日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サポートされている S3 ストレージクラスとリージョン

寄稿者 netapp-tonacki netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Tiering は、複数の S3 ストレージクラスとほとんどのリージョンをサポートしています。

サポートされている S3 ストレージクラス

AWS へのデータ階層化を設定すると、 Cloud Tiering は、アクセス頻度の低いデータに _Standard_storage クラスを自動的に使用します。Cloud Tiering では、ライフサイクルルールを適用して、特定の日数が経過したデータを _Standard_storage クラスから別のストレージクラスに移行できます。次のストレージクラスから選択できます。

  • 標準的なアクセス頻度は低い

  • 1 ゾーン -IA

  • インテリジェントな階層化( AWS が頻繁なアクセスとアクセス頻度の低いアクセスでアクセスパターンが変化したときに自動的に 2 つの階層間でデータを移動)

別のストレージクラスを選択しない場合、データは _Standard_storage クラスに残り、ルールは適用されません。

クラウド階層化ライフサイクルルールを設定する場合は、 AWS アカウントでバケットをセットアップするときにライフサイクルルールを設定しないでください。

サポートされている AWS リージョン

Cloud Tiering は、次の AWS リージョンをサポートしています。

アジア太平洋地域

  • ムンバイ

  • ソウル

  • シンガポール

  • シドニー

  • 東京

ヨーロッパ

  • フランクフルト

  • アイルランド

  • ロンドン

  • パリ

  • ストッケホルム

北米

  • カナダセントラル

  • GovCloud ( US-West )– ONTAP 9.3 以降

  • 米国東部( N(バージニア州)

  • 米国東部(オハイオ州)

  • US West ( Nカリフォルニア)

  • US West (オレゴン州)

南米

  • サンパウロ