームに通気を導入することも可能です。Kubernetes 以外のプラットフォームに通気を導入することは、この解決策の範囲外です。

前提条件

このセクションで説明する導入の演習を行う前に、次の作業をすでに実行していることを前提としています。

  1. Kubernetes クラスタをすでに使用している。

  2. 「 NetApp Trident の導入と構成」のセクションに記載されているように、 Kubernetes クラスタに NetApp Trident をインストールし、設定しておきます。

Helm をインストールします

エアフローは、 Kubernetes の一般的なパッケージマネージャである Helm を使用して導入されます。エアーフローを導入する前に、導入ジャンプホストに Helm をインストールする必要があります。Helm を配置ジャンプホストにインストールするには、に従ってください "インストール手順" Helm の公式ドキュメントを参照してください。

デフォルトの Kubernetes StorageClass を設定します

通気を導入する前に、 Kubernetes クラスタ内にデフォルトのストレージクラスを指定する必要があります。エアフロー導入プロセスでは、デフォルトのストレージクラスを使用して新しい永続ボリュームのプロビジョニングが試行されます。StorageClass がデフォルトの StorageClass として指定されていない場合、導入は失敗します。クラスタ内でデフォルトの StorageClass を指定するには、の手順に従ってください "Kubeflow の導入"。クラスタ内ですでにデフォルトの StorageClass を指定している場合は、この手順を省略できます。

Helm を使用してエアフローを展開します

Helm を使用して Kubernetes クラスタに通気を導入するには、導入ジャンプホストから次のタスクを実行します。

  1. Helm を使用してエアフローを導入します。に従ってください "導入手順" アーティファクトハブの公式エアフロー図については、を参照してください。以下のコマンド例は、 Helm を使用したエアーフローの配置を示しています。必要に応じて 'custom-values/yaml ファイルの値を変更 ' 追加 ' または削除します

    $ cat << EOF > custom-values.yaml
    ###################################
    # Airflow - Common Configs
    ###################################
    airflow:
      ## the airflow executor type to use
      ##
      executor: "CeleryExecutor"
      ## environment variables for the web/scheduler/worker Pods (for airflow configs)
      ##
      #
    ###################################
    # Airflow - WebUI Configs
    ###################################
    web:
      ## configs for the Service of the web Pods
      ##
      service:
        type: NodePort
    ###################################
    # Airflow - Logs Configs
    ###################################
    logs:
      persistence:
        enabled: true
    ###################################
    # Airflow - DAGs Configs
    ###################################
    dags:
      ## configs for the DAG git repository & sync container
      ##
      gitSync:
        enabled: true
        ## url of the git repository
        ##
        repo: "git@github.com:mboglesby/airflow-dev.git"
        ## the branch/tag/sha1 which we clone
        ##
        branch: master
        revision: HEAD
        ## the name of a pre-created secret containing files for ~/.ssh/
        ##
        ## NOTE:
        ## - this is ONLY RELEVANT for SSH git repos
        ## - the secret commonly includes files: id_rsa, id_rsa.pub, known_hosts
        ## - known_hosts is NOT NEEDED if `git.sshKeyscan` is true
        ##
        sshSecret: "airflow-ssh-git-secret"
        ## the name of the private key file in your `git.secret`
        ##
        ## NOTE:
        ## - this is ONLY RELEVANT for PRIVATE SSH git repos
        ##
        sshSecretKey: id_rsa
        ## the git sync interval in seconds
        ##
        syncWait: 60
    EOF
    $ helm install airflow airflow-stable/airflow -n airflow --version 8.0.8 --values ./custom-values.yaml
    ...
    Congratulations. You have just deployed Apache Airflow!
    1. Get the Airflow Service URL by running these commands:
       export NODE_PORT=$(kubectl get --namespace airflow -o jsonpath="{.spec.ports[0].nodePort}" services airflow-web)
       export NODE_IP=$(kubectl get nodes --namespace airflow -o jsonpath="{.items[0].status.addresses[0].address}")
       echo http://$NODE_IP:$NODE_PORT/
    2. Open Airflow in your web browser
  2. すべての通気ポッドが稼働中であることを確認します。すべてのポッドが起動するまでに数分かかる場合があります。

    $ kubectl -n airflow get pod
    NAME                                READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    airflow-flower-b5656d44f-h8qjk      1/1     Running   0          2h
    airflow-postgresql-0                1/1     Running   0          2h
    airflow-redis-master-0              1/1     Running   0          2h
    airflow-scheduler-9d95fcdf9-clf4b   2/2     Running   2          2h
    airflow-web-59c94db9c5-z7rg4        1/1     Running   0          2h
    airflow-worker-0                    2/2     Running   2          2h
  3. 手順 1 の Helm を使用してエアーフローを導入したときにコンソールに出力された指示に従って、エアーフロー Web サービスの URL を取得します。

    $ export NODE_PORT=$(kubectl get --namespace airflow -o jsonpath="{.spec.ports[0].nodePort}" services airflow-web)
    $ export NODE_IP=$(kubectl get nodes --namespace airflow -o jsonpath="{.items[0].status.addresses[0].address}")
    $ echo http://$NODE_IP:$NODE_PORT/
  4. 通気 Web サービスにアクセスできることを確認します。

エラー:グラフィックイメージがありません