これは以前のバージョンの Cloud Manager 用ドキュメントです。
最新版のドキュメントを参照してください。
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS ボリュームの管理

寄稿者 netapp-bcammett

NFS ボリュームは、クローニング、データアクセスの管理、基盤となるディスクタイプの変更などによって管理できます。

ボリュームのクローニング

大量のディスクスペースを使用せずにデータのコピーを瞬時に作成する必要がある場合は、既存のボリュームのクローンを作成できます。

クローンされたボリュームは、書き込み可能なポイントインタイムコピーであり、メタデータ用に少量のスペースを使用し、データの変更や追加に応じて追加のスペースのみを消費するため、スペース効率に優れています。

手順
  1. Volumes (ボリューム)タブで、ボリューム上にマウスカーソルを置き、メニューアイコンを選択して、 * Clone * (クローン * )をクリックします。

  2. 必要に応じてクローンボリュームの名前を変更し、 * Clone * をクリックします。

Cloud Manager は、既存のボリュームのクローンである新しいボリュームを作成します。

ボリュームへのデータアクセスの管理

ボリュームを作成すると、ボリュームが作成された VPC 内のすべての EC2 インスタンスが Cloud Manager によって使用できるようになります。ボリュームへのデータアクセスを制限する必要がある場合は、このデフォルト値を変更できます。

手順
  1. ボリュームタブで、ボリューム上にマウスカーソルを置き、メニューアイコンを選択して、 * アクセスの管理 * をクリックします。

  2. ボリュームアクセスリストを変更し、 * 保存 * をクリックします。

ボリュームの基盤となる AWS ディスクを変更する

ボリュームがストレージを提供するために使用する基盤となる AWS ディスクを変更できます。たとえば、より高いパフォーマンスが必要な場合は、スループットに最適化された HDD から汎用 SSD に変更できます。

手順
  1. Volumes (ボリューム)タブで、ボリューム上にマウスカーソルを置き、メニューアイコンを選択して、 * Change Disk (ディスクの変更) * をクリックします。

  2. AWS ディスクタイプを選択し、 * Change * をクリックします。

Cloud Manager は、選択したディスクタイプを使用する既存のアグリゲートにボリュームを移動するか、ボリュームの新しいアグリゲートを作成します。

AWS リソースの表示と変更

新しいボリュームを作成すると、 Cloud Manager はそのボリュームに必要な AWS インスタンスと EBS ストレージを割り当てます。必要に応じて、 AWS インスタンスと EBS ストレージの詳細を表示したり、インスタンスタイプを変更したり、インスタンスのオン / オフを切り替えたりできます。

手順
  1. 「 * AWS Resources * 」をクリックします。

    AWS インスタンスのリストが表示されます。インスタンスタイプ、 AWS の場所、インスタンスに接続されているボリュームなどの詳細を表示できます。

  2. 必要に応じて、 Status カラムの横にあるメニューアイコンを選択し、使用可能なアクションのいずれかを選択します。

    ボリュームビューの AWS リソースページで使用可能なアクションを示すスクリーンショット。

ボリュームの削除

不要になったボリュームは削除できます。

手順
  1. Volumes (ボリューム)タブで、ボリューム上にマウスカーソルを置き、メニューアイコンを選択して、 * Delete * (削除)をクリックします。

  2. Delete * をクリックして、ボリュームを削除することを確定します。