日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

OpenShift の概要

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Red Hat OpenShift Container Platform は、開発と IT の運用を単一のプラットフォーム上に統合し、オンプレミスとハイブリッドクラウドのインフラ全体でアプリケーションを一貫して構築、導入、管理します。Red Hat OpenShift は、コンテナベースのワークロード向けに設計された、世界をリードするエンタープライズ Linux ディストリビューションである Kubernetes や Red Hat Enterprise Linux CoreOS など、オープンソースのイノベーションと業界標準に基づいて構築されています。OpenShift は Cloud Native Computing Foundation ( CNCF )認定 Kubernetes プログラムの一部であり、コンテナワークロードの移植性と相互運用性を提供します。

Red Hat OpenShift には次の機能があります。

  • * セルフサービスプロビジョニング * 開発者は、最も多くのツールを使用して、必要に応じてアプリケーションをすばやく簡単に作成できます。また、運用環境全体を完全に制御できます。

  • * 永続的ストレージ。 * 永続的ストレージをサポートすることにより、 OpenShift Container Platform はステートフルアプリケーションとクラウドネイティブステートレスアプリケーションの両方を実行できます。

  • * 継続的統合および継続的開発( CI / CD )。 * このソースコードプラットフォームは、大規模なビルドおよび展開イメージを管理します。

  • * オープンソース標準 * これらの標準は、オープンソース・テクノロジに加えて、コンテナオーケストレーションのための Open Container Initiative ( OCI )および Kubernetes を組み込みます。お客様は、特定のベンダーのテクノロジやビジネスロードマップに制限されることはありません。

  • * CI/CD パイプライン * OpenShift は、 CI/CD パイプラインをすぐに使用できるサポートを提供します。これにより、開発チームはアプリケーション配信プロセスのすべてのステップを自動化し、アプリケーションのコードまたは構成に加えられたすべての変更に対して実行することができます。

  • * 役割ベースのアクセス制御 (RBAC) 。 * この機能は、大規模な開発者グループの編成を支援するチームとユーザーの追跡を提供します。

  • * ビルドとデプロイを自動化。 * OpenShift により、開発者はコンテナ化されたアプリケーションを構築することも、プラットフォームでアプリケーションソースコードやバイナリからコンテナを構築することもできます。プラットフォームは、アプリケーションに定義された特性に基づいて、これらのアプリケーションのインフラストラクチャへの導入を自動化します。たとえば、割り当てられるリソースの量や、サードパーティのライセンスに準拠するために導入するインフラストラクチャ上の場所などです。

  • * 一貫性のある環境。 * OpenShift により、開発者やアプリケーションのライフサイクル全体でプロビジョニングされた環境が、オペレーティングシステムからライブラリ、ランタイムバージョン( Java ランタイムなど)まで一貫していることを確認します。 また、一貫性のない環境から発生したリスクを除去するために、使用中のアプリケーションランタイム( Tomcat など)も削除できます。

  • * 構成管理。 * 構成と機密性の高いデータ管理はプラットフォームに組み込まれており、アプリケーションの構築に使用されるテクノロジーや導入される環境に関係なく、一貫性のある、環境に依存しないアプリケーション構成がアプリケーションに確実に提供されるようにします。

  • * アプリケーションログとメトリック。 * 迅速なフィードバックは、アプリケーション開発の重要な要素です。OpenShift に統合された監視機能とログ管理機能により、開発者はアプリケーションがどのように変化しても動作しているかを調査し、アプリケーションのライフサイクルの早い段階で問題を修正できるようになります。

  • * セキュリティとコンテナカタログ。 * OpenShift はマルチテナンシーを提供し、 Security-Enhanced Linux ( SELinux )、 cgroups 、 Secure Computing Mode ( seccomp )との確立されたセキュリティを使用してコンテナを分離し、保護することにより、ユーザを有害なコードの実行から保護します。また、さまざまなサブシステム用の TLS 証明書による暗号化、およびエンドユーザーに認証済みの信頼できるセキュアなアプリケーションコンテナを提供するためにセキュリティを重視してスキャンおよび採点される Red Hat 認定コンテナ( access.redhat.com/containers )へのアクセスも提供します。

エラー:グラフィックイメージがありません

Red Hat OpenShift の導入方法

Red Hat OpenShift 4 以降、 OpenShift の導入方法には、高度にカスタマイズされた導入に User Provisioned Infrastructure ( UPI ;ユーザプロビジョニングインフラ)を使用する手動導入、または Installer Provisioned Infrastructure ( IPI )を使用した完全に自動化された導入が含まれます。

ほとんどの場合、 IPI インストール方法が推奨されます。これは、開発、テスト、および本番環境用の OCP クラスタを迅速に導入できるためです。

Red Hat OpenShift の IPI インストール

OpenShift の Installer Provisioned Infrastructure ( IPI )導入には、次の高度な手順が含まれます。

  1. Red Hat OpenShift をご覧ください "Web サイト" SSO クレデンシャルでログインします。

  2. Red Hat OpenShift を導入する環境を選択します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. 次の画面で、インストーラ、独自のプルシークレット、および管理用の CLI ツールをダウンロードします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. に従ってください "インストール手順" Red Hat が提供する、お客様の環境への導入サービスです。

ネットアップが検証済みの OpenShift 環境

ネットアップでは、以下の各データセンター環境で Installer Provisioned Infrastructure ( IPI )導入方法を使用して、 Red Hat OpenShift のラボへの導入をテストし、検証しています。