日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure NetApp Files 用のボリュームを作成および管理する

寄稿者 netapp-tonacki netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

作業環境をセットアップしたら、 Azure NetApp Files アカウント、容量プール、ボリューム、 Snapshot を作成して管理できます。

ボリュームの作成

NFS または SMB ボリュームは、新規または既存の Azure NetApp Files アカウントで作成できます。

「テンプレート」と呼ばれる Cloud Manager の機能を使用すると、データベースやストリーミングサービスなど、特定のアプリケーションのワークロード要件に最適化されたボリュームを作成できます。組織で使用するボリュームテンプレートが作成されている場合は、次の手順を実行します 以下の手順を実行します

作業を開始する前に
  • SMB を使用する場合は、 DNS と Active Directory を設定しておく必要があります。

  • SMB ボリュームを作成する場合は、接続可能な Windows Active Directory サーバが必要です。この情報は、ボリュームの作成時に入力します。

手順
  1. Azure NetApp Files 作業環境を開きます。

  2. [ 新しいボリュームの追加 ] をクリックします。

  3. 各ページで必要な情報を入力します。

    • * Azure NetApp Files アカウント * :既存の Azure NetApp Files アカウントを選択するか、新しいアカウントを作成します。新しいアカウントを作成するときは、使用するリソースグループも選択できます。

      「 Azure NetApp Files アカウントの作成に必要なフィールドのスクリーンショット。名前、 Azure サブスクリプション、場所、リソースグループが含まれています。」

    • * 容量プール * :既存の容量プールを選択するか、新しい容量プールを作成します。

      新しい容量プールを作成する場合は、サイズを指定してを選択する必要があります "サービスレベル"

      容量プールの最小サイズは 4TB です。サイズは 4TB の倍数で指定できます。

    • * 詳細とタグ * :ボリュームの名前とサイズ、ボリュームを配置する VNet とサブネットを入力し、必要に応じてボリュームのタグを指定します。

    • * プロトコル * : NFS または SMB プロトコルを選択し、必要な情報を入力します。

      以下に、 NFS の詳細の例を示します。

      NFS ボリュームのセットアップに必要なフィールドのスクリーンショット。

      SMB の詳細の例を次に示します。最初の SMB ボリュームを設定するときは、次のページで Active Directory の情報を指定する必要があります。

    SMB ボリュームのセットアップに必要なフィールドのスクリーンショット。

  4. 既存のボリュームの Snapshot に基づいてこのボリュームを作成する場合は、 Snapshot 名ドロップダウンリストから Snapshot を選択します。

  5. [ ボリュームの追加 ] をクリックします。

新しいボリュームが作業環境に追加されます。

テンプレートからボリュームを作成する

特定のアプリケーションのワークロード要件に最適化されたボリュームを導入できるように、 ANF ボリュームテンプレートを作成している場合は、このセクションの手順に従います。

テンプレートを使用すると、容量プール、サイズ、プロトコル、 VNet 、ボリュームを配置するサブネットなど、一部のボリュームパラメータがテンプレートにすでに定義されているため、ジョブの簡易化に役立ちます。パラメータがすでに事前定義されている場合は、次のボリュームパラメータに進みます。

手順
  1. キャンバスページで、ボリュームをプロビジョニングする Azure NetApp Files 作業環境をクリックします。

  2. をクリックします "[ 詳細 ボタン"] > * テンプレートからボリュームを追加 * 。

    テンプレートから新しいボリュームを追加する方法を示すスクリーンショット。

  3. _ テンプレートの選択 _ ページで、ボリュームの作成に使用するテンプレートを選択し、 * 次へ * をクリックします。

    使用可能なアプリケーションテンプレートのスクリーンショット。

    Define Parameters ページが表示されます。

    ボリュームを作成するために入力する必要がある空のテンプレートを示すスクリーンショット。

    • 注: * 読み取り専用パラメータを表示 * チェックボックスをオンにすると、テンプレートによってロックされているすべてのフィールドを表示できます(これらのパラメータの値を表示する場合)。デフォルトでは、これらの事前定義フィールドは非表示になっており、入力する必要のあるフィールドのみが表示されます。

  4. テンプレートからハードコーディングされていないすべてのパラメータに値を追加します。を参照してください ボリュームの作成 ANF ボリュームを導入するために必要なすべてのパラメータの詳細については、以下を参照してください。

  5. このボリュームに必要なすべてのパラメータを定義したら、 * テンプレートの実行 * をクリックします。

Cloud Manager によってボリュームがプロビジョニングされ、進捗状況を確認できるページが表示されます。

テンプレートから新しいボリュームを作成する進行状況を示すスクリーンショット。

その後、新しいボリュームが作業環境に追加されます。

クラウドボリュームのマウントに進みます。

ボリュームのマウント

Cloud Manager でのマウント手順を参照して、ホストにボリュームをマウントできるようにします。

手順
  1. 作業環境を開きます。

  2. ボリュームにカーソルを合わせ、 * ボリュームをマウント * を選択します。

    ボリュームにカーソルを合わせると使用可能な処理のスクリーンショット。

  3. 指示に従ってボリュームをマウントします。

ボリュームのサイズとタグを編集する

ボリュームの作成後、ボリュームのサイズやタグをいつでも変更できます。

手順
  1. 作業環境を開きます。

  2. ボリュームにカーソルを合わせ、 * 編集 * を選択します。

  3. 必要に応じてサイズとタグを変更します。

  4. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

ボリュームのサービスレベルを変更する

ボリュームの作成後は、デスティネーション容量プールがすでに存在しているかぎり、いつでもサービスレベルを変更できます。

手順
  1. 作業環境を開きます。

  2. ボリュームにカーソルを合わせ、 * サービスレベルの変更 * を選択します。

  3. 必要なサービスレベルを提供する容量プールを選択します。

  4. [ 変更( Change ) ] をクリックします。

ボリュームは、ボリュームに影響を及ぼすことなく、もう一方の容量プールに移動されます。

Snapshot コピーの管理

Snapshot コピーは、ボリュームのポイントインタイムコピーを提供します。Snapshot コピーの作成、新しいボリュームへのデータのリストア、および Snapshot コピーの削除

手順
  1. 作業環境を開きます。

  2. ボリュームにカーソルを合わせ、 Snapshot コピーの管理に使用できるオプションを 1 つ選択します。

    • * Snapshot コピーを作成します *

    • * ボリュームをスナップショットに戻す *

    • * Snapshot コピーを削除します。 *

  3. プロンプトに従って、選択した操作を完了します。

ボリュームの削除

不要になったボリュームを削除します。

手順
  1. 作業環境を開きます。

  2. ボリュームにカーソルを合わせ、 * 削除 * をクリックします。

  3. ボリュームを削除することを確定します。

Azure NetApp Files の削除

この操作を実行すると、 Azure NetApp Files が Cloud Manager から削除されます。Azure NetApp Files アカウントやボリュームは削除されません。Azure NetApp Files はいつでも Cloud Manager に追加できます。

手順
  1. Azure NetApp Files 作業環境を開きます。

  2. ページの右上にあるアクションメニューを選択し、 * Azure NetApp Files の削除 * をクリックします。

    Azure NetApp Files の削除をクリックして、 Cloud Manager インターフェイスからボリュームを削除するスクリーンショット。

  3. [ 削除( Remove ) ] をクリックして確定します。