日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 作業環境用の Amazon FSX を作成します

寄稿者 juliantap このページの PDF をダウンロード

Cloud Manager を使用すると、 ONTAP 作業環境用の FSX を作成して、ボリュームの追加や追加のデータサービスの管理を行うことができます。

ONTAP 作業環境用の Amazon FSX を作成します

最初のステップは、 ONTAP 作業環境用の FSX を作成することです。AWS 管理コンソールですでに ONTAP ファイルシステム用の FSX を作成している場合は、次の操作を実行できます "Cloud Manager で IT を詳細に確認"

Cloud Manager で FSX for ONTAP の作業環境を作成する前に、次のものが必要です。

  • を使用した IAM ユーザの AWS アクセスキーとシークレットキー "ONTAP 権限には FSX が必要です"

  • ONTAP インスタンスの FSX を作成する場所のリージョンおよび VPN 情報。

手順
  1. Cloud Manager で、新しい作業環境を追加し、場所 * Amazon Web Services * を選択して、 * Next * をクリックします。

  2. Amazon FSX for ONTAP * を選択し、 * Next * をクリックします。

    Amazon FSX for ONTAP の作業環境を追加するスクリーンショット

  3. 既存の FSX を ONTAP クレデンシャル用に選択するか、 AWS アクセスキーとシークレットキーを使用して新しいクレデンシャルを作成できます。をクリックして、 IAM ユーザポリシーが準拠していることを確認します "ONTAP の要件に対応する FSX"

  4. ONTAP インスタンスの FSX に関する情報を入力します。

    1. 使用する作業環境名を入力します。

    2. 必要に応じて、プラス記号をクリックし、タグの名前と値を入力してタグを作成できます。

    3. 使用する ONTAP クラスタのパスワードを入力し、確認のためにもう一度入力します。

    4. SVM ユーザに同じパスワードを使用するか、別のパスワードを設定するかを選択します。

    5. 「 * 次へ * 」をクリックします。

      FSX for ONTAP のクレデンシャルを追加するスクリーンショット

  5. リージョンと VPC の情報を指定します。

    1. 各ノードが専用のアベイラビリティゾーンに配置されるように、少なくとも 2 つのアベイラビリティゾーンのサブネットを使用するリージョンと VPC を選択します。

    2. デフォルトのセキュリティグループをそのまま使用するか、別のセキュリティグループを選択します。 "AWS セキュリティグループ" インバウンドおよびアウトバウンドトラフィックを制御します。これらの情報は AWS 管理者が設定し、に関連付けます 。

    3. 各ノードのアベイラビリティゾーンとサブネットを選択してください。

    4. 「 * 次へ * 」をクリックします。

      ONTAP 向け FSX にリージョンと VPC を追加するスクリーンショット

  6. _cidr Range_Empty を選択し、 * Next * をクリックすると、使用可能な範囲が自動的に設定されます。必要に応じて、を使用できます "AWS 転送ゲートウェイ" 範囲を手動で設定します。

    ONTAP 向け FSX にリージョンと VPC を追加するスクリーンショット

  7. フローティング IP アドレスへのルートを含むルーティングテーブルを選択します。VPC 内のサブネット用のルーティングテーブルが 1 つ(メインルーティングテーブル)だけの場合は、 Cloud Manager によってそのルーティングテーブルに自動的にフローティング IP アドレスが追加されます。「 * 次へ * 」をクリックして続行します。

    FSX for ONTAP のルートテーブルを選択するスクリーンショット

  8. デフォルトの AWS マスターキーを使用するか、 * キーの変更 * をクリックして別の AWS カスタマーマスターキー( CMK )を選択します。CMK の詳細については、を参照してください "AWS KMS のセットアップ"。「 * 次へ * 」をクリックして続行します。

    ONTAP の FSX のデフォルトのマスターキーを設定するスクリーンショット

  9. ストレージを設定します。

    1. スループット、容量、単位を選択します。

    2. 必要に応じて、 IOPS 値を指定できます。IOPS の値を指定しない場合、 Cloud Manager は、入力した合計容量の 1GiB あたりの 3 IOPS に基づいてデフォルト値を設定します。たとえば、合計容量に 2 、 000GiB と入力した場合、 IOPS の値が指定されていなければ、有効な IOPS の値は 6 、 000 に設定されます。

      警告 最小要件を満たしていない IOPS 値を指定すると、作業環境の追加時にエラーが発生します。誤った IOPS 値が設定されている場合のエラーメッセージのスクリーンショット。
    3. 「 * 次へ * 」をクリックします。FSX for ONTAP のストレージ構成の設定のスクリーンショット

  10. 構成を確認します。

    1. タブをクリックして、 ONTAP のプロパティ、プロバイダのプロパティ、およびネットワーク構成を確認します。

    2. 任意の設定を変更するには、 * 戻る * をクリックします。

    3. [ * 追加( Add ) ] をクリックして設定を確定し、作業環境を作成します。

      ONTAP の FSX の設定を確認するスクリーンショット

ONTAP 用 FSX の設定は、キャンバスページに表示されます。

作業環境のページに表示される、 ONTAP 用の Amazon FSX のスクリーンショット。

Cloud Manager を使用して、 FSX for ONTAP 作業環境にボリュームを追加できるようになりました。

既存の FSX for ONTAP ファイルシステムを検出します

AWS 管理コンソールを使用して ONTAP ファイルシステムの FSX を作成した場合、または以前に削除した作業環境をリストアする場合は、 Cloud Manager を使用して検出できます。

手順
  1. Cloud Manager で、 * 作業環境の追加 * をクリックし、 * Amazon Web Services * を選択します。

  2. Amazon FSX for ONTAP * を選択し、 * ここをクリック * します。

    Amazon FSX for ONTAP の作業環境を検出するスクリーンショット

  3. 既存のクレデンシャルを選択するか、新しいクレデンシャルを「 * 次へ * 」をクリックします。

  4. 追加する AWS リージョンと作業環境を選択します。

    AWS リージョンと作業環境を選択する際のスクリーンショット

  5. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

Cloud Manager に、検出された ONTAP ファイルシステムの FSX が表示されます。