日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Element iSCSI 構成

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Trident を NetApp Element ストレージシステムと統合するには、 iSCSI プロトコルを使用してストレージシステムと通信できるバックエンドを作成する必要があります。

  1. ダウンロードしたインストールアーカイブのサンプルバックエンドファイルは、「 sample -input 」フォルダ階層にあります。iSCSI を提供している NetApp Element システムの場合、「 backend-solidfire.json 」ファイルを作業ディレクトリにコピーし、ファイルを編集します。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ cp sample-input/backends-samples/solidfire/backend-solidfire.json ./
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ vi ./backend-solidfire.json
    1. エンドポイント行のユーザ、パスワード、および MVIP 値を編集します。

    2. 「仮想 IP 」の値を編集します。

       {
          "version": 1,
          "storageDriverName": "solidfire-san",
          "Endpoint": "https://trident:password@172.21.224.150/json-rpc/8.0",
          "SVIP": "10.61.180.200:3260",
          "TenantName": "trident",
          "Types": [{"Type": "Bronze", "Qos": {"minIOPS": 1000, "maxIOPS": 2000, "burstIOPS": 4000}},
                    {"Type": "Silver", "Qos": {"minIOPS": 4000, "maxIOPS": 6000, "burstIOPS": 8000}},
                    {"Type": "Gold", "Qos": {"minIOPS": 6000, "maxIOPS": 8000, "burstIOPS": 10000}}]
      }
  2. このバックエンドファイルを設定したら、次のコマンドを実行して最初のバックエンドを作成します。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ ./tridentctl -n trident create backend -f backend-solidfire.json
    +-------------------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+
    |          NAME           | STORAGE DRIVER |                 UUID                 | STATE  | VOLUMES |
    +-------------------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+
    | solidfire_10.61.180.200 | solidfire-san  | b90783ee-e0c9-49af-8d26-3ea87ce2efdf | online |       0 |
    +-------------------------+----------------+--------------------------------------+--------+---------+
  3. バックエンドを作成したら、次にストレージクラスを作成する必要があります。バックエンドと同様に、 sample_inputs フォルダにある環境用に編集可能なサンプルのストレージクラスファイルがあります。作業ディレクトリにコピーし、作成したバックエンドを反映するために必要な編集を行います。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ cp sample-input/storage-class-samples/storage-class-csi.yaml.templ ./storage-class-basic.yaml
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ vi storage-class-basic.yaml
  4. このファイルに対して行う必要がある唯一の編集は ' バックエンドタイプの値を ' 新しく作成されたバックエンドのストレージドライバの名前に定義することですまた、名前フィールドの値もメモしておきます。この値は、以降の手順で参照する必要があります。

    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
      name: basic-csi
    provisioner: csi.trident.netapp.io
    parameters:
      backendType: "solidfire-san"
    注記 このファイルに定義されているオプションのフィールド「 fsType 」があります。iSCSI バックエンドでは、この値を特定の Linux ファイルシステムタイプ( XFS 、 ext4 など)に設定するか、 OpenShift で使用するファイルシステムを決定できるようにするためにこの値を削除できます。
  5. oc` コマンドを実行して ' ストレージ・クラスを作成します

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc create -f storage-class-basic.yaml
    storageclass.storage.k8s.io/basic-csi created
  6. ストレージクラスを作成したら、最初の永続的ボリューム要求( PVC )を作成する必要があります。sample_inputs にもあるこのアクションを実行するために使用できるサンプルの 'pvc-basicy.yaml ファイルがあります

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ cp sample-input/pvc-samples/pvc-basic.yaml ./
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ vi pvc-basic.yaml
  7. このファイルに対して行う必要がある唯一の編集は '`torageClassName` フィールドが作成したものと一致することを確認することですプロビジョニングするワークロードによって必要に応じて、 PVC 定義をさらにカスタマイズできます。

    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: basic
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      resources:
        requests:
          storage: 1Gi
      storageClassName: basic-csi
  8. 「 OC 」コマンドを発行して、 PVC を作成します。作成中の元のボリュームのサイズによっては作成にしばらく時間がかかることがあるため、作成が完了した時点でこのプロセスを監視できます。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc create -f pvc-basic.yaml
    persistentvolumeclaim/basic created
    
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc get pvc
    NAME    STATUS   VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS   AGE
    basic   Bound    pvc-3445b5cc-df24-453d-a1e6-b484e874349d   1Gi        RWO            basic-csi      5s