日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure NetApp Files のパフォーマンス階層

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

既存のボリュームのサービスレベルを変更するには、そのボリュームに必要なサービスレベルを使用する別の容量プールにボリュームを移動します。この解決策を使用することで、お客様は、まず小規模なデータセットと少数の GPU を標準階層に配置し、データ量と GPU の増加に合わせてスケールアウトまたは Premium Tier へのスケールアップを行うことができます。Premium Tier は、 Standard 階層のテラバイトあたりスループットの 4 倍を提供し、ボリュームのサービスレベルを変更するためにデータを移動することなくスケールアップを実行できます。

ボリュームのサービスレベルを動的に変更する

ボリュームのサービスレベルを動的に変更するには、次の手順を実行します。

  1. Volumes (ボリューム)ページで、サービスレベルを変更するボリュームを右クリックします。[ プールの変更 ] を選択します

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. プールの変更ウィンドウで、ボリュームの移動先となる容量プールを選択します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. [OK] をクリックします。

パフォーマンス階層の変更を自動化

パフォーマンス階層の変更を自動化するには、次のオプションを使用できます。

  • 現在も動的サービスレベルの変更はパブリックプレビューで有効になっており、デフォルトでは有効になっていません。Azure サブスクリプションでこの機能を有効にする方法については、このドキュメントを参照してください "ボリュームのサービスレベルを動的に変更する"

  • Azure CLI の volume pool change コマンドについては、を参照してください "ボリュームプールの変更に関するドキュメント" 次に例を示します。

    az netappfiles volume pool-change -g mygroup --account-name myaccname --pool-name mypoolname --name myvolname --new-pool-resource-id mynewresourceid
  • PowerShell "set-AzNetAppFilesVolumePool コマンドレット" Azure NetApp Files ボリュームのプールを変更し、次の例に示すようにします。

    Set-AzNetAppFilesVolumePool
    -ResourceGroupName "MyRG"
    -AccountName "MyAnfAccount"
    -PoolName "MyAnfPool"
    -Name "MyAnfVolume"
    -NewPoolResourceId 7d6e4069-6c78-6c61-7bf6-c60968e45fbf