日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

トラブルシューティング

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

エラー 1 : XCP Failed が NFS3 エラーで失敗しました。 70 : stale filehandle Error in the xcp.log

  • 理由とガイダンス。 *

ソースフォルダをマウントし、フォルダが存在することを確認します。存在しない場合、または削除された場合は、「テールファイルハンドル」エラーが表示されます。この場合、エラーは無視してかまいません。

エラー 2 : NetApp NFS Destination Volume has Space 、 but XCP Failed with NFS3 error 28 : no space left on device

  • 理由とガイダンス。 *

    1. 「 d f 」コマンドを実行するか、ストレージをチェックして、 NFS デスティネーション・ボリュームのスペースを確認します。

      root@workr-140: USER3# df -h /xcpdest
      Filesystem                 Size  Used Avail Use% Mounted on
      10.63.150.127:/xcpsrc_vol  4.3T  1.7T  2.6T  40% /xcpsrc_vol
    2. ストレージコントローラ内の inode を確認します。

      A800-Node1-2::> volume show -volume xcpdest -fields files,files-used
      vserver        volume  files    files-used
      -------------- ------- -------- ----------
      A800-Node1_vs1 xcpdest 21251126 21251126
      A800-Node1-2::>
    3. inode が使用されている場合は、次のコマンドを実行して inode の数を増やします。

      A800-Node1-2::> volume modify -volume xcpdest -vserver A800-Node1_vs1 -files 40000000
      Volume modify successful on volume xcpdest of Vserver A800-Node1_vs1.
      A800-Node1-2::> volume show -volume xcpdest -fields files,files-used
      vserver        volume  files    files-used
      -------------- ------- -------- ----------
      A800-Node1_vs1 xcpdest 39999990 21251126
      A800-Node1-2::>