日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp ONTAP を使用した Red Hat OpenShift Virtualization

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

それぞれのユースケースに応じて、コンテナと仮想マシン( VM )はどちらも、さまざまなタイプのアプリケーションに最適なプラットフォームとして機能します。そのため、多くの組織では、ワークロードの一部をコンテナで実行し、一部を VM で実行しています。そのため多くの場合、 VM 用のハイパーバイザーとアプリケーション用のコンテナオーケストレーションツールという別々のプラットフォームを管理する必要があり、組織はさらに多くの課題に直面します。

この課題に対処するために、 Red Hat は OpenShift バージョン 4.6 から始まる OpenShift Virtualization (以前のコンテナネイティブ仮想化)を導入しました。OpenShift Virtualization 機能を使用すると、同じ OpenShift Container Platform インストール上でコンテナとともに仮想マシンを実行および管理できるため、オペレータを介して VM の導入と管理を自動化するハイブリッド管理機能が提供されます。OpenShift Virtualization では、 OpenShift で VM を作成するだけでなく、 VMware vSphere 、 Red Hat Virtualization 、 Red Hat OpenStack Platform の各環境からの VM のインポートもサポートします。

OpenShift 仮想化

NetApp ONTAP をベースにした OpenShift Virtualization では、ライブ VM 移行、 VM ディスククローニング、 VM スナップショットなどの一部の機能がサポートされており、 Astra Trident の支援を受けています。それぞれのセクションで、このドキュメントの後半で各ワークフローの例について説明します。

Red Hat OpenShift Virtualization の詳細については、のドキュメントを参照してください "こちらをご覧ください"