日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC ゾーン計画の生成

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

FC スイッチについては、移行のための環境評価レポートの一部として FC ゾーン計画を生成し、マイグレーション後にイニシエータホストとターゲットをグループ化するためのゾーンを設定する必要があります。

  • 7-Mode システム、ホスト、およびクラスタを同じスイッチに接続する必要があります。

  • 必要なターゲット SVM と FC LIF をクラスタ上に作成しておく必要があります。

  • ターゲット SVM で作成される FC LIF には、 7-Mode の WWPN とは異なる WWPN が割り当てられます。そのため、 FCP 用に SAN を移行する場合は、 FC ゾーニングを実行してください。

手順
  1. [ 収集と評価 ] セクションで、 [ システムの追加 ] をクリックします。

  2. [Add System] ウィンドウで、次のいずれかの操作を実行します。

    • システムを 1 つ追加します。

      1. システムの FQDN または IP アドレスを入力します。

      2. 指定したシステムのユーザ名とパスワードを入力します。

      3. システムタイプを選択します。

        • Data ONTAP ストレージシステム

        • ホスト: Microsoft Windows 、 Red Hat Linux Enterprise 、 VMware ESXi

        • FC スイッチ: Cisco および Brocade

    • 複数のシステムを追加するには、 * 参照 * をクリックし、複数のシステムの資格情報を含むテキストファイルを選択します。

  3. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    評価ステータスが Ready のシステムに対しては、移行のための環境評価を実行できます。

  4. FC ゾーン計画を含む、移行のための環境評価レポートを作成します。

    1. 移行のための環境評価を実施する、必要な FC スイッチを含むシステムを選択します。

    2. Create Transition Assessment Report (移行評価レポートの作成) * をクリックします。

    3. ペアシステムと FC ゾーンプランナーのダイアログボックスで、 7-Mode システム(シングルコントローラまたは HA ペア)、クラスタに接続されているスイッチ、クラスタの SVM を選択します。

    4. ペアシステムの FC ゾーニングをクリックします * 。

    5. Create Transition Assessment Report ダイアログボックスで、ターゲットクラスタの Data ONTAP バージョンを選択します。

    6. レポートのファイル名に付けるプレフィックスを指定します。

    7. [ レポートの生成( Generate Report ) ] をクリックする。

FC ゾーン・プランは '.zip ファイルとして生成されますこの計画には、 7-Mode システムの igroup 構成ごとに作成されたゾーンが含まれています。各ゾーンには、イニシエータの WWPN が 1 つと SVM ターゲットの WWPN が複数含まれています。

この FC ゾーン計画を使用してゾーンを設定し、クラスタからのデータアクセスを提供するためにイニシエータホストとターゲットをグループ化する必要があります。