日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AWS Marketplace からコネクタを作成する

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Manager からコネクタを直接作成することを推奨します。 AWS アクセスキーを指定しない場合は、 AWS Marketplace からコネクタを起動できます。Connector の作成とセットアップが完了すると、新しい作業環境を作成するときに、 Cloud Manager によって自動的に Connector が使用されます。

手順
  1. EC2 インスタンス用の IAM ポリシーとロールを作成します。

    1. 次のサイトから Cloud Manager IAM ポリシーをダウンロードします。

    2. IAM コンソールから、 Cloud Manager IAM ポリシーからテキストをコピーアンドペーストして、独自のポリシーを作成します。

    3. ロールタイプが Amazon EC2 の IAM ロールを作成し、前の手順で作成したポリシーをロールに付加します。

  2. 次に、に進みます "AWS Marketplace の Cloud Manager のページ" AMI から Cloud Manager を導入

    IAM ユーザがサブスクライブとサブスクライブ解除を行うには、 AWS Marketplace の権限が必要です。

  3. [Marketplace] ページで [* Continue to Subscribe* ] をクリックし、 [* Continue to Configuration* ] をクリックします。

    AWS Marketplace の Continue to Subscribe and Continue to Configuration ボタンを示すスクリーンショット

  4. デフォルトのオプションを変更し、 [* Continue to Launch] をクリックします。

  5. [ アクションの選択 ] で [ EC2 で起動 ] を選択し、 [* 起動 *] をクリックします。

    以下の手順では、 EC2 コンソールからインスタンスを起動する方法について説明します。このコンソールでは、 IAM ロールを Cloud Manager インスタンスに関連付けることができます。これは、 * ウェブサイトからの起動 * アクションを使用しては実行できません。

  6. プロンプトに従って、インスタンスを設定および導入します。

    • * インスタンスタイプを選択 * :リージョンの可用性に応じて、サポートされているインスタンスタイプ( t3.xlarge を推奨)のいずれかを選択します。

    • * Configure Instance * : VPC とサブネットを選択し、手順 1 で作成した IAM ロールを選択して、終了保護を有効にし(推奨)、要件を満たす他の設定オプションを選択します。

      AWS の Configure Instance ページのフィールドを示すスクリーンショット。手順 1 で作成する必要のある IAM ロールが選択されている。

    • * Add Storage* :デフォルトのストレージ・オプションをそのまま使用します。

    • * Add Tags* :必要に応じて、インスタンスのタグを入力します。

    • * セキュリティグループの設定 * :コネクタインスタンスに必要な接続方法( SSH 、 HTTP 、 HTTPS )を指定します。

    • * 復習 * :選択内容を確認して、 * 起動 * をクリックします。

      AWS は、指定した設定でソフトウェアを起動します。コネクタインスタンスとソフトウェアは、約 5 分後に実行される必要があります。

  7. コネクタインスタンスに接続されているホストから Web ブラウザを開き、次の URL を入力します。

    http://ipaddress:80[]

  8. ログイン後、コネクタを設定します。

    1. コネクタに関連付ける Cloud Central アカウントを指定します。

    2. システムの名前を入力します。

      コネクタのセットアップ画面のスクリーンショット。 Cloud Central アカウントを選択してシステムに名前を付けることができます。

これで、 Connector がインストールされ、 Cloud Central アカウントでセットアップされました。Cloud Manager は、新しい作業環境の作成時にこのコネクタを自動的に使用します。ただし、コネクタが複数ある場合は、が必要です "スイッチを切り替えます"