日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

7-Mode から ONTAP へのデータマイグレーション

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このセクションでは、 NetApp Data ONTAP 7-Mode から ONTAP にデータを移行する手順について詳しく説明します。

7-Mode の NFSv3 ストレージを ONTAP for NFS データに移行する

このセクション ONTAP では、次の表に示す、手順システムへのソースの 7-Mode NFSv3 エクスポートの移行の手順を説明します。

ソースの 7-Mode NFSv3 ボリュームがクライアントシステムにエクスポートされてマウントされ、 XCP が Linux システムにすでにインストールされていることを前提としています。

  1. ターゲット ONTAP システムが正常であることを確認します。

    CLUSTER::> cluster show
    Node                  Health  Eligibility
    --------------------- ------- ------------
    CLUSTER-01            true    true
    CLUSTER-02            true    true
    2 entries were displayed.
    CLUSTER::> node show
    Node      Health Eligibility Uptime        Model       Owner    Location
    --------- ------ ----------- ------------- ----------- -------- ---------------
    CLUSTER-01
              true   true        78 days 21:01 FAS8060              RTP
    CLUSTER-02
              true   true        78 days 20:50 FAS8060              RTP
    2 entries were displayed.
    CLUSTER::> storage failover show
                                  Takeover
    Node           Partner        Possible State Description
    -------------- -------------- -------- -------------------------------------
    CLUSTER-01     CLUSTER-02     true     Connected to CLUSTER-02
    CLUSTER-02     CLUSTER-01     true     Connected to CLUSTER-01
    2 entries were displayed.
  2. ターゲットシステムにルートではないアグリゲートが少なくとも 1 つ存在することを確認します。アグリゲートは正常な状態です。

    CLUSTER::> storage aggregate show
    Aggregate     Size Available Used% State   #Vols  Nodes            RAID Status
    --------- -------- --------- ----- ------- ------ ---------------- ------------
    aggr0      368.4GB   17.85GB   95% online       1 CLUSTER-01       raid_dp,
                                                                       normal
    aggr0_CLUSTER_02_0
               368.4GB   17.85GB   95% online       1 CLUSTER-02       raid_dp,
                                                                       normal
    source      1.23TB    1.10TB   11% online       6 CLUSTER-01       raid_dp,
                                                                       normal
    3 entries were displayed.

    データアグリゲートがない場合は、「 storage aggr create 」コマンドを使用して新しいアグリゲートを作成します。

  3. ターゲットクラスタシステムに Storage Virtual Machine ( SVM )を作成します。

    CLUSTER::> vserver create -vserver dest -rootvolume dest_root -aggregate poc -rootvolume-security-style mixed
    [Job 647] Job succeeded:
    Vserver creation completed
    Verify the security style and language settings of the source
    
    Verify that the SVM was successfully created.
    CLUSTER::> vserver show -vserver dest
                                        Vserver: dest
                                   Vserver Type: data
                                Vserver Subtype: default
                                   Vserver UUID: 91f6d786-0063-11e5-b114-00a09853a969
                                    Root Volume: dest_root
                                      Aggregate: poc
                                     NIS Domain: -
                     Root Volume Security Style: mixed
                                    LDAP Client: -
                   Default Volume Language Code: C.UTF-8
                                Snapshot Policy: default
                                        Comment:
                                   Quota Policy: default
                    List of Aggregates Assigned: -
     Limit on Maximum Number of Volumes allowed: unlimited
                            Vserver Admin State: running
                      Vserver Operational State: running
       Vserver Operational State Stopped Reason: -
                              Allowed Protocols: nfs, cifs, fcp, iscsi, ndmp
                           Disallowed Protocols: -
                Is Vserver with Infinite Volume: false
                               QoS Policy Group: -
                                    Config Lock: false
                                   IPspace Name: Default
  4. ターゲット SVM から FCP 、 iSCSI 、 NDMP 、 CIDS の各プロトコルを削除します。

    CLUSTER::> vserver remove-protocols -vserver dest -protocols fcp,iscsi,ndmp,cifs

    この SVM で許可されているプロトコルが NFS であることを確認してください。

    CLUSTER::> vserver show -vserver dest -fields allowed-protocols
    vserver allowed-protocols
    ------- -----------------
    dest    nfs
  5. デスティネーション SVM に読み書き可能な新しいデータボリュームを作成します。セキュリティ形式、言語設定、容量の要件がソースボリュームと同じであることを確認します。

    CLUSTER::> vol create -vserver dest -volume dest_nfs -aggregate poc -size 150g -type RW -state online -security-style mixed
    [Job 648] Job succeeded: Successful
  6. データ LIF を作成して NFS クライアントの要求に対応します。

    CLUSTER::> network interface create -vserver dest -lif dest_lif -address 10.61.73.115 -netmask 255.255.255.0 -role data -data-protocol nfs -home-node CLUSTER-01 -home-port e0l

    LIF が正常に作成されたことを確認します。

    CLUSTER::> network interface show -vserver dest
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    dest
                dest_lif
                             up/up    10.61.73.113/24    CLUSTER-01    e0i     true
  7. 必要に応じて、 SVM で静的ルートを作成します。

    CLUSTER::> network route create -vserver dest -destination 0.0.0.0/0 -gateway 192.168.100.111

    ルートが正常に作成されたことを確認します。

    CLUSTER::> network route show -vserver source
    Vserver             Destination     Gateway         Metric
    ------------------- --------------- --------------- ------
    dest
                        0.0.0.0/0       10.61.73.1      20
  8. ターゲットの NFS データボリュームを SVM ネームスペースにマウントします。

    CLUSTER::> volume mount -vserver dest -volume dest_nfs -junction-path /dest_nfs -active true

    ボリュームが正常にマウントされたことを確認します。

    CLUSTER::> volume show -vserver dest -fields junction-path
    vserver volume   junction-path
    ------- -------- -------------
    dest    dest_nfs /dest_nfs
    dest    dest_root
                     /
    2 entries were displayed.

    volume create コマンドを使用して ' ボリューム・マウント・オプション(ジャンクション・パス)を指定することもできます

  9. ターゲット SVM で NFS サービスを開始します。

    CLUSTER::> vserver nfs start -vserver dest

    サービスが開始され、実行されていることを確認します。

    CLUSTER::> vserver nfs status
    The NFS server is running on Vserver "dest".
    CLUSTER::> nfs show
    Vserver: dest
            General Access:  true
                        v3:  enabled
                      v4.0:  disabled
                       4.1:  disabled
                       UDP:  enabled
                       TCP:  enabled
      Default Windows User:  -
     Default Windows Group:  -
  10. デフォルトの NFS エクスポートポリシーがターゲット SVM に適用されていることを確認します。

    CLUSTER::> vserver export-policy show -vserver dest
    Vserver          Policy Name
    ---------------  -------------------
    dest             default
  11. 必要に応じて、ターゲット SVM 用の新しいカスタムエクスポートポリシーを作成します。

    CLUSTER::> vserver export-policy create -vserver dest -policyname xcpexportpolicy

    新しいカスタムエクスポートポリシーが作成されたことを確認します。

    CLUSTER::> vserver export-policy show -vserver dest
    Vserver          Policy Name
    ---------------  -------------------
    dest             default
    dest             xcpexportpolicy
    2 entries were displayed.
  12. NFS クライアントへのアクセスを許可するようにエクスポートポリシールールを変更します。

    CLUSTER::> export-policy rule modify -vserver dest -ruleindex 1 -policyname xcpexportpolicy -clientmatch 0.0.0.0/0 -rorule any -rwrule any -anon 0
    Verify the policy rules have modified
    CLUSTER::> export-policy rule show -instance
                                        Vserver: dest
                                    Policy Name: xcpexportpolicy
                                     Rule Index: 1
                                Access Protocol: nfs3
    Client Match Hostname, IP Address, Netgroup, or Domain: 0.0.0.0/0
                                 RO Access Rule: none
                                 RW Access Rule: none
    User ID To Which Anonymous Users Are Mapped: 65534
                       Superuser Security Types: none
                   Honor SetUID Bits in SETATTR: true
                      Allow Creation of Devices: true
  13. クライアントがボリュームへのアクセスを許可されていることを確認します。

    CLUSTER::> export-policy check-access -vserver dest -volume dest_nfs -client-ip 10.61.82.215 -authentication-method none -protocol nfs3 -access-type read-write
                                             Policy    Policy       Rule
    Path                          Policy     Owner     Owner Type  Index Access
    ----------------------------- ---------- --------- ---------- ------ ----------
    /                             xcpexportpolicy
                                             dest_root volume          1 read
    /dest_nfs                     xcpexportpolicy
                                             dest_nfs  volume          1 read-write
    2 entries were displayed.
  14. Linux NFS サーバに接続します。NFS エクスポートボリュームのマウントポイントを作成します。

    [root@localhost /]# cd /mnt
    [root@localhost mnt]# mkdir dest
  15. このマウントポイントに、ターゲットの NFSv3 エクスポートボリュームをマウントします。

    注記 NFSv3 ボリュームはエクスポートする必要がありますが、 NFS サーバでマウントする必要はありません。マウント可能な場合は、 XCP Linux ホストクライアントでこれらのボリュームをマウントします。
    [root@localhost mnt]# mount -t nfs 10.61.73.115:/dest_nfs /mnt/dest

    マウントポイントが正常に作成されたことを確認します。

    [root@ localhost /]# mount | grep nfs
    10.61.73.115:/dest_nfs on /mnt/dest type nfs (rw,relatime,vers=3,rsize=65536,wsize=65536,namlen=255,hard,proto=tcp,timeo=600,retrans=2,sec=sys,mountaddr=10.61.82.215,mountvers=3,mountport=4046,mountproto=udp,local_lock=none,addr=10.61.73.115)
  16. NFS エクスポートマウントポイントにテストファイルを作成して、読み取り / 書き込みアクセスを有効にします。

    [root@localhost dest]# touch test.txt
    Verify the file is created
    [root@localhost dest]# ls -l
    total 0
    -rw-r--r-- 1 root bin 0 Jun  2 03:16 test.txt
    注記 読み取り / 書き込みテストが完了したら、ターゲットの NFS マウントポイントからファイルを削除します。
  17. XCP がインストールされている Linux クライアントシステムに接続します。XCP のインストールパスを参照します。

    [root@localhost ~]# cd /linux/
    [root@localhost linux]#
  18. XCP Linux クライアントホストシステムで「 XCP show 」コマンドを実行して、ソースの 7-Mode NFSv3 エクスポートを照会します。

    [root@localhost]#./xcp show 10.61.82.215
    == NFS Exports ==
    Mounts  Errors  Server
          4       0  10.61.82.215
         Space    Files      Space    Files
          Free     Free       Used     Used Export
      23.7 GiB  778,134    356 KiB       96 10.61.82.215:/vol/nfsvol1
      17.5 GiB  622,463   1.46 GiB      117 10.61.82.215:/vol/nfsvol
       328 GiB    10.8M   2.86 GiB    7,904 10.61.82.215:/vol/vol0/home
       328 GiB    10.8M   2.86 GiB    7,904 10.61.82.215:/vol/vol0
    == Attributes of NFS Exports ==
    drwxr-xr-x --- root wheel 4KiB 4KiB 2d21h 10.61.82.215:/vol/nfsvol1
    drwxr-xr-x --- root wheel 4KiB 4KiB 2d21h 10.61.82.215:/vol/nfsvol
    drwxrwxrwx --t root wheel 4KiB 4KiB 9d22h 10.61.82.215:/vol/vol0/home
    drwxr-xr-x --- root wheel 4KiB 4KiB  4d0h 10.61.82.215:/vol/vol0
    3.89 KiB in (5.70 KiB/s), 7.96 KiB out (11.7 KiB/s), 0s.
  19. ソースの NFSv3 エクスポートパスをスキャンし、ファイル構造の統計を出力します。

    XCP では、ソースの NFSv3 エクスポートは「 can 」、「 copy 」、「 sync 」の各処理で読み取り専用モードにすることを推奨します。

    [root@localhost /]# ./xcp scan 10.61.82.215:/vol/nfsvol
    nfsvol
    nfsvol/n5000-uk9.5.2.1.N1.1.bin
    nfsvol/821_q_image.tgz
    nfsvol/822RC2_q_image.tgz
    nfsvol/NX5010_12_node_RCF_v1.3.txt
    nfsvol/n5000-uk9-kickstart.5.2.1.N1.1.bin
    nfsvol/NetApp_CN1610_1.1.0.5.stk
    nfsvol/glibc-common-2.7-2.x86_64.rpm
    nfsvol/glibc-2.7-2.x86_64.rpm
    nfsvol/rhel-server-5.6-x86_64-dvd.iso.filepart
    nfsvol/xcp
    nfsvol/xcp_source
    nfsvol/catalog
    23 scanned, 7.79 KiB in (5.52 KiB/s), 1.51 KiB out (1.07 KiB/s), 1s.
  20. ソースの 7-Mode NFSv3 エクスポートを、ターゲット ONTAP システムの NFSv3 エクスポートにコピーします。

    [root@localhost /]# ./xcp copy 10.61.82.215:/vol/nfsvol 10.61.73.115:/dest_nfs
     44 scanned, 39 copied, 264 MiB in (51.9 MiB/s), 262 MiB out (51.5 MiB/s), 5s
     44 scanned, 39 copied, 481 MiB in (43.3 MiB/s), 479 MiB out (43.4 MiB/s), 10s
     44 scanned, 40 copied, 748 MiB in (51.2 MiB/s), 747 MiB out (51.3 MiB/s), 16s
     44 scanned, 40 copied, 1.00 GiB in (55.9 MiB/s), 1.00 GiB out (55.9 MiB/s), 21s
     44 scanned, 40 copied, 1.21 GiB in (42.8 MiB/s), 1.21 GiB out (42.8 MiB/s), 26s
    Sending statistics...
    44 scanned, 43 copied, 1.46 GiB in (47.6 MiB/s), 1.45 GiB out (47.6 MiB/s), 31s.
  21. コピーが完了したら、ソースとデスティネーションの NFSv3 エクスポートに同一のデータがあることを確認します。「 XCP verify 」コマンドを実行します。

    [root@localhost /]# ./xcp verify 10.61.82.215:/vol/nfsvol 10.61.73.115:/dest_nfs
    44 scanned, 44 found, 28 compared, 27 same data, 2.41 GiB in (98.4 MiB/s), 6.25 MiB out (255 KiB/s), 26s
    44 scanned, 44 found, 30 compared, 29 same data, 2.88 GiB in (96.4 MiB/s), 7.46 MiB out (249 KiB/s), 31s
    44 scanned, 100% found (43 have data), 43 compared, 100% verified (data, attrs, mods), 2.90 GiB in (92.6 MiB/s), 7.53 MiB out (240 KiB/s), 32s.

    送信元データと宛先データの間に相違がある場合 'XCP verify' はサマリーにエラー NO such file or directory を報告しますこの問題を修正するには、「 XCP sync 」コマンドを実行して、ソースの変更を宛先にコピーします。

  22. カットオーバーの前後に、もう一度「ライフル」を実行します。ソースに新規または更新されたデータがある場合は、差分更新を実行します。「 XCP sync 」コマンドを実行します。

    For this operation, the previous copy index name or number is required.
    [root@localhost /]# ./xcp sync -id 3
    Index: {source: '10.61.82.215:/vol/nfsvol', target: '10.61.73.115:/dest_nfs1'}
    64 reviewed, 64 checked at source, 6 changes, 6 modifications, 51.7 KiB in (62.5 KiB/s), 22.7 KiB out (27.5 KiB/s), 0s.
    xcp: sync '3': Starting search pass for 1 modified directory...
    xcp: sync '3': Found 6 indexed files in the 1 changed directory
    xcp: sync '3': Rereading the 1 modified directory to find what's new...
    xcp: sync '3': Deep scanning the 1 directory that changed...
    11 scanned, 11 copied, 12.6KiB in (6.19KiBps), 9.50 KiB out (4.66KiBps), 2s.
  23. 以前に中断されたコピー操作を再開するには 'XCP RESUME コマンドを実行します

    [root@localhost /]# ./xcp resume -id 4
    Index: {source: '10.61.82.215:/vol/nfsvol', target: '10.61.73.115:/dest_nfs7'}
    xcp: resume '4': WARNING: Incomplete index.
    xcp: resume '4': Found 18 completed directories and 1 in progress
    106 reviewed, 24.2 KiB in (30.3 KiB/s), 7.23 KiB out (9.06 KiB/s), 0s.
    xcp: resume '4': Starting second pass for the in-progress directory...
    xcp: resume '4': Found 3 indexed directories and 0 indexed files in the 1 in-progress directory
    xcp: resume '4': In progress dirs: unindexed 1, indexed 0
    xcp: resume '4': Resuming the 1 in-progress directory...
     20 scanned, 7 copied, 205 MiB in (39.6 MiB/s), 205 MiB out (39.6 MiB/s), 5s
     20 scanned, 14 copied, 425 MiB in (42.1 MiB/s), 423 MiB out (41.8 MiB/s), 11s
     20 scanned, 14 copied, 540 MiB in (23.0 MiB/s), 538 MiB out (23.0 MiB/s), 16s
     20 scanned, 14 copied, 721 MiB in (35.6 MiB/s), 720 MiB out (35.6 MiB/s), 21s
     20 scanned, 15 copied, 835 MiB in (22.7 MiB/s), 833 MiB out (22.7 MiB/s), 26s
     20 scanned, 16 copied, 1007 MiB in (34.3 MiB/s), 1005 MiB out (34.3 MiB/s), 31s
     20 scanned, 17 copied, 1.15 GiB in (33.9 MiB/s), 1.15 GiB out (33.9 MiB/s), 36s
     20 scanned, 17 copied, 1.27 GiB in (25.5 MiB/s), 1.27 GiB out (25.5 MiB/s), 41s
     20 scanned, 17 copied, 1.45 GiB in (36.1 MiB/s), 1.45 GiB out (36.1 MiB/s), 46s
     20 scanned, 17 copied, 1.69 GiB in (48.7 MiB/s), 1.69 GiB out (48.7 MiB/s), 51s
    Sending statistics...
    20 scanned, 20 copied, 21 indexed, 1.77 GiB in (33.5 MiB/s), 1.77 GiB out (33.4 MiB/s), 54s.

    「ファイルのコピーが完了したら、「グリフィ」を再度実行して、ソースストレージとデスティネーションストレージのデータが同一になるようにします。

  24. NFSv3 クライアントホストは、 7-Mode ストレージからプロビジョニングされたソースの NFSv3 エクスポートをアンマウントし、ターゲットの NFSv3 エクスポートを ONTAP からマウントする必要があります。カットオーバーには停止が必要です。

7-Mode ボリュームの Snapshot コピーを ONTAP に移行する

このセクションでは、ソースの 7-Mode ボリュームの NetApp Snapshot コピーを ONTAP に移行する手順について説明します。

注記 ソースの 7-Mode ボリュームがクライアントシステムにエクスポートされてマウントされ、 XCP が Linux システムにすでにインストールされていることを前提としています。Snapshot コピーはボリュームのポイントインタイムイメージであり、前回の Snapshot コピー作成後の差分変更を記録します。7-Mode システムをソースとして「 snap 」オプションを使用します。
  • 警告: * ベースの Snapshot コピーを保持します。ベースラインコピーが完了したあとにベース Snapshot コピーを削除しないでください。以降の同期処理にはベースの Snapshot コピーが必要です。

    1. ターゲット ONTAP システムが正常であることを確認します。

      CLUSTER::> cluster show
      Node                  Health  Eligibility
      --------------------- ------- ------------
      CLUSTER-01            true    true
      CLUSTER-02            true    true
      2 entries were displayed.
      CLUSTER::> node show
      Node      Health Eligibility Uptime        Model       Owner    Location
      --------- ------ ----------- ------------- ----------- -------- ---------------
      CLUSTER-01
                true   true        78 days 21:01 FAS8060              RTP
      CLUSTER-02
                true   true        78 days 20:50 FAS8060              RTP
      2 entries were displayed.
      CLUSTER::> storage failover show
                                    Takeover
      Node           Partner        Possible State Description
      -------------- -------------- -------- -------------------------------------
      CLUSTER-01     CLUSTER-02     true     Connected to CLUSTER-02
      CLUSTER-02     CLUSTER-01     true     Connected to CLUSTER-01
      2 entries were displayed.
    2. ターゲットシステムにルートではないアグリゲートが少なくとも 1 つ存在することを確認します。アグリゲートは正常な状態です。

      CLUSTER::> storage aggregate show
      Aggregate     Size Available Used% State   #Vols  Nodes            RAID Status
      --------- -------- --------- ----- ------- ------ ---------------- ------------
      aggr0      368.4GB   17.85GB   95% online       1 CLUSTER-01       raid_dp,
                                                                         normal
      aggr0_CLUSTER_02_0
                 368.4GB   17.85GB   95% online       1 CLUSTER-02       raid_dp,
                                                                         normal
      source      1.23TB    1.10TB   11% online       6 CLUSTER-01       raid_dp,
                                                                         normal
      3 entries were displayed.

      データアグリゲートがない場合は、「 storage aggr create 」コマンドを使用して新しいアグリゲートを作成します。

    3. ターゲットクラスタシステムに SVM を作成します。

      CLUSTER::> vserver create -vserver dest -rootvolume dest_root -aggregate poc -rootvolume-security-style mixed
      [Job 647] Job succeeded:
      Vserver creation completed
      Verify the security style and language settings of the source
      
      Verify that the SVM was successfully created.
      CLUSTER::> vserver show -vserver dest
                                          Vserver: dest
                                     Vserver Type: data
                                  Vserver Subtype: default
                                     Vserver UUID: 91f6d786-0063-11e5-b114-00a09853a969
                                      Root Volume: dest_root
                                        Aggregate: poc
                                       NIS Domain: -
                       Root Volume Security Style: mixed
                                      LDAP Client: -
                     Default Volume Language Code: C.UTF-8
                                  Snapshot Policy: default
                                          Comment:
                                     Quota Policy: default
                      List of Aggregates Assigned: -
       Limit on Maximum Number of Volumes allowed: unlimited
                              Vserver Admin State: running
                        Vserver Operational State: running
         Vserver Operational State Stopped Reason: -
                                Allowed Protocols: nfs, cifs, fcp, iscsi, ndmp
                             Disallowed Protocols: -
                  Is Vserver with Infinite Volume: false
                                 QoS Policy Group: -
                                      Config Lock: false
                                     IPspace Name: Default
    4. ターゲット SVM から FCP 、 iSCSI 、 NDMP 、および CIFS の各プロトコルを削除します。

      CLUSTER::> vserver remove-protocols -vserver dest -protocols fcp,iscsi,ndmp,cifs
      Verify that NFS is the allowed protocol for this SVM.
      CLUSTER::> vserver show -vserver dest -fields allowed-protocols
      vserver allowed-protocols
      ------- -----------------
      dest    nfs
    5. デスティネーション SVM に読み書き可能な新しいデータボリュームを作成します。セキュリティ形式、言語設定、容量の要件がソースボリュームと同じであることを確認します。

      CLUSTER::> vol create -vserver dest -volume dest_nfs -aggregate poc -size 150g -type RW -state online -security-style mixed
      [Job 648] Job succeeded: Successful
    6. データ LIF を作成して NFS クライアントの要求に対応します。

      CLUSTER::> network interface create -vserver dest -lif dest_lif -address 10.61.73.115 -netmask 255.255.255.0 -role data -data-protocol nfs -home-node CLUSTER-01 -home-port e0l

      LIF が正常に作成されたことを確認します。

      CLUSTER::> network interface show -vserver dest
                  Logical    Status     Network            Current       Current Is
      Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
      ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
      dest
                  dest_lif
                               up/up    10.61.73.113/24    CLUSTER-01    e0i     true
    7. 必要に応じて、 SVM を使用して静的ルートを作成します。

      CLUSTER::> network route create -vserver dest -destination 0.0.0.0/0 -gateway 192.168.100.111

      ルートが正常に作成されたことを確認します。

      CLUSTER::> network route show -vserver source
      Vserver             Destination     Gateway         Metric
      ------------------- --------------- --------------- ------
      dest
                          0.0.0.0/0       10.61.73.1      20
    8. ターゲットの NFS データボリュームを SVM ネームスペースにマウントします。

      CLUSTER::> volume mount -vserver dest -volume dest_nfs -junction-path /dest_nfs -active true

      ボリュームが正常にマウントされたことを確認します。

      CLUSTER::> volume show -vserver dest -fields junction-path
      vserver volume   junction-path
      ------- -------- -------------
      dest    dest_nfs /dest_nfs
      dest    dest_root
                       /
      2 entries were displayed.

      volume create コマンドを使用して ' ボリューム・マウント・オプション(ジャンクション・パス)を指定することもできます

    9. ターゲット SVM で NFS サービスを開始します。

      CLUSTER::> vserver nfs start -vserver dest

      サービスが開始され、実行されていることを確認します。

      CLUSTER::> vserver nfs status
      The NFS server is running on Vserver "dest".
      CLUSTER::> nfs show
      Vserver: dest
              General Access:  true
                          v3:  enabled
                        v4.0:  disabled
                         4.1:  disabled
                         UDP:  enabled
                         TCP:  enabled
        Default Windows User:  -
       Default Windows Group:  -
    10. デフォルトの NFS エクスポートポリシーがターゲット SVM に適用されていることを確認します。

      CLUSTER::> vserver export-policy show -vserver dest
      Vserver          Policy Name
      ---------------  -------------------
      dest             default
    11. 必要に応じて、ターゲット SVM 用の新しいカスタムエクスポートポリシーを作成します。

      CLUSTER::> vserver export-policy create -vserver dest -policyname xcpexportpolicy

      新しいカスタムエクスポートポリシーが作成されたことを確認します。

      CLUSTER::> vserver export-policy show -vserver dest
      Vserver          Policy Name
      ---------------  -------------------
      dest             default
      dest             xcpexportpolicy
      2 entries were displayed.
    12. エクスポートポリシールールを変更して、ターゲットシステム上の NFS クライアントへのアクセスを許可します。

      CLUSTER::> export-policy rule modify -vserver dest -ruleindex 1 -policyname xcpexportpolicy -clientmatch 0.0.0.0/0 -rorule any -rwrule any -anon 0
      Verify the policy rules have modified
      CLUSTER::> export-policy rule show -instance
                                          Vserver: dest
                                      Policy Name: xcpexportpolicy
                                       Rule Index: 1
                                  Access Protocol: nfs3
      Client Match Hostname, IP Address, Netgroup, or Domain: 0.0.0.0/0
                                   RO Access Rule: none
                                   RW Access Rule: none
      User ID To Which Anonymous Users Are Mapped: 65534
                         Superuser Security Types: none
                     Honor SetUID Bits in SETATTR: true
                        Allow Creation of Devices: true
    13. クライアントがターゲットボリュームにアクセスできることを確認します。

      CLUSTER::> export-policy check-access -vserver dest -volume dest_nfs -client-ip 10.61.82.215 -authentication-method none -protocol nfs3 -access-type read-write
                                               Policy    Policy       Rule
      Path                          Policy     Owner     Owner Type  Index Access
      ----------------------------- ---------- --------- ---------- ------ ----------
      /                             xcpexportpolicy
                                               dest_root volume          1 read
      /dest_nfs                     xcpexportpolicy
                                               dest_nfs  volume          1 read-write
      2 entries were displayed.
    14. Linux NFS サーバに接続します。NFS エクスポートボリュームのマウントポイントを作成します。

      [root@localhost /]# cd /mnt
      [root@localhost mnt]# mkdir dest
    15. このマウントポイントに、ターゲットの NFSv3 エクスポートボリュームをマウントします。

      注記 NFSv3 ボリュームはエクスポートする必要がありますが、 NFS サーバでマウントする必要はありません。マウント可能な場合は、 XCP Linux ホストクライアントでこれらのボリュームをマウントします。
      [root@localhost mnt]# mount -t nfs 10.61.73.115:/dest_nfs /mnt/dest

      マウントポイントが正常に作成されたことを確認します。

      [root@ localhost /]# mount | grep nfs
      10.61.73.115:/dest_nfs on /mnt/dest type nfs
    16. NFS エクスポートマウントポイントにテストファイルを作成して、読み取り / 書き込みアクセスを有効にします。

      [root@localhost dest]# touch test.txt
      Verify the file is created
      [root@localhost dest]# ls -l
      total 0
      -rw-r--r-- 1 root bin 0 Jun  2 03:16 test.txt
      注記 読み取り / 書き込みテストが完了したら、ターゲットの NFS マウントポイントからファイルを削除します。
    17. XCP がインストールされている Linux クライアントシステムに接続します。XCP のインストールパスを参照します。

      [root@localhost ~]# cd /linux/
      [root@localhost linux]#
    18. XCP Linux クライアントホストシステムで「 XCP show 」コマンドを実行して、ソースの 7-Mode NFSv3 エクスポートを照会します。

      [root@localhost]#./xcp show 10.61.82.215
      == NFS Exports ==
      Mounts  Errors  Server
            4       0  10.61.82.215
           Space    Files      Space    Files
            Free     Free       Used     Used Export
        23.7 GiB  778,134    356 KiB       96 10.61.82.215:/vol/nfsvol1
        17.5 GiB  622,463   1.46 GiB      117 10.61.82.215:/vol/nfsvol
         328 GiB    10.8M   2.86 GiB    7,904 10.61.82.215:/vol/vol0/home
         328 GiB    10.8M   2.86 GiB    7,904 10.61.82.215:/vol/vol0
      == Attributes of NFS Exports ==
      drwxr-xr-x --- root wheel 4KiB 4KiB 2d21h 10.61.82.215:/vol/nfsvol1
      drwxr-xr-x --- root wheel 4KiB 4KiB 2d21h 10.61.82.215:/vol/nfsvol
      drwxrwxrwx --t root wheel 4KiB 4KiB 9d22h 10.61.82.215:/vol/vol0/home
      drwxr-xr-x --- root wheel 4KiB 4KiB  4d0h 10.61.82.215:/vol/vol0
      3.89 KiB in (5.70 KiB/s), 7.96 KiB out (11.7 KiB/s), 0s.
    19. ソースの NFSv3 エクスポートパスをスキャンし、ファイル構造の統計を出力します。

      ソースの NFSv3 エクスポートは、 XCP スキャン、「 copy 」、および「 sync 」処理の間に読み取り専用モードにすることを推奨します。'sync' 操作では '-snap' オプションに対応する値を渡す必要があります

      [root@localhost /]# ./xcp scan 10.61.82.215:/vol/nfsvol/.snapshot/snap1
      nfsvol
      nfsvol/n5000-uk9.5.2.1.N1.1.bin
      nfsvol/821_q_image.tgz
      nfsvol/822RC2_q_image.tgz
      nfsvol/NX5010_12_node_RCF_v1.3.txt
      nfsvol/n5000-uk9-kickstart.5.2.1.N1.1.bin
      nfsvol/catalog
      23 scanned, 7.79 KiB in (5.52 KiB/s), 1.51 KiB out (1.07 KiB/s), 1s.
      [root@scspr1202780001 vol_acl4]# ./xcp  sync -id 7msnap1  -snap 10.236.66.199:/vol/nfsvol/.snapshot/snap10
      (show scan and sync)
    20. ソースの 7-Mode NFSv3 Snapshot (ベース)をターゲット ONTAP システムの NFSv3 エクスポートにコピーします。

      [root@localhost /]# /xcp copy 10.61.82.215:/vol/nfsvol/.snapshot/snap1
      10.61.73.115:/dest_nfs
       44 scanned, 39 copied, 264 MiB in (51.9 MiB/s), 262 MiB out (51.5 MiB/s), 5s
       44 scanned, 39 copied, 481 MiB in (43.3 MiB/s), 479 MiB out (43.4 MiB/s), 10s
       44 scanned, 40 copied, 748 MiB in (51.2 MiB/s), 747 MiB out (51.3 MiB/s), 16s
       44 scanned, 40 copied, 1.00 GiB in (55.9 MiB/s), 1.00 GiB out (55.9 MiB/s), 21s
       44 scanned, 40 copied, 1.21 GiB in (42.8 MiB/s), 1.21 GiB out (42.8 MiB/s), 26s
      Sending statistics...
      44 scanned, 43 copied, 1.46 GiB in (47.6 MiB/s), 1.45 GiB out (47.6 MiB/s), 31s.
      注記 このベース Snapshot は今後の同期処理用に保持します。
    21. コピーが完了したら、ソースとデスティネーションの NFSv3 エクスポートに同一のデータがあることを確認します。「 XCP verify 」コマンドを実行します。

      [root@localhost /]# ./xcp verify 10.61.82.215:/vol/nfsvol 10.61.73.115:/dest_nfs
      44 scanned, 44 found, 28 compared, 27 same data, 2.41 GiB in (98.4 MiB/s), 6.25 MiB out (255 KiB/s), 26s
      44 scanned, 44 found, 30 compared, 29 same data, 2.88 GiB in (96.4 MiB/s), 7.46 MiB out (249 KiB/s), 31s
      44 scanned, 100% found (43 have data), 43 compared, 100% verified (data, attrs, mods), 2.90 GiB in (92.6 MiB/s), 7.53 MiB out (240 KiB/s), 32s.

      「 ve rify 」でソース・データとデスティネーション・データの違いが検出された場合、「 No such file or directory 」というエラーが要約に報告されます。この問題を修正するには、「 XCP sync 」コマンドを実行して、ソースの変更を宛先にコピーします。

    22. カットオーバーの前後に、もう一度「ライフル」を実行します。ソースに新規または更新されたデータがある場合は、差分更新を実行します。増分変更がある場合は、これらの変更の新しい Snapshot コピーを作成し、そのスナップショットパスを sync 操作のための「 -snap' 」オプションで渡します。

      --snap オプションとスナップショット・パスを指定して 'XCP sync コマンドを実行します

     [root@localhost /]# ./xcp sync -id 3
    Index: {source: '10.61.82.215:/vol/nfsvol/.snapshot/snap1', target: '10.61.73.115:/dest_nfs1'}
    64 reviewed, 64 checked at source, 6 changes, 6 modifications, 51.7 KiB in (62.5
    KiB/s), 22.7 KiB out (27.5 KiB/s), 0s.
    xcp: sync '3': Starting search pass for 1 modified directory...
    xcp: sync '3': Found 6 indexed files in the 1 changed directory
    xcp: sync '3': Rereading the 1 modified directory to find what's new...
    xcp: sync '3': Deep scanning the 1 directory that changed...
    11 scanned, 11 copied, 12.6 KiB in (6.19 KiB/s), 9.50 KiB out (4.66 KiB/s), 2s..

    +

    注記 この処理にはベース Snapshot が必要です。
    1. 以前に中断されたコピー操作を再開するには 'XCP RESUME コマンドを実行します

      [root@scspr1202780001 534h_dest_vol]# ./xcp resume -id 3
      XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxxxx [NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
      xcp: Index: {source: '10.61.82.215:/vol/nfsvol',/.snapshot/snap1, target: 10.237.160.55:/dest_vol}
      xcp: resume '7msnap_res1': Reviewing the incomplete index...
      xcp: diff '7msnap_res1': Found 143 completed directories and 230 in progress
      39,688 reviewed, 1.28 MiB in (1.84 MiB/s), 13.3 KiB out (19.1 KiB/s), 0s.
      xcp: resume '7msnap_res1': Starting second pass for the in-progress directories...
      xcp: resume '7msnap_res1': Resuming the in-progress directories...
      xcp: resume '7msnap_res1': Resumed command: copy {-newid: u'7msnap_res1'}
      xcp: resume '7msnap_res1': Current options: {-id: '7msnap_res1'}
      xcp: resume '7msnap_res1': Merged options: {-id: '7msnap_res1', -newid: u'7msnap_res1'}
      xcp: resume '7msnap_res1': Values marked with a * include operations before resume
       68,848 scanned*, 54,651 copied*, 39,688 indexed*, 35.6 MiB in (7.04 MiB/s), 28.1 MiB out (5.57 MiB/s), 5s
    2. NFSv3 クライアントホストは、 7-Mode ストレージからプロビジョニングされたソースの NFSv3 エクスポートをアンマウントし、ターゲットの NFSv3 エクスポートを ONTAP からマウントする必要があります。このカットオーバーには停止が必要です。

ACLv4 を NetApp 7-Mode からネットアップストレージシステムに移行する

このセクションでは、ソースの NFSv4 エクスポートを ONTAP システムに移行するためのステップバイステップの手順について説明します。

注記 ソースの NFSv4 ボリュームがクライアントシステムにエクスポートされてマウントされ、 XCP が Linux システムにすでにインストールされていることを前提としています。ソースは、 ACL をサポートする NetApp 7-Mode システムである必要があります。ACL の移行はネットアップからネットアップへのみサポートされます。名前に特殊文字を含むファイルをコピーするには、ソースとデスティネーションが UTF-8 エンコード言語をサポートしていることを確認します。

ソースの NFSv4 エクスポートを ONTAP に移行するための前提条件

ソースの NFSv4 エクスポートを ONTAP に移行する前に、次の前提条件を満たしている必要があります。

  • デスティネーションシステムで NFSv4 を設定しておく必要があります。

  • NFSv4 のソースとターゲットが XCP ホストにマウントされている必要があります。NFS v4.0 を選択してソースストレージとターゲットストレージを照合し、ソースシステムとターゲットシステムで ACL が有効になっていることを確認します。

  • XCP は、 ACL 処理のために、 XCP ホストにソース / ターゲットパスをマウントする必要があります。次の例では、「 vol1 (10.63.5.56:/vol1) 」が「 /mnt/vol1 」パスにマウントされています。

 [root@localhost ~]# df -h
Filesystem                                                   Size  Used Avail Use% Mounted on
10.63.5.56:/vol1                                             973M  4.2M  969M   1% /mnt/vol1
[root@localhost ~]# ./xcp scan -l -acl4 10.63.5.56:/vol1/
XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to XXX [NetApp Inc] until Sun Mar 31 00:00:00 2029
drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 23h42m vol1
rw-r--r-- --- root root    4    0 23h42m vol1/DIR1/FILE
drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 23h42m vol1/DIR1/DIR11
drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 23h42m vol1/DIR1
rw-r--r-- --- root root    4    0 23h42m vol1/DIR1/DIR11/FILE
drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 23h42m vol1/DIR1/DIR11/DIR2
rw-r--r-- --- root root    4    0 23h42m vol1/DIR1/DIR11/DIR2/FILE
drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 17m43s vol1/DIR1/DIR11/DIR2/DIR22
8 scanned, 8 getacls, 1 v3perm, 7 acls, 3.80 KiB in (3.86 KiB/s), 1.21 KiB out (1.23 KiB/s), 0s.

サブディレクトリオプション

サブディレクトリを操作するには、次の 2 つのオプションがあります。

  • サブディレクトリ( /vol1/dir1/DIR11` )で XCP を動作させるには、 XCP ホストに完全なパス(「 10.63.5.56 : /vol1/dir1/DIR11` )をマウントします。

    完全なパスがマウントされていない場合、 XCP で次のエラーが報告されます。

[root@localhost ~]# ./xcp scan -l -acl4 10.63.5.56:/vol1/DIR1/DIR11
XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to XXX [NetApp Inc] until Sun Mar 31 00:00:00 2029
xcp: ERROR: For xcp to process ACLs, please mount 10.63.5.56:/vol1/DIR1/DIR11 using the OS nfs4 client.
  • 次の例に示すように、サブディレクトリ構文 (`m ount: subdirectory/qtree/.snapshot ') を使用します。

[root@localhost ~]# ./xcp scan -l -acl4 10.63.5.56:/vol1:/DIR1/DIR11
XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to XXX [NetApp Inc] until Sun Mar 31 00:00:00 2029
drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 23h51m DIR11
rw-r--r-- --- root root    4    0 23h51m DIR11/DIR2/FILE
drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB  26m9s DIR11/DIR2/DIR22
rw-r--r-- --- root root    4    0 23h51m DIR11/FILE
drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 23h51m DIR11/DIR2
5 scanned, 5 getacls, 5 acls, 2.04 KiB in (3.22 KiB/s), 540 out (850/s), 0s.

ACL v4 を NetApp 7-Mode からネットアップストレージシステムに移行するには、次の手順を実行します。

  1. ターゲット ONTAP システムが正常であることを確認します。

    CLUSTER::> cluster show
    Node                  Health  Eligibility
    --------------------- ------- ------------
    CLUSTER-01            true    true
    CLUSTER-02            true    true
    2 entries were displayed.
    CLUSTER::> node show
    Node      Health Eligibility Uptime        Model       Owner    Location
    --------- ------ ----------- ------------- ----------- -------- ---------------
    CLUSTER-01
              true   true        78 days 21:01 FAS8060              RTP
    CLUSTER-02
              true   true        78 days 20:50 FAS8060              RTP
    2 entries were displayed.
    CLUSTER::> storage failover show
                                  Takeover
    Node           Partner        Possible State Description
    -------------- -------------- -------- -------------------------------------
    CLUSTER-01     CLUSTER-02     true     Connected to CLUSTER-02
    CLUSTER-02     CLUSTER-01     true     Connected to CLUSTER-01
    2 entries were displayed.
  2. ターゲットシステムにルートではないアグリゲートが少なくとも 1 つ存在することを確認します。アグリゲートは正常な状態です。

    CLUSTER::> storage aggregate show
    Aggregate     Size Available Used% State   #Vols  Nodes            RAID Status
    --------- -------- --------- ----- ------- ------ ---------------- ------------
    aggr0      368.4GB   17.85GB   95% online       1 CLUSTER-01       raid_dp,
                                                                       normal
    aggr0_CLUSTER_02_0
               368.4GB   17.85GB   95% online       1 CLUSTER-02       raid_dp,
                                                                       normal
    source      1.23TB    1.10TB   11% online       6 CLUSTER-01       raid_dp,
                                                                       normal
    3 entries were displayed.

    データアグリゲートがない場合は、「 storage aggr create 」コマンドを使用して新しいアグリゲートを作成します。

  3. ターゲットクラスタシステムに SVM を作成します。

    CLUSTER::> vserver create -vserver dest -rootvolume dest_root -aggregate poc -rootvolume-security-style mixed
    [Job 647] Job succeeded:
    Vserver creation completed
    Verify the security style and language settings of the source

    SVM が正常に作成されたことを確認します。

    CLUSTER::> vserver show -vserver dest
                                        Vserver: dest
                                   Vserver Type: data
                                Vserver Subtype: default
                                   Vserver UUID: 91f6d786-0063-11e5-b114-00a09853a969
                                    Root Volume: dest_root
                                      Aggregate: poc
                                     NIS Domain: -
                     Root Volume Security Style: mixed
                                    LDAP Client: -
                   Default Volume Language Code: C.UTF-8
                                Snapshot Policy: default
                                        Comment:
                                   Quota Policy: default
                    List of Aggregates Assigned: -
     Limit on Maximum Number of Volumes allowed: unlimited
                            Vserver Admin State: running
                      Vserver Operational State: running
       Vserver Operational State Stopped Reason: -
                              Allowed Protocols: nfs, cifs, fcp, iscsi, ndmp
                           Disallowed Protocols: -
                Is Vserver with Infinite Volume: false
                               QoS Policy Group: -
                                    Config Lock: false
                                   IPspace Name: Default
  4. ターゲット SVM から FCP 、 iSCSI 、 NDMP 、および CIFS の各プロトコルを削除します。

    CLUSTER::> vserver remove-protocols -vserver dest -protocols fcp,iscsi,ndmp,cifs

    この SVM で許可されているプロトコルが NFS であることを確認してください。

    CLUSTER::> vserver show -vserver dest -fields allowed-protocols
    vserver allowed-protocols
    ------- -----------------
    dest    nfs
  5. デスティネーション SVM に読み書き可能な新しいデータボリュームを作成します。セキュリティ形式、言語設定、容量の要件がソースボリュームと同じであることを確認します。

    CLUSTER::> vol create -vserver dest -volume dest_nfs -aggregate poc -size 150g -type RW -state online -security-style mixed
    [Job 648] Job succeeded: Successful
  6. データ LIF を作成して NFS クライアントの要求に対応します。

    CLUSTER::> network interface create -vserver dest -lif dest_lif -address 10.61.73.115 -netmask 255.255.255.0 -role data -data-protocol nfs -home-node CLUSTER-01 -home-port e0l

    LIF が正常に作成されたことを確認します。

    CLUSTER::> network interface show -vserver dest
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    dest
                dest_lif
                             up/up    10.61.73.113/24    CLUSTER-01    e0i     true
  7. 必要に応じて、 SVM を使用して静的ルートを作成します。

    CLUSTER::> network route create -vserver dest -destination 0.0.0.0/0 -gateway 192.168.100.111

    ルートが正常に作成されたことを確認します。

    CLUSTER::> network route show -vserver source
    Vserver             Destination     Gateway         Metric
    ------------------- --------------- --------------- ------
    dest
                        0.0.0.0/0       10.61.73.1      20
  8. ターゲットの NFS データボリュームを SVM ネームスペースにマウントします。

    CLUSTER::> volume mount -vserver dest -volume dest_nfs -junction-path /dest_nfs -active true

    ボリュームが正常にマウントされたことを確認します。

    CLUSTER::> volume show -vserver dest -fields junction-path
    vserver volume   junction-path
    ------- -------- -------------
    dest    dest_nfs /dest_nfs
    dest    dest_root
                     /
    2 entries were displayed.

    volume create コマンドを使用して ' ボリューム・マウント・オプション(ジャンクション・パス)を指定することもできます

  9. ターゲット SVM で NFS サービスを開始します。

    CLUSTER::> vserver nfs start -vserver dest

    サービスが開始され、実行されていることを確認します。

    CLUSTER::> vserver nfs status
    The NFS server is running on Vserver "dest".
    CLUSTER::> nfs show
    Vserver: dest
            General Access:  true
                        v3:  enabled
                      v4.0:  enabled
                       4.1:  disabled
                       UDP:  enabled
                       TCP:  enabled
      Default Windows User:  -
     Default Windows Group:  -
  10. デフォルトの NFS エクスポートポリシーがターゲット SVM に適用されていることを確認します。

    CLUSTER::> vserver export-policy show -vserver dest
    Vserver          Policy Name
    ---------------  -------------------
    dest             default
  11. 必要に応じて、ターゲット SVM 用の新しいカスタムエクスポートポリシーを作成します。

    CLUSTER::> vserver export-policy create -vserver dest -policyname xcpexportpolicy

    新しいカスタムエクスポートポリシーが作成されたことを確認します。

    CLUSTER::> vserver export-policy show -vserver dest
    Vserver          Policy Name
    ---------------  -------------------
    dest             default
    dest             xcpexportpolicy
    2 entries were displayed.
  12. NFS クライアントへのアクセスを許可するようにエクスポートポリシールールを変更します。

    CLUSTER::> export-policy rule modify -vserver dest -ruleindex 1 -policyname xcpexportpolicy -clientmatch 0.0.0.0/0 -rorule any -rwrule any -anon 0

    ポリシールールが変更されたことを確認します。

    CLUSTER::> export-policy rule show -instance
                                        Vserver: dest
                                    Policy Name: xcpexportpolicy
                                     Rule Index: 1
                                Access Protocol: nfs3
    Client Match Hostname, IP Address, Netgroup, or Domain: 0.0.0.0/0
                                 RO Access Rule: none
                                 RW Access Rule: none
    User ID To Which Anonymous Users Are Mapped: 65534
                       Superuser Security Types: none
                   Honor SetUID Bits in SETATTR: true
                      Allow Creation of Devices: true
  13. クライアントがボリュームへのアクセスを許可されていることを確認します。

    CLUSTER::> export-policy check-access -vserver dest -volume dest_nfs -client-ip 10.61.82.215 -authentication-method none -protocol nfs3 -access-type read-write
                                             Policy    Policy       Rule
    Path                          Policy     Owner     Owner Type  Index Access
    ----------------------------- ---------- --------- ---------- ------ ----------
    /                             xcpexportpolicy
                                             dest_root volume          1 read
    /dest_nfs                     xcpexportpolicy
                                             dest_nfs  volume          1 read-write
    2 entries were displayed.
  14. Linux NFS サーバに接続します。NFS エクスポートボリュームのマウントポイントを作成します。

    [root@localhost /]# cd /mnt
    [root@localhost mnt]# mkdir dest
  15. ターゲットの NFSv4 エクスポートボリュームをこのマウントポイントにマウントします。

    注記 NFSv4 ボリュームはエクスポートする必要がありますが、 NFS サーバでマウントする必要はありません。マウント可能な場合は、 XCP Linux ホストクライアントでこれらのボリュームをマウントします。
    [root@localhost mnt]# mount -t nfs4 10.63.5.56:/vol1 /mnt/vol1

    マウントポイントが正常に作成されたことを確認します。

    [root@localhost mnt]# mount | grep nfs
    10.63.5.56:/vol1 on /mnt/vol1 type nfs4 (rw,relatime,vers=4.0,rsize=65536,wsize=65536,namlen=255,hard,proto=tcp,timeo=600,
    retrans=2,sec=sys,clientaddr=10.234.152.84,local_lock=none,addr=10.63.5.56)
  16. NFS エクスポートマウントポイントにテストファイルを作成して、読み取り / 書き込みアクセスを有効にします。

    [root@localhost dest]# touch test.txt

    ファイルが作成されたことを確認します。

    [root@localhost dest]# ls -l
    total 0
    -rw-r--r-- 1 root bin 0 Jun  2 03:16 test.txt
    注記 読み取り / 書き込みテストが完了したら、ターゲットの NFS マウントポイントからファイルを削除します。
  17. XCP がインストールされている Linux クライアントシステムに接続します。XCP のインストールパスを参照します。

    [root@localhost ~]# cd /linux/
    [root@localhost linux]#
  18. XCP Linux クライアント・ホスト・システムで XCP show コマンドを実行して、ソース NFSv4 エクスポートを照会します。

    root@localhost]# ./xcp show 10.63.5.56
    XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxx [NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    getting pmap dump from 10.63.5.56 port 111...
    getting export list from 10.63.5.56...
    sending 6 mounts and 24 nfs requests to 10.63.5.56...
    == RPC Services ==
    '10.63.5.56': UDP rpc services: MNT v1/2/3, NFS v3, NLM v4, PMAP v2/3/4, STATUS v1
    '10.63.5.56': TCP rpc services: MNT v1/2/3, NFS v3/4, NLM v4, PMAP v2/3/4, STATUS v1
    == NFS Exports ==
     Mounts  Errors  Server
          6       0  10.63.5.56
         Space    Files      Space    Files
          Free     Free       Used     Used Export
      94.7 MiB   19,883    324 KiB      107 10.63.5.56:/
       971 MiB   31,023   2.19 MiB       99 10.63.5.56:/vol2
       970 MiB   31,024   2.83 MiB       98 10.63.5.56:/vol1
      9.33 GiB  310,697    172 MiB      590 10.63.5.56:/vol_005
      43.3 GiB    1.10M   4.17 GiB    1.00M 10.63.5.56:/vol3
      36.4 GiB    1.10M   11.1 GiB    1.00M 10.63.5.56:/vol4
    == Attributes of NFS Exports ==
    drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 6d2h 10.63.5.56:/
    drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 3d2h 10.63.5.56:/vol2
    drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 3d2h 10.63.5.56:/vol1
    drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 9d2h 10.63.5.56:/vol_005
    drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 9d4h 10.63.5.56:/vol3
    drwxr-xr-x --- root root 4KiB 4KiB 9d4h 10.63.5.56:/vol4
    6.09 KiB in (9.19 KiB/s), 12.2 KiB out (18.3 KiB/s), 0s.
  19. ソースの NFSv4 エクスポートパスをスキャンし、ファイル構造の統計を出力します。

    ネットアップでは、「 XCP scan 」、「 copy 」、および「 sync 」の処理中に、ソースの NFSv4 エクスポートを読み取り専用モードにすることを推奨しています。

    [root@localhost]# ./xcp scan -acl4 10.63.5.56:/vol1
    XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxx [NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    vol1
    vol1/test/f1
    vol1/test
    3 scanned, 3 getacls, 3 v3perms, 1.59 KiB in (1.72 KiB/s), 696 out (753/s), 0s.
  20. ソースの NFSv4 エクスポートをターゲット ONTAP システムの NFSv4 エクスポートにコピーします。

    [root@localhost]# ./xcp copy -acl4 -newid id1 10.63.5.56:/vol1 10.63.5.56:/vol2
    XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxx [NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    3 scanned, 2 copied, 3 indexed, 3 getacls, 3 v3perms, 1 setacl, 14.7 KiB in (11.7 KiB/s), 61 KiB out (48.4 KiB/s), 1s..
  21. 「 copy 」が完了したら、ソースおよびデスティネーションの NFSv4 エクスポートに同一のデータがあることを確認します。「 XCP verify 」コマンドを実行します。

    [root@localhost]# ./xcp verify -acl4 -noid 10.63.5.56:/vol1 10.63.5.56:/vol2
    XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxx [NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    3 scanned, 100% found (0 have data), 100% verified (data, attrs, mods, acls), 6 getacls, 6 v3perms, 2.90 KiB in (4.16 KiB/s), 2.94 KiB out (4.22 KiB/s), 0s.

    「 ve rify 」でソース・データとデスティネーション・データの違いが検出された場合、「 No such file or directory 」というエラーが要約に報告されます。この問題を修正するには、「 XCP sync 」コマンドを実行して、ソースの変更を宛先にコピーします。

  22. カットオーバーの前後に、もう一度「ライフル」を実行します。ソースに新規または更新されたデータがある場合は、差分更新を実行します。「 XCP sync 」コマンドを実行します。

    [root@ root@localhost]# ./xcp sync -id id1
    XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxx [NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    xcp: Index: {source: 10.63.5.56:/vol1, target: 10.63.5.56:/vol2}
    3 reviewed, 3 checked at source, no changes, 3 reindexed, 25.6 KiB in (32.3 KiB/s), 23.3 KiB out (29.5 KiB/s), 0s.
    注記 この処理を実行するには、前のコピーインデックス名またはインデックス番号が必要です。
  23. 以前に中断された「 copy 」操作を再開するには、「 XCP resume 」コマンドを実行します。

    [root@localhost]# ./xcp resume -id id1
    XCP <version>; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxx [NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    xcp: Index: {source: 10.63.5.56:/vol3, target: 10.63.5.56:/vol4}
    xcp: resume 'id1': Reviewing the incomplete index...
    xcp: diff 'id1': Found 0 completed directories and 8 in progress
    39,899 reviewed, 1.64 MiB in (1.03 MiB/s), 14.6 KiB out (9.23 KiB/s), 1s.
    xcp: resume 'id1': Starting second pass for the in-progress directories...
    xcp: resume 'id1': Resuming the in-progress directories...
    xcp: resume 'id1': Resumed command: copy {-acl4: True}
    xcp: resume 'id1': Current options: {-id: 'id1'}
    xcp: resume 'id1': Merged options: {-acl4: True, -id: 'id1'}
    xcp: resume 'id1': Values marked with a * include operations before resume
     86,404 scanned, 39,912 copied, 39,899 indexed, 13.0 MiB in (2.60 MiB/s), 78.4 KiB out (15.6 KiB/s), 5s 86,404 scanned, 39,912 copied, 39,899 indexed, 13.0 MiB in (0/s), 78.4 KiB out (0/s), 10s
    1.00M scanned, 100% found (1M have data), 1M compared, 100% verified (data, attrs, mods, acls), 2.00M getacls, 202 v3perms, 1.00M same acls, 2.56 GiB in (2.76 MiB/s), 485 MiB out (524 KiB/s), 15m48s.

    「ファイルのコピーが完了したら、「グリフィ」を再度実行して、ソースストレージとデスティネーションストレージのデータが同一になるようにします。

7-Mode の SMB ストレージを ONTAP for CIFS データに移行する

このセクションでは、ソースの 7-Mode SMB 共有を ONTAP システムに移行するためのステップバイステップの手順について説明します。

注記 7-Mode システムと ONTAP システムに SMB のライセンスが設定されていることを前提としています。デスティネーション SVM が作成され、ソースとデスティネーションの SMB 共有がエクスポートされます。 XCP がインストールされてライセンスが付与されます。
  1. ファイルとディレクトリを含む SMB 共有をスキャンします。

    C:\xcp>xcp scan -stats \\10.61.77.189\performance_SMB_home_dirs
    XCP SMB 1.6; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxxx xxxx[NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    == Maximum Values ==
    Size Depth Namelen Dirsize
    15.6MiB 2 8 200
    == Average Values ==
    Size Depth Namelen Dirsize
    540KiB 2 7 81
    == Top File Extensions ==
    .txt .tmp
    5601 2200
    == Number of files ==
    empty <8KiB 8-64KiB 64KiB-1MiB 1-10MiB 10-100MiB >100MiB
    46 6301 700 302 200 252
    == Space used ==
    empty <8KiB 8-64KiB 64KiB-1MiB 1-10MiB 10-100MiB >100MiB
    0 6.80MiB 8.04MiB 120MiB 251MiB 3.64GiB 0
    == Directory entries ==
    empty 1-10 10-100 100-1K 1K-10K >10k
    18 1 77 1
    == Depth ==
    0-5 6-10 11-15 16-20 21-100 >100
    7898
    == Modified ==
    >1 year >1 month 1-31 days 1-24 hrs <1 hour <15 mins future
    2167 56 322 5353
    == Created ==
    >1 year >1 month 1-31 days 1-24 hrs <1 hour <15 mins future
    2171 54 373 5300
    Total count: 7898
    Directories: 97
    Regular files: 7801
    Symbolic links:
    Junctions:
    Special files:
    Total space for regular files: 4.02GiB
    Total space for directories: 0
    Total space used: 4.02GiB
    7,898 scanned, 0 errors, 0s
  2. ソースからデスティネーション SMB 共有にファイル( ACL の有無に関係なく)をコピーします。次に、 ACL を含むコピーの例を示します。

    C:\xcp>xcp copy -acl -fallback-user "DOMAIN\gabi" -fallback-group "DOMAIN\Group" \\10.61.77.189\performance_SMB_home_dirs \\10.61.77.56\performance_SMB_home_dirs
    XCP SMB 1.6; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxxx xxxx[NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 184 copied, 96.1MiB (19.2MiB/s), 5s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 333 copied, 519MiB (84.7MiB/s), 10s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 366 copied, 969MiB (89.9MiB/s), 15s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 422 copied, 1.43GiB (99.8MiB/s), 20s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 1,100 copied, 1.69GiB (52.9MiB/s), 25s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 1,834 copied, 1.94GiB (50.4MiB/s), 30s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 1,906 copied, 2.43GiB (100MiB/s), 35s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 2,937 copied, 2.61GiB (36.6MiB/s), 40s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 2,969 copied, 3.09GiB (100.0MiB/s), 45s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 3,001 copied, 3.58GiB (100.0MiB/s), 50s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 3,298 copied, 4.01GiB (88.0MiB/s), 55s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 5,614 copied, 4.01GiB (679KiB/s), 1m0s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 7,879 copied, 4.02GiB (445KiB/s), 1m5s
    7,898 scanned, 0 errors, 0 skipped, 7,897 copied, 4.02GiB (63.2MiB/s), 1m5s
    注記 データ・アグリゲートが存在しない場合は 'storage 'aggr create ' コマンドを使用して新しいアグリゲートを作成します
  3. ソースとデスティネーションのファイルを同期します。

    C:\xcp>xcp sync -acl -fallback-user "DOMAIN\gabi" -fallback-group "DOMAIN\Group" \\10.61.77.189\performance_SMB_home_dirs \\10.61.77.56\performance_SMB_home_dirs
    XCP SMB 1.6; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxxx xxxx[NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    10,796 scanned, 4,002 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 5s
    15,796 scanned, 8,038 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 10s
    15,796 scanned, 8,505 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 15s
    15,796 scanned, 8,707 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 20s
    15,796 scanned, 8,730 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 25s
    15,796 scanned, 8,749 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 30s
    15,796 scanned, 8,765 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 35s
    15,796 scanned, 8,786 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 40s
    15,796 scanned, 8,956 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 45s
    8 XCP v1.6 User Guide © 2020 NetApp, Inc. All rights reserved.
    Step Description
    15,796 scanned, 9,320 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 50s
    15,796 scanned, 9,339 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 55s
    15,796 scanned, 9,363 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m0s
    15,796 scanned, 10,019 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m5s
    15,796 scanned, 10,042 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m10s
    15,796 scanned, 10,059 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m15s
    15,796 scanned, 10,075 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m20s
    15,796 scanned, 10,091 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m25s
    15,796 scanned, 10,108 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m30s
    15,796 scanned, 10,929 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m35s
    15,796 scanned, 12,443 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m40s
    15,796 scanned, 13,963 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m45s
    15,796 scanned, 15,488 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m50s
    15,796 scanned, 15,796 compared, 0 errors, 0 skipped, 0 copied, 0 removed, 1m51s
  4. ファイルが正しくコピーされたことを確認します。

    C:\xcp> xcp verify \\10.61.77.189\performance_SMB_home_dirs \\10.61.77.56\performance_SMB_home_dir
    XCP SMB 1.6; (c) 2020 NetApp, Inc.; Licensed to xxxx xxxx[NetApp Inc] until Mon Dec 31 00:00:00 2029
    8 compared, 8 same, 0 different, 0 missing, 5s
    24 compared, 24 same, 0 different, 0 missing, 10s
    41 compared, 41 same, 0 different, 0 missing, 15s
    63 compared, 63 same, 0 different, 0 missing, 20s
    86 compared, 86 same, 0 different, 0 missing, 25s
    423 compared, 423 same, 0 different, 0 missing, 30s
    691 compared, 691 same, 0 different, 0 missing, 35s
    1,226 compared, 1,226 same, 0 different, 0 missing, 40s
    1,524 compared, 1,524 same, 0 different, 0 missing, 45s
    1,547 compared, 1,547 same, 0 different, 0 missing, 50s
    1,564 compared, 1,564 same, 0 different, 0 missing, 55s
    2,026 compared, 2,026 same, 0 different, 0 missing, 1m0s
    2,045 compared, 2,045 same, 0 different, 0 missing, 1m5s
    2,061 compared, 2,061 same, 0 different, 0 missing, 1m10s
    2,081 compared, 2,081 same, 0 different, 0 missing, 1m15s
    2,098 compared, 2,098 same, 0 different, 0 missing, 1m20s
    2,116 compared, 2,116 same, 0 different, 0 missing, 1m25s
    3,232 compared, 3,232 same, 0 different, 0 missing, 1m30s
    4,817 compared, 4,817 same, 0 different, 0 missing, 1m35s
    6,267 compared, 6,267 same, 0 different, 0 missing, 1m40s
    7,844 compared, 7,844 same, 0 different, 0 missing, 1m45s
    7,898 compared, 7,898 same, 0 different, 0 missing, 1m45s,cifs