日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Virtual Volumes ( VVol )と Storage Policy Based Management ( SPBM )

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

VVol と SPBM について

ネットアップは、 vSphere Virtual Volumes ( VVol )の開発において VMware と初期の設計パートナーとして、アーキテクチャに関する情報提供と、 VVol および VMware vSphere APIs for Storage Awareness ( VASA )のサポートを提供していました。このアプローチにより、 VM のきめ細かなストレージ管理が VMFS にもたらされるだけでなく、 Storage Policy-Based Management ( SPBM )を通じてストレージプロビジョニングの自動化もサポートされています。

SPBM は、仮想化環境で使用できるストレージサービスと、プロビジョニングされたストレージ要素の間の抽象化レイヤとして機能するフレームワークを、ポリシーを通じて提供します。このアプローチにより、ストレージアーキテクトは、 VM 管理者が簡単に利用できるさまざまな機能を備えたストレージプールを設計できます。仮想マシンのワークロード要件をプロビジョニングされたストレージプールと照合することで、仮想マシンごとまたは仮想ディスクレベルのさまざまな設定をきめ細かく制御できます。

ONTAP は VVol の規模においてストレージ業界をリードし、 1 つのクラスタで数十万もの VVol をサポートします。一方、エンタープライズアレイや小規模なフラッシュアレイベンダーは、アレイあたり数千の VVol をサポートします。また、 VVOL 3.0 をサポートする機能が追加され、 VM のきめ細かな管理が進化しています。

注記 VMware vSphere Virtual Volumes 、 SPBM 、および ONTAP の詳細については、を参照してください "TR-4400 :『 VMware vSphere Virtual Volumes with ONTAP 』"