日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

導入のベストプラクティス

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SMT の SVM のレイアウトとセグメント化

ONTAP では、 Storage Virtual Machine ( SVM )の概念を採用して、セキュアなマルチテナント環境で厳密にセグメント化します。ある SVM の SVM ユーザは、別の SVM のリソースにアクセスしたりリソースを管理したりすることはできませんこれにより、 ONTAP テクノロジを活用できます。ビジネスユニットごとに別々の SVM を作成して、同じクラスタ上で独自の SRM ワークフローを管理することで、全体的なストレージ効率を高めることができます。

SVM を対象としたアカウントと SVM 管理 LIF を使用して ONTAP を管理することを検討し、セキュリティ制御を強化するだけでなく、パフォーマンスも向上させます。SRA は、物理リソースを含むクラスタ全体のすべてのリソースを処理する必要がないため、 SVM を対象とした接続を使用する場合は本質的にパフォーマンスが向上します。その代わり、特定の SVM に抽象化された論理資産だけを認識する必要があります。

NAS プロトコルのみを使用する( SAN アクセスなし)場合は、次のパラメータを設定することで、 NAS 向けに最適化された新しいモードを利用することもできます( SRA と VASA は、アプライアンスで同じバックエンドサービスを使用するため)。

  1. コントロール・パネルに \\https://<IP address>:9083' からログインして '[Web Based CLI interface] をクリックします

  2. コマンド VP updateconfig -key=enable.qtree.enable -value=true' を実行します

  3. コマンド VP updateconfig -key=enable.optimized.sra_value =true' を実行します

  4. コマンド VP reloadconfig を実行します。

VVOL に ONTAP ツールを導入する際の考慮事項について説明します

SRM で VVol を使用する場合は、クラスタを対象としたクレデンシャルとクラスタ管理 LIF を使用してストレージを管理する必要があります。これは、 VM ストレージポリシーに必要なポリシーを満たすためには、 VASA Provider で基盤となる物理アーキテクチャを理解しておく必要があるためです。たとえば、オールフラッシュストレージを必要とするポリシーが設定されている場合、 VASA Provider では、どのシステムがオールフラッシュであるかを認識できる必要があります。

ONTAP Tools アプライアンスを管理している VVOL データストアに格納しないことを推奨します。その結果、アプライアンスがオフラインのためにアプライアンスのスワップ VVOL を作成できず、 VASA Provider の電源をオンにできなくなることがあります。

ONTAP 9 システムの管理に関するベストプラクティス

前述したように、クラスタまたは SVM を対象としたクレデンシャルと管理 LIF を使用して ONTAP クラスタを管理できます。パフォーマンスを最適化するために、 VVOL を使用していないときは SVM を対象としたクレデンシャルの使用を検討してください。ただし、その場合は、いくつかの要件について確認しておく必要があります。また、機能の一部は失われます。

  • デフォルトの vsadmin SVM アカウントには、 ONTAP ツールのタスクを実行するために必要なアクセスレベルがありません。そのため、新しい SVM アカウントを作成する必要があります。

  • ONTAP 9.8 以降を使用 https://<IP している場合は、 ONTAP の System Manager の Users メニューを使用して、 ONTAP ツールアプライアンスの JSON ファイル(アドレス: 9083/VSC/config/ )とともに、 RBAC の最小権限のユーザアカウントを作成することを推奨します。管理者パスワードを使用して JSON ファイルをダウンロードしてください。これは SVM またはクラスタを対象としたアカウントに使用できます。

    ONTAP 9.6 以前を使用している場合は、で使用可能な RBAC User Creator ( RUC )ツールを使用する必要があります "ネットアップサポートサイトの Toolchest"

  • vCenter UI プラグイン、 VASA Provider 、 SRA サーバはすべて完全に統合されたサービスであるため、 vCenter UI で ONTAP ツール用のストレージを追加する場合と同じ方法で、 SRM で SRA アダプタにストレージを追加する必要があります。そうしないと、 SRA サーバが SRA アダプタ経由で SRM から送信された要求を認識しない可能性があります。

  • SVM を対象としたクレデンシャルを使用している場合、 NFS パスのチェックは実行されませんこれは、物理的な場所が SVM から論理的に抽象化されているためです。ただしこれは原因の問題ではありません。最新の ONTAP システムで間接パスを使用してもパフォーマンスが著しく低下することはなくなりました。

  • Storage Efficiency によるアグリゲートのスペース削減量が報告されないことがあります。

  • サポートされている場合、負荷共有ミラーを更新することはできません。

  • SVM を対象としたクレデンシャルで管理されている ONTAP システムでは、 EMS ロギングが実行されない場合があり