日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

まとめ

寄稿者

このセクションでは、ネットアップが提供するさまざまな Hadoop データ保護要件を満たすユースケースとソリューションの概要を説明します。ネットアップのデータファブリックを使用することで、お客様は次のことが可能になります。

  • ネットアップの充実したデータ管理機能と Hadoop ネイティブワークフローとの統合により、適切なデータ保護ソリューションを柔軟に選択できます。

  • Hadoop クラスタのバックアップ時間を約 70% 短縮します。

  • Hadoop クラスタのバックアップによるパフォーマンスへの影響を排除します。

  • 異なるクラウドプロバイダからのマルチクラウドデータ保護とデータアクセスを、単一の分析データソースに同時に提供できます。

  • FlexClone テクノロジを使用すると、スペース効率に優れた高速な Hadoop クラスタコピーを作成できます。

追加情報の参照先

このドキュメントに記載されている情報の詳細については、以下のドキュメントや Web サイトを参照してください。

謝辞

  • ネットアップ、 ANZ 地域セールス担当、 Paul Burland 氏

  • ネットアップ、ビジネス開発マネージャー、 Hoseb Dermanilian 氏

  • ネットアップ、 MPSG ディレクター、 Lee Dorrior 氏

  • ネットアップ、 ANZ ビクトリア地区 SE 、システムエンジニア David Thiessen 氏

バージョン履歴

バージョン 日付 ドキュメントのバージョン履歴

バージョン 1.0 以降

2018 年 1 月

初版リリース

バージョン 2.0 以降

2021年10月

ユースケース 5 :分析ワークロードの高速化を更新