日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

段階的な SnapMirror 関係にある HA ペアの移行 設定

寄稿者 netapp-barbe netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

セカンダリ HA ペアを最初に移行し、 7-Mode プライマリボリュームと ONTAP セカンダリボリュームの間に段階的な SnapMirror 関係を設定してから、プライマリ HA ペアを移行することができます。

ソースクラスタとデスティネーションクラスタで SnapMirror 関係を移行する準備をしておく必要があります。

手順
  1. 7-Mode Transition Tool で、 7-Mode の Volume SnapMirror 関係のセカンダリボリュームを含む HA ペアに対して、コピーフリーの移行を実行します。

    セカンダリボリュームを含む 7-Mode HA ペアを移行する前に、 7-Mode の SnapMirror 関係に対する手動の操作は必要ありません。これにより、 7-Mode のセカンダリボリュームは、読み取り専用ボリュームとして ONTAP に移行されます。

  2. セカンダリ HA ペアのコミット前テストフェーズで、 7-Mode プライマリボリュームと ONTAP セカンダリボリュームの間にディザスタリカバリ関係を作成します。

    1. セカンダリデスティネーションクラスタから、「 vserver peer transition create 」コマンドを使用して、 7-Mode プライマリボリュームと ONTAP セカンダリボリュームの間に SVM ピア関係を作成します。

    2. 「 job schedule cron create 」コマンドを使用して、 7-Mode の SnapMirror 関係用に設定されているスケジュールと一致するジョブスケジュールを作成します。

    3. 「 snapmirror create 」コマンドを使用して、 7-Mode のプライマリボリュームと ONTAP のセカンダリボリュームの間に TDP タイプの SnapMirror 関係を作成します。

    4. 「 snapmirror resync 」コマンドを使用して、 ONTAP セカンダリ・ボリュームを再同期します。

      再同期が成功するためには、 7-Mode のプライマリボリュームと ONTAP のセカンダリボリュームに共通の 7-Mode Snapshot コピーが存在する必要があります。

  3. 移行したアグリゲートとボリュームに対して必要なテストを実行します。

  4. 7-Mode Transition Tool で、セカンダリ HA ペアのプロジェクトの移行をコミットします。

  5. 7-Mode の Volume SnapMirror 関係のプライマリボリュームを含む HA ペアに対して、コピーフリーの移行を実行します。

  6. プライマリ HA ペアのコミット前テストフェーズで、移行したセカンダリボリュームとプライマリボリュームの間に SnapMirror 関係を作成します。

    1. デスティネーションクラスタから、移行したプライマリボリュームとセカンダリボリュームを含む SVM 間にクラスタ間 SVM ピア関係を作成します。

    2. TDP SnapMirror を削除するには、「 snapmirror delete 」コマンドを使用します 7-Mode プライマリボリュームと ONTAP セカンダリの関係 手順で作成したボリューム #手順 _D528769DF8EC49058D1958565914CF47

    3. 手順で作成した cron ジョブスケジュールを削除します #手順 _EB470706425C45759EAAE8F0A87BA547:+* job schedule cron delete *

    4. 移行したプライマリボリュームとセカンダリボリュームの間に Volume SnapMirror 関係を作成します。

    5. デスティネーション・ボリュームで、 SnapMirror 関係のソース・ボリュームとデスティネーション・ボリュームを再同期化します。 +*snapmirror resync *

      ソースボリュームとデスティネーションボリュームの間には、共通の Snapshot コピーが少なくとも 1 つ必要です。
      • トラブルシューティング:共通の Snapshot コピーが Data ONTAP 8.1 より前のリリースで作成された場合、 SnapMirror の再同期が失敗します。advanced 権限レベルで '-fs-version' パラメータを volume snapshot show コマンドとともに使用すると ' スナップショット・コピーが作成されたリリースを表示できますこの問題が発生した場合は、 SnapMirror 関係を解除してから再同期を実行します。

    6. SnapMirror データ転送のステータスを監視します。 +*snapmirror show *

      再同期が完了するまでは、ソースボリュームとデスティネーションボリュームでボリューム移動や SnapMirror 解除などの処理を実行しないでください。再同期は中断せずに正常に完了するようにしてください。中断しないと、ボリュームが不整合状態になる可能性があります。
  7. プライマリプロジェクトの移行をコミットします。

    • 関連情報 *