日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ワークフロー: NetApp ONTAP を使用した Red Hat OpenShift Virtualization

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snapshot から VM を作成します

Astra Trident と Red Hat OpenShift を使用すると、ユーザは、プロビジョニングされたストレージクラス上の永続的ボリュームのスナップショットを作成できます。この機能を使用すると、ボリュームのポイントインタイムコピーを作成して、そのコピーを使用して新しいボリュームを作成したり、同じボリュームを以前の状態にリストアしたりできます。これにより、ロールバックからクローン、データリストアまで、さまざまなユースケースを実現またはサポートできます。

OpenShift で Snapshot 処理を実行するには、リソース VolumeSnapshotClass 、 VolumeSnapshot 、および VolumeSnapshotContent を定義する必要があります。

  • VolumeSnapshotContent は、クラスタ内のボリュームから作成された実際の Snapshot です。このデータストアは、 Storage 用の PersistentVolume に似た、クラスタ全体のリソースです。

  • ボリューム Snapshot は、ボリュームの Snapshot 作成要求です。これは、 PersistentVolumeClaim に似ています。

  • VolumeSnapshotClass を使用すると、管理者はボリューム Snapshot のさまざまな属性を指定できます。これにより、同じボリュームから作成された異なる Snapshot に対して異なる属性を設定できます。

Snapshot アーキテクチャの VM

VM の Snapshot を作成するには、次の手順を実行します。

  1. ボリューム Snapshot を作成するために使用できるボリューム Snapshot クラスを作成します。Storage > VolumeSnapshotClasses の順に移動し、 Create VolumeSnapshotClass をクリックします。

  2. スナップショットクラスの名前を入力し、ドライバの csi.trident.netapp.io を入力して、 Create をクリックします。

    Snapshot クラスを作成します
  3. ソース VM に接続されている PVC を特定し、その PVC の Snapshot を作成します。「ストレージ」>「ボリュームスナップショット」と選択し、「ボリュームスナップショットの作成」をクリックします。

  4. Snapshot を作成する PVC を選択し、 Snapshot の名前を入力するか、デフォルトを受け入れて、適切な VolumeSnapshotClass を選択します。[ 作成 ] をクリックします。

    Snapshot を作成します
  5. これにより、その時点で PVC のスナップショットが作成されます。

スナップショットから新しい VM を作成します

  1. 最初に、スナップショットを新しい PVC に復元します。Storage > VolumeSnapshots と進み、リストアする Snapshot の横にある省略記号をクリックして、 Restore as new PVC (新しい PVC として復元)をクリックします。

  2. 新しい PVC の詳細を入力し、 Restore をクリックします。これにより、新しい PVC が作成されます。

    Snapshot を新しい PVC にリストアします
  3. 次に、この PVC から新しい VM を作成します。[Workloads (ワークロード) ] > [Virtualization (仮想化) ] > [Virtual Machines (仮想マシン) ] に移動し、 [Create (作成)

  4. spec>template>spec>volumes セクションで、コンテナディスクからではなく、スナップショットから作成された新しい PVC を指定します。新しい VM について、要件に応じてその他の詳細をすべて指定します。

    - name: rootdisk
      persistentVolumeClaim:
        claimName: rhel8-short-frog-rootdisk-28dvb-snapshot-restore
  5. Create をクリックして、新しい VM を作成します。

  6. VM が正常に作成されたら、にアクセスして、新しい VM の状態が、スナップショット作成時に PVC を使用してスナップショットを作成した VM の状態と同じであることを確認します。