日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Red Hat OpenShift クラスタを Astra Control Center に登録します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Astra Control Center でワークロードを管理できるようにするには、まず Red Hat OpenShift クラスタを登録する必要があります。

Red Hat OpenShift クラスタを登録します

  1. 最初のステップでは、 OpenShift クラスタを Astra Control Center に追加して管理します。クラスタに移動してクラスタの追加をクリックし、 OpenShift クラスタの kubeconfig ファイルをアップロードして、ストレージの選択をクリックします。

    Astra Control Center でクラスタを作成

    注記 ユーザ名とパスワードまたはトークンを使用して認証するために kubeconfig ファイルを生成できます。トークンが期限切れになるまでの時間は制限されており、登録されたクラスタに到達できなくなる可能性があります。ネットアップでは、 OpenShift クラスタを Astra Control Center に登録するために、ユーザ名とパスワードを付けた kubeconfig ファイルを使用することを推奨します。
  2. Astra Control Center で、対象となるストレージクラスが検出される。次に、ストレージクラスが NetApp ONTAP 上の SVM がサポートする Trident を使用してボリュームをプロビジョニングする方法を選択し、 Review (確認)をクリックします。次のペインで詳細を確認し、 Add Cluster をクリックします。

    Astra Control Center でクラスタ選択ストレージを作成

  3. 手順 1 の説明に従って、両方の OpenShift クラスタを登録します。追加すると、 Astra Control Center がクラスタを検査して必要なエージェントをインストールしながら、クラスタは Discovering ステータスに移行します。クラスタが登録されると、クラスタのステータスが「 Running 」に変わります。

    Astra Control Center クラスタを使用可能

    注記 Astra Control Center で管理するすべての Red Hat OpenShift クラスタは、管理対象クラスタにインストールされたエージェントとしてインストールに使用されたイメージレジストリにアクセスできる必要があります。このレジストリからイメージがプルされます。
  4. ONTAP クラスタをストレージリソースとして Astra Control Center でバックエンドとして管理するようにインポートします。ストレージクラスが設定されている Astra に OpenShift クラスタが追加されると、ストレージクラスをサポートする ONTAP クラスタが自動的に検出されて検査されますが、 Astra コントロールセンターにインポートされて管理されません。

    Astra Control Center バックエンド検出

  5. ONTAP クラスタをインポートするには、バックエンドに移動し、ドロップダウンをクリックして、管理対象の ONTAP クラスタの横にある Manage を選択します。ONTAP クラスタの資格情報を入力し、 [ 情報の確認 ] をクリックして、 [ ストレージバックエンドのインポート ] をクリックします。

    Astra Control Center でバックエンドを作成

  6. バックエンドを追加すると、ステータスが Available に変わります。このバックエンドには、 OpenShift クラスタ内の永続ボリュームと ONTAP システム上の対応するボリュームに関する情報が含まれます。

    Astra Control Center バックエンドも利用可能

  7. Astra Control Center を使用して OpenShift クラスタ間でバックアップとリストアを行うには、 S3 プロトコルをサポートするオブジェクトストレージバケットをプロビジョニングする必要があります。現在サポートされているオプションは、 ONTAP S3 、 StorageGRID 、および AWS S3 です。このインストールのために、 AWS S3 バケットを設定します。バケットに移動し、バケットの追加をクリックして、汎用 S3 を選択します。S3 バケットの詳細とアクセスするためのクレデンシャルを入力し、「 Make this bucket the default bucket for the cloud 」のチェックボックスをオンにして、 Add をクリックします。

    Astra Control Center バケットの作成