Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VIワークロードドメインのプリンシパルストレージとしてのNFS

共同作成者

このシナリオでは、VCFにVIワークロードドメインを導入するためのプリンシパルストレージとしてNFSデータストアを構成する方法を説明します。必要に応じて、VCFのSDDC Managerで実行する必要がある手順について外部ドキュメントを参照し、ストレージ構成の部分に固有の手順について説明します。

作成者:Josh Powell、Ravi BCB

VIワークロードドメインのプリンシパルストレージとしてのNFS

シナリオの概要

このシナリオでは、次の手順の概要を説明します。

  • ONTAP Storage Virtual Machine(SVM)のネットワークと、NFSトラフィックを伝送するための論理インターフェイス(LIF)が存在することを確認してください。

  • ESXiホストからNFSボリュームへのアクセスを許可するエクスポートポリシーを作成します。

  • ONTAPストレージシステムにNFSボリュームを作成します。

  • SDDC ManagerでNFSトラフィックとvMotionトラフィック用のネットワークプールを作成します。

  • VIワークロードドメインで使用するためのVCF内のコミッションホスト。

  • NFSデータストアをプリンシパルストレージとして使用し、VCFにVIワークロードドメインを導入します。

  • NetApp NFS Plug-in for VMware VAAI をインストール

前提条件

このシナリオでは、次のコンポーネントと構成が必要です。

  • NFSトラフィックを許可するようにStorage Virtual Machine(SVM)が設定されたNetApp AFFストレージシステム。

  • NFSトラフィックを伝送するIPネットワークに論理インターフェイス(LIF)が作成されており、SVMに関連付けられています。

  • VCF管理ドメインの展開が完了し、SDDCマネージャインターフェイスにアクセスできます。

  • VCF管理ネットワーク上で通信用に構成されたESXiホスト×4

  • この目的のために確立されたVLANまたはネットワークセグメント上で、vMotionおよびNFSストレージトラフィック用に予約されているIPアドレス。

メモ VIワークロードドメインを導入する場合、VCFはNFSサーバへの接続を検証します。これは、NFS IPアドレスを使用してvmkernelアダプタを追加する前に、ESXiホスト上の管理アダプタを使用して行います。そのため、検証を続行するためには、1)管理ネットワークがNFSサーバにルーティング可能であること、または2)NFSデータストアボリュームをホストするSVMに管理ネットワーク用のLIFが追加されていることを確認する必要があります。

ONTAPストレージシステムの構成については、 "ONTAP 9ドキュメント" 中央(Center):

VCFの設定については、を参照してください。 "VMware Cloud Foundationのドキュメント"

導入手順

NFSデータストアをプリンシパルストレージとして使用するVIワークロードドメインを導入するには、次の手順を実行します。

ONTAP SVMのネットワークの確認

ONTAPストレージクラスタとVIワークロードドメインの間でNFSトラフィックを伝送するネットワークに対して、必要な論理インターフェイスが確立されていることを確認します。

  1. ONTAPシステムマネージャで、左側のメニューの*に移動し、NFSトラフィックに使用するSVMをクリックします。[概要]*タブの[ネットワークIPインターフェイス]で、[NFS]*の右側にある数値をクリックします。リストで、必要なLIF IPアドレスが表示されていることを確認します。

    SVMのLIFの確認

または、次のコマンドを使用して、ONTAP CLIからSVMに関連付けられているLIFを確認します。

network interface show -vserver <SVM_NAME>
  1. ESXiホストがONTAP NFSサーバと通信できることを確認します。SSHを使用してESXiホストにログインし、SVM LIFにpingを送信します。

vmkping <IP Address>
メモ VIワークロードドメインを導入する場合、VCFはNFSサーバへの接続を検証します。これは、NFS IPアドレスを使用してvmkernelアダプタを追加する前に、ESXiホスト上の管理アダプタを使用して行います。そのため、検証を続行するためには、1)管理ネットワークがNFSサーバにルーティング可能であること、または2)NFSデータストアボリュームをホストするSVMに管理ネットワーク用のLIFが追加されていることを確認する必要があります。
NFSボリュームを共有するためのエクスポートポリシーの作成

ONTAP System Managerでエクスポートポリシーを作成して、NFSボリュームのアクセス制御を定義します。

  1. ONTAPシステムマネージャの左側のメニュー*[Storage VM]*をクリックし、リストからSVMを選択します。

  2. [設定]タブで*[エクスポートポリシー]*を探し、矢印をクリックしてアクセスします。

    アクセスエクスポートポリシー

    {nbsp}

  3. ウィンドウでポリシーの名前を追加し、[新しいルールの追加]ボタンをクリックし、+[追加]*ボタンをクリックして新しいルールの追加を開始します。

    新しいエクスポートポリシー

    {nbsp}

  4. ルールに含めるIPアドレス、IPアドレス範囲、またはネットワークを入力します。ボックスと FlexCache *ボックスをオフにし、アクセスの詳細を選択します。ESXiホストにアクセスするには、[UNIX]ボックスを選択するだけで十分です。

    新しいルールを保存

    メモ VIワークロードドメインを導入する場合、VCFはNFSサーバへの接続を検証します。これは、NFS IPアドレスを使用してvmkernelアダプタを追加する前に、ESXiホスト上の管理アダプタを使用して行います。そのため、検証を続行するためには、エクスポートポリシーにVCF管理ネットワークを含める必要があります。
  5. すべてのルールを入力したら、*[保存]*ボタンをクリックして新しいエクスポートポリシーを保存します。

  6. または、ONTAP CLIでエクスポートポリシーとルールを作成することもできます。ONTAPのドキュメントで、エクスポートポリシーの作成とルールの追加の手順を参照してください。

NFSボリュームの作成

ワークロードドメイン環境でデータストアとして使用するNFSボリュームをONTAPストレージシステムに作成します。

  1. ONTAPシステムマネージャで、左側のメニュー*[ストレージ]>[ボリューム]に移動し、+追加*をクリックして新しいボリュームを作成します。

    新しいボリュームの追加

    {nbsp}

  2. ボリュームの名前を追加し、必要な容量を入力して、ボリュームをホストするStorage VMを選択します。[その他のオプション]*をクリックして続行します。

    ボリュームの詳細を追加

    {nbsp}

  3. [Access Permissions]で、NFSサーバとNFSトラフィックの両方の検証に使用する、VCF管理ネットワークまたはIPアドレスとNFSネットワークのIPアドレスを含むエクスポートポリシーを選択します。

    ボリュームの詳細を追加

    [+]
    {nbsp}

    メモ VIワークロードドメインを導入する場合、VCFはNFSサーバへの接続を検証します。これは、NFS IPアドレスを使用してvmkernelアダプタを追加する前に、ESXiホスト上の管理アダプタを使用して行います。そのため、検証を続行するためには、1)管理ネットワークがNFSサーバにルーティング可能であること、または2)NFSデータストアボリュームをホストするSVMに管理ネットワーク用のLIFが追加されていることを確認する必要があります。
  4. または、ONTAP CLIでONTAP Volumeを作成することもできます。詳細については、を参照してください "lun create をクリックします" コマンドについては、ONTAPコマンドのマニュアルを参照してください。

SDDC Managerでのネットワークプールの作成

ESXiホストをVI Workload Domainにデプロイする準備として、ESXiホストを試運転する前に、SDDC Managerでネットワークプールを作成する必要があります。ネットワークプールには、NFSサーバとの通信に使用するVMkernelアダプタのネットワーク情報とIPアドレス範囲が含まれている必要があります。

  1. SDDC ManagerのWebインターフェイスで、左側のメニューの*に移動し、+[ネットワークプールの作成]*ボタンをクリックします。

    ネットワークプールの作成

    {nbsp}

  2. ネットワークプールの名前を入力し、NFSのチェックボックスを選択して、ネットワークの詳細をすべて入力します。vMotionネットワーク情報について、この手順を繰り返します。

    ネットワークプールの構成

    {nbsp}

  3. [保存]*ボタンをクリックして、ネットワークプールの作成を完了します。

コミッションホスト

ESXiホストをワークロードドメインとして導入する前に、それらのホストをSDDC Managerインベントリに追加する必要があります。これには、必要な情報の提供、検証の合格、試運転プロセスの開始が含まれます。

詳細については、を参照してください "コミッションホスト" 『VCF Administration Guide』を参照してください。

  1. SDDCマネージャインターフェイスで、左側のメニューの*に移動し、[コミッションホスト]*ボタンをクリックします。

    コミッションホストの開始

    {nbsp}

  2. 最初のページは前提条件チェックリストです。続行するには、すべての前提条件を再確認し、すべてのチェックボックスをオンにします。

    前提条件の確認

    {nbsp}

  3. [ホストの追加と検証]ウィンドウで、[ホストFQDN ][ストレージタイプ]、*[ネットワークプール]の名前(ワークロードドメインに使用するvMotionおよびNFSストレージのIPアドレスを含む)、およびESXiホストへのアクセスに必要なクレデンシャルを入力します。[追加]*をクリックして、検証するホストグループにホストを追加します。

    "[Host Addition and Validationウィンドウ"]

    {nbsp}

  4. 検証するホストをすべて追加したら、*[すべて検証]*ボタンをクリックして続行します。

  5. すべてのホストが検証済みであることを確認したら、*[次へ]*をクリックして続行します。

    "すべて検証し、[Nextをクリックします。"]

    {nbsp}

  6. 委託するホストのリストを確認し、*[Commission]*ボタンをクリックしてプロセスを開始します。SDDCマネージャのタスクパネルからコミッショニングプロセスを監視します。

    "すべて検証し、[Nextをクリックします。"]

VIワークロードドメインの導入

VIワークロードドメインの導入には、VCF Cloud Managerインターフェイスを使用します。ここでは、ストレージ構成に関連する手順のみを示します。

VIワークロードドメインの導入手順については、を参照してください。 "SDDC Manager UIを使用したVIワークロードドメインの導入"

  1. SDDC Managerのダッシュボードで、右上隅にある*+ Workload Domain *をクリックして、新しいワークロードドメインを作成します。

    新しいワークロードドメインを作成する

    {nbsp}

  2. VI設定ウィザードで、[一般情報]、[クラスタ]、[コンピューティング]、[ネットワーク]、*[ホストの選択]*の各セクションに必要な情報を入力します。

VI Configurationウィザードで必要な情報の入力については、を参照してください。 "SDDC Manager UIを使用したVIワークロードドメインの導入"

[+]
VI構成ウィザード

  1. [NFS Storage]セクションで、[Datastore Name]、NFSボリュームのフォルダマウントポイント、およびONTAP NFS Storage VM LIFのIPアドレスを入力します。

    NFSストレージ情報の追加

    {nbsp}

  2. VI Configuration(VI設定)ウィザードでSwitch Configuration(スイッチの設定)とLicense(ライセンス)の手順を完了し、* Finish(終了)*をクリックしてWorkload Domainの作成プロセスを開始します。

    Complete VI Configurationウィザード

    {nbsp}

  3. プロセスを監視し、プロセス中に発生した検証の問題を解決します。

NetApp NFS Plug-in for VMware VAAI をインストール

NetApp NFS Plug-in for VMware VAAIは、ESXiホストにインストールされているVMware仮想ディスクライブラリを統合し、より高速なクローニング処理を実現します。VMware vSphereでONTAPストレージシステムを使用する場合は、この手順を推奨します。

NetApp NFS Plug-in for VMware VAAIの導入手順については、次のリンクを参照してください。 "NetApp NFS Plug-in for VMware VAAI をインストール"

この解決策のビデオデモ

VCFワークロードドメインのプリンシパルストレージとしてのNFSデータストア