日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カットオーバーの実行タイミングを決定する際のガイドライン

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

移行のカットオーバーはクライアントの停止を伴うため、ダウンタイムを最小限に抑えるように計画する必要があります。カットオーバーは、システムの利用頻度が低い時間帯にスケジュールする必要があります。ダウンタイムを削減するために、 ONTAP ボリュームを更新し、転送が完了してから、クライアントを切断してストレージカットオーバーを開始する必要があります。

各ボリュームの SnapMirror ステータスを継続して監視する必要があります。ボリュームに対する過去数回の更新の最後の転送時間が許容範囲内であれば、ボリューム内のデータ変更のほとんどはコピーが完了しており、カットオーバー中の最終データ更新に要する時間は許容範囲内に収まるはずです。

移行するボリューム数に応じて、おおよそのダウンタイムを算出できます。

カットオーバー時間を最小限に抑えるには、 7-Mode Transition Tool とストレージシステムの間のネットワークレイテンシが最小であることが必要です。Volume SnapMirror 関係を移行する場合は、ツールとプライマリシステムの間のネットワークレイテンシが最小であることが必要です。

  • 関連情報 *