日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットアップのデータファブリックを基盤としたビッグデータアーキテクチャ

寄稿者

ネットアップのデータファブリックは、クラウド環境とオンプレミス環境全体でデータ管理を簡易化、統合することで、デジタル変革を加速します。

ネットアップのデータファブリックは、一貫した統合的データ管理サービスとアプリケーション(ビルディングブロック)を提供し、データの可視性と分析、データのアクセスと制御、データの保護とセキュリティを実現します。以下の図を参照してください。

エラー:グラフィックイメージがありません

実績のあるデータファブリックのユースケース

ネットアップのデータファブリックは、以下の 9 つのユースケースをお客様に提供します。

  • 分析ワークロードを高速化

  • DevOps 変革を加速

  • クラウドとホスティングのインフラ構築

  • クラウドデータサービスを統合

  • データの保護とセキュリティ

  • 非構造化データを最適化

  • データセンターの効率化

  • データの分析と管理を実現

  • 簡易化と自動化

このドキュメントでは、 9 つのユースケースのうち 2 つを取り上げ、それぞれのソリューションを紹介します。

  • 分析ワークロードを高速化

  • データの保護とセキュリティ

NetApp NFS への直接アクセス

NetApp NFS から直接アクセス(旧 NetApp In-Place Analytics Module )を使用すると、データを移動したりコピーしたりすることなく、既存または新規の NFSv3 / NFSv4 データに対してビッグデータ分析ジョブを実行できます。データの複数のコピーが作成されるため、ソースとデータを同期する必要がありません。たとえば、金融機関では、ある場所から別の場所へデータを移動する際に法的義務を果たす必要がありますが、これは容易な作業ではありません。このシナリオでは、 NetApp NFS の直接アクセスによって、元の場所から財務データが分析されます。もう 1 つの主な利点は、 NetApp NFS 直接アクセスを使用すると、ネイティブの Hadoop コマンドを使用して Hadoop データを保護しやすくなることと、ネットアップの充実したデータ管理ポートフォリオを活用してデータ保護ワークフローを実現できることです。

エラー:グラフィックイメージがありません

NetApp NFS 直接アクセスでは、 Hadoop クラスタと Spark クラスタに対して次の 2 種類の導入オプションを提供しています。

  • デフォルトでは、 Hadoop / Spark クラスタは、データストレージとデフォルトのファイルシステムに Hadoop Distributed File System ( HDFS ; Hadoop 分散ファイルシステム)を使用しています。NetApp NFS の直接アクセスを使用すると、デフォルトの HDFS をデフォルトのファイルシステムとして NFS ストレージに置き換えることができるため、 NFS データに対する直接分析処理が可能になります。

  • もう 1 つの導入オプションでは、 NetApp NFS 直接アクセスを使用して、 1 つの Hadoop / Spark クラスタ内に HDFS を追加のストレージとして構成することもできます。この場合、 NFS エクスポートを介してデータを共有し、 HDFS データと同じクラスタからデータにアクセスできます。

NetApp NFS 直接アクセスを使用する主な利点は次のとおりです。

  • 現在の場所からデータを分析するため、分析データを HDFS などの Hadoop インフラに移動する時間とパフォーマンスのかかるタスクは発生しません。

  • レプリカの数を 3 つから 1 つに減らします。

  • ユーザはコンピューティングとストレージを切り離して個別に拡張できます。

  • ONTAP の豊富なデータ管理機能を活用して、エンタープライズデータを保護します。

  • Hortonworks データプラットフォームで認定されています。

  • ハイブリッドデータ分析環境を実現

  • 動的なマルチスレッド機能を活用して、バックアップ時間を短縮します。

ビッグデータ向けのビルディングブロック

ネットアップのデータファブリックは、以下の図に示すように、データアクセス、制御、保護、セキュリティのためのデータ管理サービスとアプリケーション(ビルディングブロック)を統合しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

上の図の構成要素は次のとおりです。

  • * NetApp NFS 直接アクセス。 * 最新の Hadoop クラスタと Spark クラスタを、ソフトウェアやドライバの追加の必要なしに NetApp NFS ボリュームに直接アクセスできます。

  • * ネットアップの Cloud Volumes ONTAP とクラウドボリュームサービス。 * ソフトウェア定義型の接続ストレージ。 Amazon Web Services ( AWS )で実行されている ONTAP または Microsoft Azure クラウドサービスで実行されている Azure NetApp Files ( ANF )に基づいています。

  • * NetApp SnapMirror テクノロジ * 。オンプレミスと ONTAP クラウドインスタンスまたは NPS インスタンス間でデータ保護機能を提供します。

  • * クラウド・サービス・プロバイダー。 * これらのプロバイダーには、 AWS 、 Microsoft Azure 、 Google Cloud 、 IBM Cloud が含まれます。

  • * PaaS * AWS の Amazon Elastic MapReduce ( EMR )や Databricks 、 Microsoft Azure HDInsight 、 Azure Databricks などのクラウドベースの分析サービスを利用できます。