日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB / CIFS 共有からの CSV ファイルの作成

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

次に、 CSV 形式でデータをダンプするコマンドを示します。サイズ列を合計してデータの合計サイズを確認できます。

xcp scan -match "((now-x.atime) / 3600) > 31*day" -fmt "'{}, {}, {}, {}'.format(relpath, name, strftime(x.atime, '%y-%m-%d-%H:%M:%S'), humanize_size(size))" -preserve-atime  >file.csv

次のような出力が表示されます。

erase\report_av_fp_cdot_crosstab.csvreport_av_fp_cdot_crosstab.csv20-01-29-10:26:2449.6MiB

3 つのサブディレクトリの深さまでスキャンし ' ソート順を指定するには 'XCP -du' コマンドを実行して ' 各ディレクトリ・レベルで 3 つのサブディレクトリの深さまでサイズをダンプします

./xcp  scan -du -depth 3 NFS_Server_IP:/source_vol
 

ソートするには、情報を CSV ファイルにダンプして情報をソートします。

xcp scan -match “type == d” -depth 3 -fmt "'{}, {}, {}, {}'.format(name, relpath, size)" NFS_Server_IP:/share > directory_report.csv

これは '-fmt' コマンドを使用するカスタム・レポートですすべてのディレクトリがスキャンされ、ディレクトリの名前、パス、およびサイズが CSV ファイルにダンプされます。サイズ列は、スプレッドシートアプリケーションでソートできます。