日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アカウントでの操作の監視

寄稿者 netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

Cloud Manager で実行されている処理のステータスを監視して、対処が必要な問題がないかどうかを確認できます。ステータスは、通知センターまたはタイムラインで表示できます。

次の表は、通知センターとタイムラインの比較を示しています。これにより、それぞれの機能を理解することができます。

通知センター タイムライン

イベントとアクションのステータスの概要が表示されます

各イベントまたはアクションの詳細を表示し、詳細な調査を行います

現在のログインセッションのステータスを表示します。ログオフすると、通知センターに情報が表示されなくなります

過去 1 カ月までステータスを保持します

ユーザインターフェイスで開始されたアクションのみを表示します

UI または API からのすべての操作が表示されます

ユーザが開始した操作を表示します

ユーザが開始したアクションとシステムが開始したアクションの両方が表示されます

結果を重要度でフィルタリングします

サービス、アクション、ユーザー、ステータスなどでフィルタリングします

通知センターを使用した動作ステータスの監視

通知は、 Cloud Manager で開始した処理の進捗状況を追跡するイベントのようなもので、処理が成功したかどうか、失敗したかどうかを確認できます。現在のログインセッションで開始した Cloud Manager の処理(および今後のクラウドサービス処理)のステータスを表示できます。

現時点では、次の Cloud Volumes ONTAP オブジェクトの作成および削除に関する通知のみがサポートされています。

  • 作業環境

  • アグリゲート

  • 個のボリューム

通知を表示するには、通知ベル(通知ベル)をクリックします。ベルの小さなバブルの色は、アクティブな最上位レベルの重大度通知を示します。赤いバブルが表示されている場合は、重要な通知があることを意味します。

通知センターの現在の通知のリストを示すスクリーンショット。

通知のフィルタリング

デフォルトでは、すべての通知が表示されます。通知センターに表示される通知をフィルタリングして、重要な通知のみを表示できます。Cloud Manager の「サービス」および通知の「タイプ」でフィルタできます。

通知センターで使用可能な 2 種類のフィルタを示すスクリーンショット。

たとえば、 Cloud Manager の処理に対する「エラー」通知と「警告」通知のみを表示する場合は、それらのエントリを選択します。表示される通知のタイプはでのみです。

通知が欠落します

通知が不要になった場合は、ページから削除できます。すべての通知を一度に却下することも、個々の通知を却下することもできます。

すべての通知を却下するには、通知センターでをクリックします をクリックして、 [ すべてを却下 ] を選択します。設定を選択してすべてのオプションを閉じるための通知メニューを示すスクリーンショット。

個々の通知を却下するには、通知の上にカーソルを置き、 * Dismiss * をクリックします。単一の通知を却下する方法を示すスクリーンショット。

アカウント内のユーザアクティビティを監査する

Cloud Manager のタイムラインには、アカウントの管理用にユーザが完了した操作が表示されます。これには、ユーザの関連付け、ワークスペースの作成、コネクタの作成などの管理操作が含まれます。

タイムラインのチェックは、特定のアクションを実行したユーザーを特定する必要がある場合や、アクションのステータスを特定する必要がある場合に役立ちます。

手順
  1. [ * すべてのサービス > タイムライン * ] をクリックします。

  2. [ フィルタ ] で、 [ サービス *] 、 [ テナント *] の順にクリックし、 [ 適用 *] をクリックします。

タイムラインが更新され、アカウント管理アクションが表示されます。