日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP ボリュームに構成を適用する

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ベースラインデータコピーが完了したら、 7-Mode システムのすべての NAS 構成(プロトコルとサービスの構成を含む)を ONTAP ボリュームにコピーして適用することができます。ターゲットクラスタで Data ONTAP 8.3.2 以降が実行されている場合は、このフェーズで SAN 構成が移行されます。

  • 構成はカットオーバー前フェーズで適用されます。このフェーズにはカットオーバー前読み取り専用モードとカットオーバー前読み取り / 書き込みモードの 2 つのモードがあります。

  • プロジェクトに次の要素が含まれている場合、カットオーバー前読み取り / 書き込みモードはサポートされません。

    • SAN ボリュームとターゲットクラスタで Data ONTAP 8.3.1 以前が実行されている。この場合、次の構成はカットオーバー前フェーズでは適用されず、カットオーバーフェーズで適用されます。

      • SAN 構成

      • Snapshot スケジュールの設定

    • SnapLock Compliance ボリューム。

      プロジェクトに SnapLock Compliance ボリュームが含まれている場合は、 Snapshot スケジュールの設定はカットオーバー前フェーズでは適用されず、カットオーバーフェーズで適用されます。

  • ターゲットクラスタが Data ONTAP 8.3.1 以前を実行していて、プロジェクト内のいずれかのボリュームに LUN が含まれている場合、カットオーバー前フェーズの読み取り / 書き込みモードはサポートされません。

  • ターゲットクラスタが Data ONTAP 8.3.1 以前を実行していて、 SAN ボリュームと NAS ボリュームの両方がプロジェクトに含まれている場合、カットオーバー前フェーズでは NAS 構成のみが移行され、移行された NAS 構成は読み取り専用モードでのみテストできます。

    SAN 構成はストレージカットオーバーフェーズで移行されます。

    SAN LIF は設定されません。
  • ターゲットクラスタで Data ONTAP 8.3.1 以前が実行されていて、 SAN ボリュームがプロジェクトに含まれている場合、構成の適用(カットオーバー前)フェーズでは Snapshot スケジュールの設定が適用されません。

    これらの設定はカットオーバーフェーズで適用されます。

  • ターゲットクラスタで Data ONTAP 8.3.1 以前が実行されていて、 SAN ボリュームがプロジェクトに含まれている場合、構成の適用(カットオーバー前)フェーズでは Snapshot スケジュールの設定が適用されません。

    これらの設定はカットオーバーフェーズで適用されます。

手順
  • 読み取り専用モードで移行処理を実行します。

    'transition cbt precutover -p project_name -m ro_test -c max_cap_concurrent_transfers _snapmirror_throttle`

  • 読み取り / 書き込みモードで移行処理を実行します。

    1. ONTAP に構成を適用します。 +* transition cbt precutover -p project_name -m rw_test -c max_cap_concurrent_transfers -b _snapmirror_throttle*

    2. ONTAP で構成を手動でテストして検証します。

    3. 再同期操作を開始します +* transition cbt resync -p _project_name *