日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コンプライアンスレポートの表示

寄稿者 netapp-tonacki netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Data Sense は、組織のデータプライバシープログラムの状況をよりよく把握するために使用できるレポートを提供します。

デフォルトでは、 Cloud Data Sense ダッシュボードには、すべての作業環境およびデータベースのコンプライアンスデータとガバナンスデータが表示されます。一部の作業環境のデータのみを含むレポートを表示する場合は、 それらの作業環境を選択します

注記 このセクションで説明するレポートは、データソースに対して完全な分類スキャンを実行することを選択した場合にのみ使用できます。マッピング専用スキャンを実行したデータソースでは、データマッピングレポートのみが生成されます。
注記 ネットアップでは、 Cloud Data Sense が特定した個人データと機密性の高い個人データの正確性を 100% 保証することはできません。必ずデータを確認して情報を検証してください。

プライバシーリスク評価レポート

プライバシーリスクアセスメントレポートには、 GDPR や CCPA などのプライバシー規制に必要な、組織のプライバシーリスクステータスの概要が記載されています。このレポートには次の情報が含まれます。

準拠ステータス

A 重要度スコア 機密性、個人、機密性の高い個人のいずれであっても、データの配信は可能です。

評価の概要

検出された個人データの種類とデータのカテゴリの内訳。

この評価のデータ主体

国 ID が見つかった場所別の人の数。

プライバシーリスク評価レポートの生成

[ データセンス ] タブに移動してレポートを生成します。

手順
  1. Cloud Manager の上部で、 * Data Sense * をクリックします。

  2. [Compliance] をクリックし、 [*Reports] の下にある [*Privacy Risk Assessment] の横にあるダウンロードアイコンをクリックします。

    Cloud Manager の Compliance タブのスクリーンショット。 Reports ペインに、 Privacy Risk Assessment をクリックします。

Cloud Data Sense は、必要に応じて他のグループにレビューして送信できる PDF レポートを生成します。

重要度スコア

Cloud Data Sense は、プライバシーリスク評価レポートの重要度スコアを次の 3 つの変数に基づいて計算します。

  • すべてのデータの個人データの割合。

  • すべてのデータの機密性の高い個人データの割合。

  • データ主体を含むファイルの割合。国 ID 、社会保障番号、税務 ID 番号などの国 ID によって決定されます。

スコアの決定に使用されるロジックは次のとおりです。

重要度スコア ロジック

0

3 つの変数はすべて 0% です

1.

変数の 1 つが 0% を超えています

2.

変数の 1 つが 3% を超えています

3.

2 つの変数が 3% を超えています

4.

3 つの変数が 3% を超えています

5.

変数の 1 つが 6% を超えています

6.

2 つの変数が 6% を超えています

7.

3 つの変数が 6% を超えています

8.

変数の 1 つが 15% を超えています

9.

2 つの変数が 15% を超えています

10.

3 つの変数が 15% を超えています

PCI DSS レポート

Payment Card Industry Data Security Standard ( PCI DSS ) Report は、クレジットカード情報のファイルへの配布を識別するのに役立ちます。このレポートには次の情報が含まれます。

概要

クレジットカード情報を含むファイル数と、作業環境。

暗号化

暗号化された作業環境または暗号化されていない作業環境にあるクレジットカード情報を含むファイルの割合。この情報は Cloud Volumes ONTAP に固有のものです。

ランサムウェアからの保護

ランサムウェアからの保護が有効になっている、または有効になっていない作業環境でのクレジットカード情報を含むファイルの割合。この情報は Cloud Volumes ONTAP に固有のものです。

保持

ファイルが最後に変更された期間。これは、クレジットカード情報を処理するよりも長く保持する必要がないために役立ちます。

クレジットカード情報の配布

クレジットカード情報が見つかった作業環境、および暗号化とランサムウェアによる保護が有効になっているかどうか。

PCI DSS レポートの生成

[ データセンス ] タブに移動してレポートを生成します。

手順
  1. Cloud Manager の上部で、 * Data Sense * をクリックします。

  2. [* コンプライアンス * ] をクリックし、 [* レポート ] の下の [* PCI DSS レポート * ] の横にあるダウンロード・アイコンをクリックします。

    Cloud Manager の Compliance タブのスクリーンショット。 Reports ペインに、 Privacy Risk Assessment をクリックします。

Cloud Data Sense は、必要に応じて他のグループにレビューして送信できる PDF レポートを生成します。

HIPAA レポート

Health Insurance Portability and Accountability Act ( HIPAA :医療保険の携行性と責任に関する法律)レポートは、健康に関する情報を含むファイルを特定するのに役立ちます。このポリシーは、 HIPAA データプライバシー法に準拠するという組織の要件を支援するように設計されています。Cloud Data Sense が探している情報には、次のものがあります。

  • ヘルス参照パターン

  • ICD-10-CM 医療コード

  • ICD-9-CM 医療コード

  • HR –健全性カテゴリ

  • ヘルスアプリケーションデータカテゴリ

このレポートには次の情報が含まれます。

概要

ヘルス情報が含まれているファイルの数と、作業環境。

暗号化

暗号化された作業環境または暗号化されていない作業環境にあるヘルス情報を含むファイルの割合。この情報は Cloud Volumes ONTAP に固有のものです。

ランサムウェアからの保護

ランサムウェアからの保護が有効になっている、または有効になっていない作業環境でのヘルス情報を含むファイルの割合。この情報は Cloud Volumes ONTAP に固有のものです。

保持

ファイルが最後に変更された期間。健常性の情報は、処理するまでに時間がかかることがないため、この方法が便利です。

健康情報の配布

健常性の情報が見つかった作業環境、および暗号化とランサムウェアによる保護が有効になっているかどうか。

HIPAA レポートの生成

[ データセンス ] タブに移動してレポートを生成します。

手順
  1. Cloud Manager の上部で、 * Data Sense * をクリックします。

  2. [Compliance] をクリックし、 [*Reports] の下にある [HIPAA Report] の横にあるダウンロードアイコンをクリックします。

    Cloud Manager の Compliance タブのスクリーンショット。 HIPAA をクリックできる Reports ペインが表示されます。

Cloud Data Sense は、必要に応じて他のグループにレビューして送信できる PDF レポートを生成します。

データマッピングレポート

データマッピングレポートには、企業データソースに保存されているデータの概要が表示され、移行、バックアップ、セキュリティ、コンプライアンスの各プロセスの決定に役立ちます。最初に、すべての作業環境とデータソースをまとめた概要レポートが表示され、それぞれの作業環境の内訳が表示されます。

このレポートには次の情報が含まれます。

使用容量

すべての作業環境:各作業環境のファイル数と使用済み容量が表示されます。単一の作業環境の場合:容量が最も多いファイルが表示されます。

データの経過時間

ファイルが作成されたとき、最終変更されたとき、または最後にアクセスされたときのグラフとグラフが 3 つ表示されます。特定の日付範囲に基づいて、ファイル数とその使用済み容量が表示されます。

データのサイズ

作業環境の特定のサイズ範囲内に存在するファイルの数を示します。

ファイルの種類

作業環境に保存されているファイルタイプごとのファイルの総数と使用容量が表示されます。

データマッピングレポートの生成

[ データセンス ] タブに移動してレポートを生成します。

手順
  1. Cloud Manager の上部で、 * Data Sense * をクリックします。

  2. [* Governance (ガバナンス) ] をクリックし、 [Governance Dashboard] から [* Full Data Mapping Overview Report] ボタンをクリックします。

    データマッピングレポートの起動方法を示す Governance Dashboard のスクリーンショット。

Cloud Data Sense は、必要に応じて他のグループにレビューして送信できる PDF レポートを生成します。

レポートの作業環境を選択する

Cloud Data Sense Compliance ダッシュボードの内容をフィルタリングして、すべての作業環境とデータベース、または特定の作業環境のコンプライアンスデータを表示できます。

ダッシュボードをフィルタすると、 Data Sense によって、選択した作業環境だけにコンプライアンスデータとレポートがスコープされます。

手順
  1. フィルタドロップダウンをクリックし、データを表示する作業環境を選択して、 * 表示 * をクリックします。

    実行するレポートの作業環境を選択するスクリーンショット。