日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Kubernetes 向けの高度なクラスタ管理機能を導入

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

前提条件

  1. ハブクラスタには Red Hat OpenShift クラスタ(バージョン 4.5 以降)が必要です

  2. 管理対象クラスタの Red Hat OpenShift クラスタ(バージョン 4.4.4 よりも大きい)

  3. Red Hat OpenShift クラスタへのクラスタ管理者アクセス

  4. Kubernetes 向けの Advanced Cluster Management 向けの Red Hat サブスクリプション

高度なクラスタ管理は OpenShift クラスタのアドオンであるため、ハブクラスタと管理対象クラスタで使用される機能に基づいて、ハードウェアリソースには一定の要件と制限があります。クラスタのサイジングを行う際は、これらの問題について考慮する必要があります。のドキュメントを参照してください "こちらをご覧ください" 詳細:

オプションで、ハブクラスタにインフラストラクチャコンポーネントをホストする専用ノードがあり、それらのノードにのみ Advanced Cluster Management リソースをインストールする場合は、それに応じてそれらのノードに公差とセレクタを追加する必要があります。詳細については、のドキュメントを参照してください "こちらをご覧ください"