日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アカウント設定:ユーザ、ワークスペース、コネクタ、およびサブスクリプション

寄稿者 netapp-bcammett netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

a_Cloud Central アカウント _ はマルチテナンシーに対応しており、 Cloud Manager 内から分離されたワークスペース内のユーザとリソースを整理できます。

たとえば、複数のユーザが、 _workspaces という分離された環境に Cloud Volumes ONTAP システムを導入して管理できます。これらのワークスペースは、共有されていない限り、他のユーザーには表示されません。

Cloud Manager に初めてアクセスするときは、 Cloud Central アカウントを選択または作成するよう求められます。

Cloud Manager のセットアップウィザードのスクリーンショット。 Cloud Manager を作成する Cloud Central アカウントの入力を求められます。

アカウント管理者は、ユーザー(メンバー)、ワークスペース、コネクタ、およびサブスクリプションを管理することで、このアカウントの設定を変更できます。

ユーザー、ワークスペース、およびコネクタを管理できる [ アカウントの管理 ] ウィジェットを示すスクリーンショット。

手順については、を参照してください "Cloud Central アカウントをセットアップします"

Account Settings (アカウント設定)

Cloud Manager のアカウントの管理ウィジェットでは、アカウント管理者が Cloud Central アカウントを管理できます。アカウントを作成したばかりの場合は、最初から作成します。アカウントをすでに設定している場合は、アカウントに関連付けられているユーザ、ワークスペース、コネクタ、およびサブスクリプションが all と表示されます。

概要

概要ページには、アカウント名とアカウント ID が表示されます。一部のサービスを登録するときに、アカウント ID の入力が必要になる場合があります。このページには、 Cloud Manager の設定オプションもいくつか表示されます。

メンバー

このメンバーは、 Cloud Central アカウントに関連付ける NetApp Cloud Central ユーザです。ユーザーをアカウントに関連付け、そのアカウント内の 1 つ以上のワークスペースを使用すると、ユーザーは Cloud Manager で作業環境を作成して管理できます。

ユーザを関連付けると、ユーザにロールが割り当てられます。

  • Account Admin : Cloud Manager で任意の操作を実行できます。

  • _ ワークスペース管理者 _ :割り当てられたワークスペースでリソースを作成および管理できます。

  • Compliance Viewer: Cloud Data Sense のコンプライアンス情報を表示し、アクセス権のあるシステムのレポートを生成することのみができます。

  • _ SnapCenter Admin_ : SnapCenter サービスを使用して、アプリケーションと整合性のあるバックアップを作成し、それらのバックアップを使用してデータをリストアできます。_ このサービスは現在ベータ版です。 _

ワークスペース

Cloud Manager では、ワークスペースによって、いくつかの _ 作業環境 _ が他の作業環境から分離されます。アカウント管理者がそのワークスペースに管理者を関連付けないと、ワークスペース管理者はワークスペース内の作業環境にアクセスできません。

稼働環境はストレージシステムを表します。

  • シングルノードクラウドボリューム ONTAP システムまたは HA ペア

  • ネットワーク内のオンプレミス ONTAP クラスタ

  • NetApp プライベートストレージ構成の ONTAP クラスタ

コネクタ

Cloud Manager は、パブリッククラウド環境内のリソースやプロセスを管理できます。Connector は、クラウドプロバイダに導入する仮想マシンインスタンス、または設定したオンプレミスホストで実行されます。

1 つのコネクタを複数のネットアップクラウドデータサービスで使用できます。たとえば、 Cloud Manager のコネクタをすでに持っている場合は、 Cloud Tiering サービスのセットアップ時にコネクタを選択できます。

サブスクリプション

選択したアカウントに関連付けられているネットアップのサブスクリプションです。

クラウドプロバイダのマーケットプレイスから Cloud Manager にサブスクライブすると、 Cloud Central にリダイレクトされます。この場合、サブスクリプションを保存して特定のアカウントに関連付ける必要があります。

登録が完了すると、「アカウントの管理」ウィジェットから各サブスクリプションが利用できるようになります。現在表示しているアカウントに関連付けられている月額プランのみが表示されます。

サブスクリプションの名前を変更したり、 1 つまたは複数のアカウントからサブスクリプションの関連付けを解除したりすることができます。

たとえば、 2 つのアカウントがあり、それぞれが別々のサブスクリプションで課金されるとします。いずれかのアカウントとサブスクリプションの関連付けを解除することで、 Cloud Volume ONTAP 作業環境の作成時にそのアカウントのユーザが誤って誤ったサブスクリプションを選択しないようにすることができます。

次の例は、アカウントの設定方法を示しています。

注記 次のどちらの例のイメージも、コネクタと Cloud Volumes ONTAP システムは、実際にはクラウドプロバイダで実行されている _in_the NetApp Cloud Central アカウントには存在しません。これは、各コンポーネント間の関係の概念図です。

例 1.

次の例は、 2 つのワークスペースを使用して分離された環境を作成するアカウントを示しています。1 つ目のワークスペースは本番環境用で、 2 つ目のワークスペースは開発環境用です。

2 つのワークスペースを含む単一の Cloud Central アカウントを示す図。各ワークスペースは同じコネクタに関連付けられ、それぞれに独自のワークスペース管理者が割り当てられます

例 2

次に、 2 つの異なる Cloud Central アカウントを使用した、最高レベルのマルチテナンシーの例を示します。たとえば、サービスプロバイダは、あるアカウントで Cloud Manager を使用して顧客にサービスを提供しながら、別のアカウントを使用して事業部門の 1 つにディザスタリカバリを提供することができます。

アカウント 2 には 2 つのコネクタがあります。これは、システムが別々の地域にある場合や、別々のクラウドプロバイダにある場合に発生することがあります。

「 2 つの Cloud Central アカウントを示す図。それぞれに複数のワークスペースと、それに関連付けられた Workspace Admins 。」