日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

レプリケーションサービスについて説明します

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

NetApp SnapMirror は、 LAN または WAN 経由でデータを高速でレプリケートするため、仮想環境と従来の環境の両方で、高いデータ可用性と高速なデータレプリケーションを実現できます。ネットアップストレージシステムにデータをレプリケートし、セカンダリデータを継続的に更新することで、データを最新の状態に保ちながら、必要なときにいつでもデータを利用できるようになります。外部レプリケーションサーバは必要ありません。

の機能

  • ONTAP ストレージシステム間でデータをレプリケートして、クラウドまたはクラウド間でバックアップとディザスタリカバリをサポートします。

  • 高い可用性を備えた信頼性の高い DR 環境を実現します。

  • ONTAP ストレージ間の効率的なブロックレベルのレプリケーションは高速かつ効率的で、 DR とバックアップの両方をきめ細かくリカバリできます。

コスト

ネットアップでは、レプリケーションサービスの使用料は発生しませんが、データの入力と出力に該当する料金がクラウドプロバイダにあるかどうかを確認する必要があります。

サポートされている作業環境

Cloud Manager では、次のタイプの作業環境間でデータレプリケーションを実行できます。

ソースの作業環境 サポートされるターゲットの作業環境

Cloud Volumes ONTAP

  • ONTAP 対応の Amazon FSX

  • Cloud Volumes ONTAP

  • オンプレミスの ONTAP クラスタ

オンプレミスの ONTAP クラスタ

  • ONTAP 対応の Amazon FSX

  • Cloud Volumes ONTAP

  • オンプレミスの ONTAP クラスタ

データレプリケーションの仕組み

Cloud Manager では、 SnapMirror テクノロジと SnapVault テクノロジを使用して、別々の ONTAP システムにあるボリューム間のデータレプリケーションを簡易化できます。ソースボリュームとデスティネーションボリュームを特定し、レプリケーションポリシーとスケジュールを選択するだけで済みます。

Cloud Volumes ONTAP の場合、 Cloud Manager は必要なディスクを購入して関係を設定し、レプリケーションポリシーを適用してから、ボリューム間のベースライン転送を開始します。

注記 ベースライン転送には、ソースデータのフルコピーが含まれます。その後の転送には、ソースデータの差分コピーが含まれます。

サポートされるデータ保護構成

Cloud Manager は、シンプルなファンアウト / カスケードデータ保護構成をサポートしています。

  • シンプルな構成では、ボリューム A からボリューム B へのレプリケーションが行われます

  • ファンアウト構成では、ボリューム A から複数のデスティネーションへのレプリケーションが行われます。

  • カスケード構成では、レプリケーションはボリューム A からボリューム B 、およびボリューム B からボリューム C に行われます