日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

移行後の ZFS ファイルシステムを搭載した Solaris ホスト LUN のマウント

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ZFS ファイルシステムを搭載した Solaris ホスト LUN を Data ONTAP 7-Mode から clustered Data ONTAP に移行した場合、移行後に LUN をマウントする必要があります。

コピーベースの移行の場合は、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )でストレージカットオーバー処理を完了したあとに以下の手順を実行します。

コピーフリーの移行の場合は、 7MTT でデータと設定のインポート処理が完了したあとに以下の手順を実行します。

  1. ホストを再スキャンして、新しい clustered Data ONTAP LUN を検出します。

    1. FC ホスト・ポート( fc-fabric タイプ)を特定します +#cfgadm – l

    2. 1 番目の fc-fabric ポートの設定を解除します :+#cfgadm – c c1c

    3. 2 番目の fc-fabric ポートの設定を解除します :+#cfgadm – c unconfigure C2

    4. 他の fc-fabric ポートについても上記の手順を繰り返します。

    5. ホスト・ポートおよび接続されているデバイスに関する情報が正しいことを確認します +#cfgadm – al

    6. ドライバ +#devfsadm – cv *#devfsadm – i iSCSI*` を再ロードします

  2. clustered Data ONTAP LUN が検出されたことを確認します。

    「 * sanlun lun show * 」 clustered Data ONTAP LUN の「 lun-pathname 」の値は、移行前の 7-Mode LUN の「 lun-pathname 」の値と同じになります。 「モード」列には、「 7 」ではなく「 C 」が表示されます。

    # sanlun lun show
    controller(7mode)/                    device                                            host                  lun
    vserver(Cmode)       lun-pathname     filename                                          adapter    protocol   size    mode
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    vs_sru17_5           /vol/zfs/zfs2    /dev/rdsk/c5t600A0980383030444D2B466542485935d0s2 scsi_vhci0 FCP        6g      C
    vs_sru17_5           /vol/zfs/zfs1    /dev/rdsk/c5t600A0980383030444D2B466542485934d0s2 scsi_vhci0 FCP        6g      C
    vs_sru17_5           /vol/ufs/ufs2    /dev/rdsk/c5t600A0980383030444D2B466542485937d0s2 scsi_vhci0 FCP        5g      C
    vs_sru17_5           /vol/ufs/ufs1    /dev/rdsk/c5t600A0980383030444D2B466542485936d0s2 scsi_vhci0 FCP        5g      C
  3. インポート可能な zpool を確認します。

    'zpool import

    # zpool import
      pool: n_vg
        id: 3605589027417030916
     state: ONLINE
    action: The pool can be imported using its name or numeric identifier.
    config:
    
            n_vg                                     ONLINE
              c0t600A098051763644575D445443304134d0  ONLINE
              c0t600A098051757A46382B445441763532d0  ONLINE
  4. プール名またはプール ID を使用して、移行に使用された zpool をインポートします。

    • 'zpool import_pool-name_

    • 'zpool import_pool-id_

      # zpool list
      no pools available
      
      # zpool import
        pool: n_pool
          id: 5049703405981005579
       state: ONLINE
      action: The pool can be imported using its name or numeric identifier.
      config:
      
              n_pool                                   ONLINE
                c0t60A98000383035356C2447384D396550d0  ONLINE
                c0t60A98000383035356C2447384D39654Ed0  ONLINE
      
      # zpool import n_pool

      [+]

    # zpool import 5049703405981005579
    
    [59] 09:55:53 (root@sunx2-shu04) /tmp
    # zpool list
    NAME     SIZE  ALLOC   FREE  CAP  HEALTH  ALTROOT
    n_pool  11.9G  2.67G  9.27G  22%  ONLINE  -
  5. 次のいずれかのコマンドを実行して、 zpool がオンラインかどうかを確認します。

    • 'zpool status

    • 'zpool list

      # zpool status
        pool: n_pool
       state: ONLINE
       scan: none requested
      config:
      
              NAME                                     STATE     READ WRITE CKSUM
              n_pool                                   ONLINE       0     0     0
                c0t60A98000383035356C2447384D396550d0  ONLINE       0     0     0
                c0t60A98000383035356C2447384D39654Ed0  ONLINE       0     0     0
      
      errors: No known data errors

      [+]

    # zpool list
    NAME     SIZE  ALLOC   FREE  CAP  HEALTH  ALTROOT
    n_pool  11.9G  2.67G  9.27G  22%  ONLINE  -
  6. 次のいずれかのコマンドを使用して、マウントポイントを確認します。

    • '*zfs list *

    • 「 * df – ah * 」と入力します

    # zfs list
    NAME           USED  AVAIL  REFER  MOUNTPOINT
    n_pool        2.67G  9.08G   160K  /n_pool
    n_pool/pool1  1.50G  2.50G  1.50G  /n_pool/pool1
    n_pool/pool2  1.16G  2.84G  1.16G  /n_pool/pool2
    
    #df –ah
    n_pool                  12G   160K   9.1G     1%    /n_pool
    n_pool/pool1           4.0G   1.5G   2.5G    38%    /n_pool/pool1
    n_pool/pool2           4.0G   1.2G   2.8G    30%    /n_pool/pool2