日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ベアメタルで実装された OpenShift

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ベアメタル上の OpenShift では、コモディティサーバ上に OpenShift Container Platform を自動で導入できます。

ベアメタル上の OpenShift は、コンテナ化の準備ができていないアプリケーションの仮想ワークロードをサポートしながら、 OpenShift クラスタの導入、迅速なプロビジョニング、拡張を容易にする OpenShift の仮想導入に似ています。ベアメタルに導入することで、 OpenShift 環境に加えてホストハイパーバイザー環境の管理に必要な追加のオーバーヘッドを必要としません。ベアメタルサーバに直接導入することで、ホストと OpenShift 環境間でリソースを共有する必要がある物理的なオーバーヘッドの制限を軽減できます。

ベアメタル上の OpenShift には次の機能があります。

  • * IPI またはサポートされたインストーラーの展開。 * ベアメタルサーバー上でインストーラー・プロビジョニング・インフラストラクチャー( IPI )によって展開される OpenShift クラスターにより、ハイパーバイザー層を管理することなく、汎用性が高く、容易に拡張できる OpenShift 環境を汎用サーバーに直接展開できます。

  • * 小型クラスタ設計。 * ハードウェア要件を最小限に抑えるため、ベアメタル上の OpenShift では、 OpenShift コントロールプレーンノードをワーカーノードやホストコンテナとしても機能させることにより、わずか 3 ノードのクラスタを導入できます。

  • * OpenShift 仮想化。 * OpenShift では、 OpenShift Virtualization を使用してコンテナ内で仮想マシンを実行できます。このコンテナネイティブの仮想化では、コンテナ内で KVM ハイパーバイザーを実行し、 VM ストレージ用の永続ボリュームを接続します。

  • * AI / ML に最適化されたインフラ。 * GPU ベースのワーカーノードを OpenShift 環境に組み込み、 OpenShift Advanced Scheduling を活用して、マシンラーニングアプリケーション向けの Kubeflow のようなアプリケーションを導入します。

ネットワーク設計

NetApp 解決策上の Red Hat OpenShift では、 2 つのデータスイッチを使用して 25Gbps でプライマリデータ接続を提供します。また、ストレージノードのインバンド管理用に 1Gbps で接続を提供する管理スイッチを 2 台使用し、 IPMI 機能のアウトオブバンド管理も使用します。

OpenShift ベアメタル IPI 環境では、プロビジョニングノード、つまりネットワークインターフェイスが別々のネットワークに接続されている Red Hat Enterprise Linux 8 マシンを作成する必要があります。

  • * ネットワークのプロビジョニング。 * このネットワークは、ベアメタルノードをブートし、 OpenShift クラスタを導入するために必要なイメージとパッケージをインストールするために使用されます。

  • * ベアメタルネットワーク。 * このネットワークは、導入後のクラスタのパブリック側通信に使用されます。

プロビジョニングノードをセットアップするために、お客様は、トラフィックをノード自体と、導入用にプロビジョニングされたブートストラップ VM に適切にルーティングできるようにするブリッジインターフェイスを作成します。クラスタが導入されると、 API および入力 VIP アドレスがブートストラップノードから新しく導入されたクラスタに移行されます。

次の図は、 IPI の導入時と導入の完了後の環境を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

エラー:グラフィックイメージがありません

VLAN の要件

ネットアップ解決策を使用した Red Hat OpenShift は、仮想ローカルエリアネットワーク( VLAN )を使用して、ネットワークトラフィックを論理的に分離するように設計されています。

VLAN

目的

VLAN ID

アウトオブバンド管理ネットワーク

ベアメタルノードと IPMI の管理

16

ベアメタルネットワーク

クラスタが使用可能になると、 OpenShift サービス用のネットワーク

181

プロビジョニングネットワーク

Network for PXE boot and installation of bare metal nodes (ベアメタルノードの PXE ブートおよびインストール用ネットワーク IPI を使用

3485

注記 これらの各ネットワークは仮想的に VLAN で分離されますが、 PXE ブートシーケンス中に VLAN タグを渡す方法がないため、各物理ポートをプライマリ VLAN が割り当てられたアクセスモードで設定する必要があります。

ネットワークインフラストラクチャサポートリソース

OpenShift Container Platform を導入する前に、次のインフラを用意する必要があります。

  • インバンド管理ネットワークと VM ネットワークからアクセス可能な完全なホスト名解決を提供する DNS サーバが少なくとも 1 台必要です。

  • インバンド管理ネットワークおよび VM ネットワークからアクセスできる NTP サーバが少なくとも 1 台必要です。

  • (オプション)インバンド管理ネットワークと VM ネットワークの両方のアウトバウンドインターネット接続。