日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

vSphere VMFS データストア - Fibre Channel ストレージバックエンドに ONTAP を使用

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このタスクについて

このセクションでは、 ONTAP Fibre Channel ( FC ;ファイバチャネル)ストレージを使用した VMFS データストアの作成について説明します。

自動プロビジョニングの場合は、次のいずれかのスクリプトを使用します。 [PowerShell][Ansible]または [Terraform]

必要なもの

  • vSphere 環境およびを管理するために必要な基本的なスキル ONTAP

  • { ONTAP_version } を実行している ONTAP ストレージシステム( FAS/AFF/CVO/ONTAP Select / ASA )

  • ONTAP クレデンシャル( SVM 名、ユーザ ID 、パスワード)

  • ホスト、ターゲット、 SVM 、および LUN の情報の ONTAP WWPN

  • "入力した FC 構成ワークシート"

  • vCenter Server クレデンシャル

  • vSphere ホスト情報

    • { vsphere_version }

  • ファブリックスイッチ

    • 接続された ONTAP FC データポートと vSphere ホスト

    • N_Port ID Virtualization ( NPIV )機能が有効になっている場合

    • 単一のイニシエータの単一ターゲットゾーンを作成します。

      • イニシエータごとにゾーンを 1 つ作成します(単一のイニシエータゾーン)。

      • 各ゾーンに、 SVM の ONTAP FC 論理インターフェイス( WWPN )であるターゲットを含めます。SVM ごとに、ノードごとに少なくとも 2 つの論理インターフェイスが必要です。物理ポートの WWPN は使用しないでください。

  • VMware vSphere 向け ONTAP ツールの導入、設定、利用可能な状態

VMFS データストアのプロビジョニング

VMFS データストアをプロビジョニングするには、次の手順を実行します。

  1. との互換性を確認します "Interoperability Matrix Tool ( IMT )"

  2. を確認します "FCP 構成がサポートされています"

ONTAP タスク

  1. "FCP の ONTAP ライセンスがあることを確認します。"

    1. 「 system license show 」コマンドを使用して、 FCP が一覧表示されていることを確認します。

    2. ライセンスを追加するには 'license add-license-code <license code> を使用します

  2. SVM で FCP プロトコルが有効になっていることを確認します。

  3. FCP 論理インターフェイスが SVM で使用可能であることを確認します。

    1. 「 Network Interface show 」を使用して、 FCP アダプタを確認します。

    2. GUI を使用して SVM を作成する場合、論理インターフェイスはそのプロセスの一部です。

    3. ネットワーク・インターフェイスの名前を変更するには ' Network Interface modify を使用します

  4. "LUN を作成してマッピングします。" VMware vSphere 用の ONTAP ツールを使用する場合は、この手順を省略してください。

VMware vSphere タスク

  1. HBA ドライバがインストールされていることを確認します。VMware がサポートする HBA には、すぐに使用できるドライバが導入されています に表示されます "ストレージアダプタ情報"

  2. "ONTAP ツールを使用して VMFS データストアをプロビジョニングする"