日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲートの 64 ビット形式への拡張

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

システムに 32 ビットアグリゲートが含まれている場合は、 7-Mode システムの system_before の移行先を Data ONTAP 8.3 以降のバージョンに移行する前に、該当するアグリゲートを 64 ビット形式に拡張する必要があります。これらのバージョンの Data ONTAP では 32 ビット形式がサポートされないためです。

  • アグリゲートに 32 ビットソースボリュームと SnapMirror 関係にあるデスティネーションボリュームが含まれている場合は、デスティネーションボリュームを含むアグリゲートを拡張する前に、ソースボリュームを含むアグリゲートを拡張しておく必要があります。

SnapMirror 関係にあるボリュームについては、ミラー関係はそのままで、デスティネーションボリュームにソースボリュームの形式が継承されます。拡張するアグリゲートにソースが 32 ビットボリュームのデスティネーションボリュームが含まれている場合は、アグリゲートを拡張する前にミラー関係を解除すると、デスティネーションボリュームが 64 ビット形式に拡張されます。ただし、ソースボリュームが 32 ビットのままでミラー関係を再確立すると、デスティネーションボリュームは 32 ビット形式に戻ります。このため、アグリゲート内の 32 ビットボリュームをすべて 64 ビット形式に拡張する場合は、 SnapMirror 関係を再確立する前に、ソースボリュームを含むアグリゲートを拡張する必要があります。

手順
  1. advanced 権限モードに切り替えます。

    「 * priv set advanced * 」と入力します

  2. 拡張を開始します。

    *aggr 64bit-upgrade start_aggr_name _ *

  3. 適切な操作を実行します。

    コマンドの結果 作業

    拡張が開始されます

    次の手順に進みます。

    1 つ以上のボリュームを拡張できなかったことを示します 十分なスペースがなかったため

    コマンドを再試行して 'grow-all ' オプションを追加します

    一部の拡張を完了できなかったことを示します その他の理由

    エラーメッセージに記載されている問題に基づいて、該当する操作を実行します。

  4. 拡張のステータスを表示します。

    *aggr 64bit-upgrade status_aggr_name *

    拡張の現在のステータスが表示されます。実行中のアップグレードがないことを示すメッセージが表示された場合、拡張が完了しています。

  5. アグリゲート内のすべてのボリュームが 64 ビット形式になったことを確認します。

    aggr 64bit-upgrade status_aggr_name — all

  6. admin 権限モードに戻ります。

    priv set admin

アグリゲートが 64 ビット形式に拡張されます。ただし、すべてのボリュームが拡張されても、 32 ビット Snapshot コピーが残っている可能性があります。ソースボリュームに 32 ビット Snapshot コピーが残っていると、 Data ONTAP 8.3 以降にアップグレードまたは移行することはできません。