日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes Service for AWS の詳細については、こちらをご覧ください

寄稿者 juliantap netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

NetApp Cloud Volumes Service for AWS は、 NFS や SMB 経由で NAS ボリュームにオールフラッシュのパフォーマンスを提供するクラウドネイティブのファイルサービスです。このサービスを使用すると、従来型アプリケーションを含むあらゆるワークロードを AWS クラウドで実行できます。

注記 をリリースしています "ONTAP 対応の Amazon FSX"では、 Cloud Manager で新しい CVS for AWS の作業環境を作成することはできなくなりました。ただし、以前に Cloud Manager に CVS for AWS の作業環境を追加していた場合は、引き続きボリュームを作成および管理できます。

Cloud Volumes Service for AWS を使用するメリット

Cloud Volumes Service for AWS には次のようなメリットがあります。

  • フルマネージドサービス。ストレージデバイスの構成や管理は不要です

  • NFSv3 、 NFSv4.1 、および SMB 3.0 / 3.1.1 NAS プロトコルがサポートされます

  • Linux インスタンスと Windows Elastic Container Service ( ECS )インスタンスへのセキュアなアクセス。以下のサポートが含まれます。

    • Amazon Linux 2 、 Red Hat Enterprise Linux 7.5 、 SLES 12 SP3 、および Ubuntu 16.04 LTS

    • Windows Server 2008 R2 、 Windows Server 2012 R2 、および Windows Server 2016

  • バンドル価格と従量課金制のいずれかを選択できます

コスト

Cloud Volumes Service for AWS で作成されたボリュームには、 Cloud Manager ではなくサービスへのサブスクリプションに基づいて料金が発生します。

Cloud Manager から Cloud Volumes Service for AWS のリージョンまたはボリュームを検出する料金は発生しません。

クイックスタート

これらの手順をすばやく開始するか、次のセクションで詳細を確認してください。

構成がサポートされていることを確認します

AWS for Cloud Volumes Service をセットアップし、の 1 つに登録しておく必要があります "AWS Marketplace で提供されているネットアップの Cloud Volumes Service ソリューション" また、既存の CVS for AWS 作業環境を Cloud Manager で設定してボリュームを作成、管理できるようにしておきます。

Cloud Volume の作成、マウント、管理を行います

既存の CVS for AWS 作業環境を使用して、 Cloud Manager を使用して既存の CVS for AWS サブスクリプション用の Cloud Volume を作成、マウント、管理することができます。

サポートを受ける

サービスに関する一般的な質問については、 Cloud Manager のチャットを使用してください。

クラウドボリュームに関連するテクニカルサポートの問題については、 Cloud Volumes Service ユーザーインタフェースの「サポート」タブにある 20 桁の「 930 」シリアル番号を使用してください。このサポート ID は、 Web チケットを開くとき、またはサポートに電話するときに使用します。Cloud Volumes Service のシリアル番号は、必ず Cloud Volumes Service のユーザインターフェイスから有効にしてください。 "ここでは、これらの手順について説明します"

制限

  • Cloud Manager では、 Cloud Volumes Service ボリュームを使用する場合の作業環境間のデータレプリケーションはサポートされません。

  • Cloud Manager から Cloud Volumes Service for AWS サブスクリプションを削除することはできません。これは、 Cloud Volumes Service for AWS インターフェイスでのみ実行できます。