日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

S3 プロトコルを使用するオブジェクトストレージをスキャンしています

寄稿者 netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

Cloud Data Sense で、オブジェクトストレージ内のデータのスキャンを開始するには、いくつかの手順を実行します。データセンスは、 Simple Storage Service ( S3 )プロトコルを使用する任意の Object Storage サービスからデータをスキャンできます。具体的には、 NetApp StorageGRID 、 IBM Cloud Object Store 、 Azure Blob ( MinIO を使用)、 Linode 、 B2 Cloud Storage などです。

クイックスタート

これらの手順を実行すると、すぐに作業を開始できます。また、残りのセクションまでスクロールして詳細を確認することもできます。

オブジェクトストレージの前提条件を確認する

オブジェクトストレージサービスに接続するには、エンドポイント URL が必要です。

Cloud Data Sense でバケットにアクセスできるように、オブジェクトストレージプロバイダからアクセスキーとシークレットキーを入手する必要があります。

Cloud Data Sense インスタンスを導入する

"クラウドデータの導入センス" インスタンスが展開されていない場合。

オブジェクトストレージサービスを追加します

オブジェクトストレージサービスをクラウドデータセンスに追加します。

スキャンするバケットを選択します

スキャンするバケットを選択すると、 Cloud Data Sense によってスキャンが開始されます。

オブジェクトストレージ要件の確認

Cloud Data Sense を有効にする前に、次の前提条件を確認し、サポートされている構成であることを確認します。

  • オブジェクトストレージサービスに接続するには、エンドポイント URL が必要です。

  • データセンスでバケットにアクセスできるようにするには、オブジェクトストレージプロバイダからアクセスキーとシークレットキーを取得する必要があります。

  • Azure Blob のサポートにはを使用する必要があります "MinIO サービス"

Cloud Data Sense へのオブジェクトストレージサービスの追加

オブジェクトストレージサービスを追加します。

手順
  1. [ 作業環境の構成 ] ページで、 [ * データソースの追加 > オブジェクトストレージサービスの追加 *] をクリックします。

    [ スキャン設定 ] ページのスクリーンショットで、 [ ファイル共有グループの追加 ] ボタンをクリックします。

  2. Add Object Storage Service ダイアログで、オブジェクトストレージサービスの詳細を入力し、 * Continue * をクリックします。

    1. 作業環境に使用する名前を入力します。この名前には、接続先のオブジェクトストレージサービスの名前を指定する必要があります。

    2. エンドポイントの URL を入力してオブジェクトストレージサービスにアクセスします。

    3. Cloud Data Sense がオブジェクトストレージ内のバケットにアクセスできるように、アクセスキーとシークレットキーを入力します。

      オブジェクトストレージサービスにアクセスするための値を入力するダイアログのスクリーンショット。

新しいオブジェクトストレージサービスが作業環境のリストに追加されます。

オブジェクトストレージバケットでの準拠スキャンの有効化と無効化

オブジェクトストレージサービスで Cloud Data Sense を有効にしたら、次の手順でスキャンするバケットを設定します。Data Sense は、これらのバケットを検出し、作成した作業環境に表示します。

手順
  1. 設定ページで、 Object Storage Service 作業環境の * 設定 * をクリックします。

    スキャンするバケットを選択できるように、作業環境の設定をクリックするスクリーンショット。

  2. バケットでマッピング専用スキャン、またはマッピングスキャンと分類スキャンを有効にします。

    スキャンするオブジェクトストレージバケットを選択するスクリーンショット。

    終了: 手順:

    バケットでマッピングのみのスキャンを有効にする

    [* マップ * ] をクリックします

    バケットでフルスキャンを有効にします

    [ マップと分類 *] をクリックします

    バケットに対するスキャンを無効にする

    [ * Off * ] をクリックします

Cloud Data Sense は、有効にしたバケットのスキャンを開始します。エラーが発生した場合は、エラーを修正するために必要なアクションとともに、 [ ステータス ] 列に表示されます。