日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

設定:ストレージ管理者のタスク

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ストレージ管理者が次のリソースを設定する必要があります。

  1. NetApp ONTAP クラスタに admin としてログインします。

  2. Storage > Storage VMs と進み、 Add をクリックします。必要な詳細を指定して、プロジェクト 1 用とプロジェクト 2 用に 1 つずつ、 2 つの SVM を作成します。また、 SVM とそのリソースを管理するには vsadmin アカウントを作成します。

ONTAP での SVM の作成
  1. ストレージ管理者として Red Hat OpenShift クラスタにログインします。

  2. project-1 のバックエンドを作成し、プロジェクト専用の SVM にマッピングします。ONTAP クラスタ管理者を使用する代わりに、 SVM の vsadmin アカウントを使用してバックエンドを SVM に接続することを推奨します。

    cat << EOF | tridentctl -n trident create backend -f
    {
        "version": 1,
        "storageDriverName": "ontap-nas",
        "backendName": "nfs_project_1",
        "managementLIF": "172.21.224.210",
        "dataLIF": "10.61.181.224",
        "svm": "project-1-svm",
        "username": "vsadmin",
        "password": "NetApp123"
    }
    EOF
注記 この例では ONTAP と NAS のドライバを使用しています。ユースケースに基づいてバックエンドを作成する場合は、適切なドライバを使用します。
注記 Trident が Trident プロジェクトにインストールされているとします。
  1. 同様に、 project-2 の Trident バックエンドを作成し、 project-2 に専用の SVM にマッピングします。

  2. 次に、ストレージクラスを作成します。StoragePools パラメータを設定して、 project-1 専用のバックエンドのストレージプールを使用するように project-1 のストレージクラスを作成し、これを設定します。

    cat << EOF | oc create -f -
    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
      name: project-1-sc
    provisioner: csi.trident.netapp.io
    parameters:
      backendType: ontap-nas
      storagePools: "nfs_project_1:.*"
    EOF
  3. 同様に、 project-2 に対してストレージクラスを作成し、 project-2 に専用のバックエンドのストレージプールを使用するように設定します。

  4. ResourceQuota を作成して ' プロジェクト 1 内のリソースを制限し ' 他のプロジェクト専用のストレージを要求します

    cat << EOF | oc create -f -
    kind: ResourceQuota
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: project-1-sc-rq
      namespace: project-1
    spec:
      hard:
        project-2-sc.storageclass.storage.k8s.io/persistentvolumeclaims: 0
    EOF
  5. 同様に 'ResourceQuota を作成して 'project-2 内のリソースを制限し ' 他のプロジェクト専用のストレージを要求します