日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データレプリケーションのスケジュールと関係の管理

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

2 つのシステム間でデータレプリケーションをセットアップしたら、 Cloud Manager からデータレプリケーションスケジュールと関係を管理できます。

手順
  1. [*Replication] をクリックします。

  2. データレプリケーションリレーションシップのステータスを確認して、正常であることを確認します。

    注記 関係のステータスがアイドルで、ミラーの状態が初期化されていない場合は、定義されたスケジュールに従ってデータレプリケーションを実行するために、デスティネーションシステムから関係を初期化する必要があります。この関係は、 System Manager またはコマンドラインインターフェイス( CLI )を使用して初期化できます。これらの状態は、デスティネーションシステムに障害が発生してからオンラインに戻ると表示されます。
  3. ボリューム関係の操作メニューをクリックし、実行できる操作のいずれかを選択します。

    スクリーンショット: [ Replication Status ] ページで使用できるアクションのリストが表示されます。

    次の表に、使用可能なアクションを示します。

    アクション 説明

    情報

    ボリューム関係に関する詳細が表示されます。これには、転送情報、前回の転送情報、ボリュームに関する詳細、関係に割り当てられている保護ポリシーに関する情報が含まれます。

    休憩

    ソースボリュームとデスティネーションボリューム間の関係を解除し、データアクセスのためにデスティネーションボリュームをアクティブにします。このオプションは通常、データの破損、偶発的な削除、オフライン状態などのイベントが原因でソースボリュームがデータを処理できない場合に使用します。データアクセス用のデスティネーションボリュームの設定とソースボリュームの再アクティブ化については、を参照してください "ONTAP 9 ボリュームディザスタリカバリエクスプレスガイド"

    再同期

    ボリューム間の関係を再確立し、定義されたスケジュールに従ってデータレプリケーションを再開します。

    重要 ボリュームを再同期すると、デスティネーションボリュームの内容がソースボリュームの内容によって上書きされます。

    デスティネーションボリュームからソースボリュームへデータを再同期化する逆再同期を実行するには、を参照してください "ONTAP 9 ボリュームディザスタリカバリエクスプレスガイド"

    リバース再同期

    ソースボリュームとデスティネーションボリュームの役割を逆にします。元のソースボリュームの内容は、デスティネーションボリュームの内容によって上書きされます。これは、オフラインになったソースボリュームを再アクティブ化する場合に役立ちます。前回のデータレプリケーションからソースボリュームが無効になったまでの間に元のソースボリュームに書き込まれたデータは保持されません。

    スケジュールを編集します

    データレプリケーションの別のスケジュールを選択できます。

    最大転送レートを編集します

    データを転送できる最大レート(キロバイト / 秒)を編集できます。

    更新

    増分転送を開始してデスティネーションボリュームを更新します。

    削除

    ソースボリュームとデスティネーションボリューム間のデータ保護関係を削除します。つまり、ボリューム間でデータレプリケーションが行われなくなります。この操作では、データアクセスのデスティネーションボリュームはアクティブ化されません。また、システム間に他のデータ保護関係がない場合は、クラスタピア関係と Storage VM ( SVM )ピア関係も削除されます。

アクションを選択すると、 Cloud Manager によって関係またはスケジュールが更新されます。